Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,620
ポイント : 20pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[クラウス・シュワブ]の第四次産業革命--ダボス会議が予測する未来
Kindle App Ad

第四次産業革命--ダボス会議が予測する未来 Kindle版

5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,620

商品の説明

内容紹介

第四次産業革命は人類の生活を根本から変える。ダボス会議創設者がグローバルエリートとの対話を通じて歴史的転換点の到来を予言!
・AI(人工知能)の能力が人間を超える日はいつ到来するか?
・自動運転車は車の未来をどう変えるか?
・3Dプリンターは、製造業を破壊するのか?
・拡張現実や人間とコンピューターの融合は、世界をどう変えるのか?
グローバルエリートが集うダボス会議で行われたディスカッションを基に、来たるべきメガトレンドを予測する。

内容(「BOOK」データベースより)

ダボス会議(世界経済フォーラム)の創設者として世界の経済と政治を40年間にわたって中心から観察しつづけてきた著者が、ダボス会議でグローバルエリートと行ったディスカッションを基に、来たるべきメガトレンド=第四次産業革命を詳細に解説!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4306 KB
  • 紙の本の長さ: 159 ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2016/10/14)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01LY3QZNV
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 17,080位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 zigeunerweisen VINE メンバー 投稿日 2017/5/16
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 大変魅力的な1冊です。論述の内容も総じて偏りがなく、バランスのとれた未来展望を提示していると思います。ビジネスパースンにとって大いに啓発される内容を含んでいることはもちろん、本書に登場する21 tipping points(転換点)を参考にすると、経営系や情報系の学生にはゼミ論や卒論のテーマ探しに大いに役立つでしょう。
 
翻訳はいくつか不自然な訳語があるものの、総じて読みやすい日本語になっています。ただし、「第四次産業革命を特徴づけるのは、これまでと比較にならないほど偏在化しモバイル化したインターネット、……」(18頁)の「偏在」は「遍在」の間違えでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
Industrie4.0について総括的にまとめた本で、関連するキーワードについて理解しやすくまとめている。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書は、毎年スイスのダボスで開催される総会が「ダボス会議」として知られる世界経済フォーラムの主催者クラウス・シュワブが、永年グローバルエリートと行ってきたディスカッションをもとに、

現在進行中の第四次産業革命の
①歴史的背景、
②革命の推進力となるメガトレンド、
③経済・企業・国家と世界・社会・個人に及ぼす影響、
を2016年の年次総会向けにまとめたものである。

本書では、開発が進行中の各種テクノロジーによる変革の規模と範囲を考えれば、蒸気機関の発見と鉄道の建設に代表される第一次産業革命、電気と流れ作業の登場により大量生産を可能にした第二次産業革命、メインフレーム・PC・インターネット等のデジタル機器による第三次産業革命につぐ第四次産業革命が進行中であると述べる。

その推進力となる技術革新のメガトレンドとして、
物理的な分野では、自動運転車・3Dプリンター・先進ロボット工学・新素材を、
デジタル分野では、IoT・デジタル革命を、
生物学的な分野では、合成生物学をあげ、
異なるテクノロジーが融合し補強しあう例として、3Dプリンターとゲノム編集の組み合わせを例示する。

第四次産業革命の影響は、個人、経済、社会、国家のあり
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
第4次産業革命の概略を知るにはよかった。今後の変化の巾や範囲を知ることができた。一方直訳?で読みにくかったところが多い。同時に個々の事象に対する深みが足りないように思う。あくまでも概論本として見るのが良い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 人工知能、自動運転、ドローン、3Dプリンター、バイオテクノロジー、ロボット等の開発により進行を始めた第四次産業革命の内容を明らかにした著書です。
 大著ではないにもかかわらず、総論的な視点と各論がバランスよく解説され、第四次産業革命の全体像とそれによるプラス面とマイナス面が提示されています。ダボス会議に世界中から集まった専門家の意見を集約した著書で内容は客観的で信用に足りるものです。
 これから10年から30年ほどの間に、私たちの生活が革命的に変化することがよくわかりました。
 この分野の入門書として必読の本です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover