中古品:
¥ 580
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ケース=多少のスレ・凹み傷 チャプターリスト有り=多少の痛み ディスク=綺麗な方だと思います。ご注文確認後、迅速に対応してメール便でお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

第十七捕虜収容所 [DVD]

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 780より 中古品の出品:5¥ 579より

この商品には新しいモデルがあります:

第十七捕虜収容所 [DVD]
¥ 1,040
(11)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ウィリアム・ホールデン, ドン・テイラー, オットー・プレミンジャー, ロバート・ストラウス, ピーター・グレイブス
  • 監督: ビリー・ワイルダー
  • 形式: Black & White, Dolby, Limited Edition
  • 言語: 英語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ジャパン
  • 発売日 2005/03/25
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0007N341M
  • JAN: 4988113752428
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 219,992位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   第二次世界大戦下、ドイツ軍による連合軍捕虜収容所を舞台にした名匠ビリー・ワイルダー監督による人間ドラマ。抜け目のないアメリカ人捕虜のセフトン(ウィリアム・ホールデン)は捕虜仲間たちから敵に内通しているのではないかと疑われ、やがてリンチを受けるが、逆に単身スパイを発見し、脱走を試みる。
   シビアな内容ながらも語り口は快活で時にコミカルですらある。その一方でサスペンス・タッチ描写も秀逸で、エンタテインメントとして一見の価値ある秀作に仕上がっている。また、その中には家族をナチに殺されたワイルダー監督の想いも深く刻まれているようだ。ウィリアム・ホールデンは本作でアカデミー賞主演男優賞を受賞。冷酷な所長役には映画監督のオットー・プレミンジャーが扮している。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

第二次世界大戦中、悪名高い第十七捕虜収容所に送られたアメリカ兵が脱走を図る様子を描いた作品。ウィリアム・ホールデン、ドン・テイラーほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
1952年の白黒映画で、原作は舞台劇です。第2次世界大戦の捕虜収容所を題材にした映画と言えばジョン・スタージェス監督、スティーブ・マックイン主演の「大脱走」ですが、この映画が脱走のテクニックの面白さを見せ場にしたのに対し、本作は第4棟内でドイツ軍に情報提供している内通者は誰か?というスパイ探しの面白さで見せています。ユーモアを交え、後半には犯人を観客に教えた上でのラストに持って行く話の展開の上手さには感心しました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 山根晋爾 VINE メンバー 投稿日 2012/3/14
形式: DVD
軽快な音楽が印象的。
この映画のために書き下ろしたものなのか元々ある有名な音楽なのかは無知で知りませんがとにかく良いです。

話自体は捕虜収容所の中の脱走やら人間関係のお話なのでスケールはちいさいです。
元々舞台のために書かれた本なのでそれは当然なのですが。

敵国であるはずのドイツ人をそこまで悪く描いておらずコミカルなシーンも多いので捕虜収容所生活をそこまで悲惨に感じさせない映画。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ハムなしソーセージ トップ1000レビュアー 投稿日 2013/10/22
形式: DVD
 ビリー・ワイルダーの映画の主人公たち、たとえば、『サンセット大通り』のウィリアム・ホールデン、 『地獄の英雄』のカーク・ダグラス、『第十七捕虜収容所』のウィリアム・ホールデン、『アパートの鍵貸します』のジャック・レモン。映画としては面白い主人公たちかもしれませんが、友達としてはどうでしょうか。みんな、完全な悪ではないのだけれど、決して、清廉潔白ではありません。一癖も二癖もあるようなつき合いにくい奴らですよね。『情婦』のチャールズ・ロートンにしてからが、一見、正義の味方風でありながら、殺人の片棒を担ぐのですからね(僭越ながら、『情婦』についての『ハムなしソーセージ』のレビューを参照して下さると幸いです)。
 『第十七捕虜収容所』のホールデンは、最後に、仲間と別れるときに言います。
 『Just one more word. If I ever run into any of you bums on street corner, just like to pretend we never met before. (最後にもう一言。万一、将来どこかで会うようなことがあっても、お互いに知らないふりをしようぜ。)』
 何という言い草だ。なぜ、ワイルダーは、こういう嫌な奴らを主人公に選び続けたのでしょうか。
 ワイルダーは、オーストリアのウィーン出身
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
第2次大戦のドイツ・第十七捕虜収容所を舞台にした、

米軍捕虜と、捕虜の中にいるドイツ軍スパイとの「見えない争い」。

捕虜たち(スパイともう一人の2名を除く)より先に

見る側(我々)はスパイが誰だか分かる。

並の映画・ドラマならそれ以降、怠惰な世界が続いてもおかしくないのだが、

さすが名匠ビリー・ワイルダー、

「(スパイを)見せることでの緊迫感の増幅」

を見事なまでに描ききり、目が離せない展開になっている。

かといって終始暗いわけでもなく、コメディチックな場面も多々あり、

それがスパイ発覚とのいいギャップになり、メリハリ感を持たせている。

当然それは、ウイリアム・ホールデンをはじめとする捕虜(+スパイ)だけでなく、

捕虜収容所所長などにも、ひと癖もふた癖も持たせた結果である。

何はともあれ、傑作です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bernie VINE メンバー 投稿日 2005/6/7
形式: VHS
William Holden does a pretty good job or portraying a prisoner in a stalag during World War II.
Unlike the TV program “Hogan's Heroes” this movie is more serious yet it has its amusing moments. However there is nothing to make this movie stand out past any other stalag escape films. It is more of a time passer.
Maybe the play that this film was based on executed better?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー