¥ 950
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
第四次産業革命 - ロボット、AIであなたの生活、... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

第四次産業革命 - ロボット、AIであなたの生活、仕事はこう変わる - (ワニブックスPLUS新書) 新書 – 2016/8/29

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 950
¥ 950 ¥ 1,239

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 第四次産業革命 - ロボット、AIであなたの生活、仕事はこう変わる - (ワニブックスPLUS新書)
  • +
  • 人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)
総額: ¥1,814
ポイントの合計: 35pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

IoT、ビックデータ、人工知能とは一体何か? 起こらんとしている「革命」の真実とは? 移動、健康、住まい、教育、食、金融、働き方……我々の暮らしはどう変化するのか? 「技術革新がもたらす第四次産業革命によって私たちの暮らしはより豊かになります! 」 (著者より)。将来の産業や社会の姿、そしてあなたの仕事、働き方も変える〝第四次産業革命〟をわかりやすく徹底解説!!

第一章 IoT・ビッグデータ・人工知能でもたらされる「第四次産業革命」
第二章 加速する人工知能の研究開発
第三章 フィンテック―金融とIT技術の融合による新たな金融サービスの拡大
第四章 ブロックチェーンの衝撃~その革新性~
第五章 進展するシェアリングエコノミー
第六章 安全・安心を確保するためのサイバーセキュリティ
第七章 新たな経済社会システムへの挑戦

内容(「BOOK」データベースより)

IoT、ビッグデータ、人工知能とは一体何か?起こらんとしている「革命」の真実とは?移動、健康、住まい、教育、食、金融、働き方…我々の暮らしはどう変化するのか?IoT立国日本へ向けてわかりやすく徹底解説!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 268ページ
  • 出版社: ワニブックス (2016/8/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4847065778
  • ISBN-13: 978-4847065774
  • 発売日: 2016/8/29
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,830位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
 最近は人工知能(AI)やビッグデータという単語をニュースなどで頻繁に目にするようになった。本書は、これらにモノのインターネットと言われるIoTを加えた先端技術の革新によって進められている「第四次産業革命」について説明したものである。後半では金融とITが融合したフィンテックやブロックチェーン、シェアリングエコノミーなどについてもそれぞれ一章を設けて解説している。

 著者は、与党自民党のAI関連の戦略本部の幹事長なども務めている衆議院議員。立場上、関連する省庁から最新情報を得たり、研究の最前線を視察したりする機会が多いのか、具体例が豊富で、それぞれの領域で実際に何が起きていて、どんなベンチャーがどんな技術・サービスで事業化を目指そうとしているのかといったことを知る上では、有用な本であると思えた。また、自民党の中でAIを始め第四次産業革命に関わる政策立案に関与していることから、政府が何を重視し、どういう方向を目指しているのかを推測するという観点から読んでも面白いかもしれない。

 ただ、これまでの生活を一変させるような大きな変化が起きていることは間違いないが、日本がそこでどれだけ存在感を示せるかは未知数であろう。著者はものづくりの伝統や技術力などのポテンシャルの高さから、それぞれの技術について日本がリードできる可能性があることを強調しているが、
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告