通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
第一阿房列車 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に薄い汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

第一阿房列車 (新潮文庫) 文庫 – 2003/4/24

5つ星のうち 4.7 29件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 47

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 第一阿房列車 (新潮文庫)
  • +
  • 第二阿房列車 (新潮文庫)
  • +
  • 第三阿房列車 (新潮文庫)
総額: ¥1,653
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「なんにも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行って来ようと思う」。借金までして一等車に乗った百けん先生、世間的な用事のない行程を「阿房列車」と名付け、弟子の「ヒマラヤ山系」を共づれとして旅に出た。珍道中のなかにも、戦後日本復興の動きと地方の良俗が描き出され、先生と「ヒマラヤ山系」の軽妙洒脱な会話が彩りを添える。読書界の話題をさらった名著を新字新かな遣いで復刊。

内容(「BOOK」データベースより)

「なんにも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行って来ようと思う」。借金までして一等車に乗った百〓@6BE1@先生、世間的な用事のない行程を「阿房列車」と名付け、弟子の「ヒマラヤ山系」を共づれとして旅に出た。珍道中のなかにも、戦後日本復興の動きと地方の良俗が描き出され、先生と「ヒマラヤ山系」の軽妙洒脱な会話が彩りを添える。読書界の話題をさらった名著を新字新かな遣いで復刊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 317ページ
  • 出版社: 新潮社 (2003/4/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101356335
  • ISBN-13: 978-4101356334
  • 発売日: 2003/4/24
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 45,093位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
内田百閒の随筆は栄養満点なのですが、名人芸の落語に似ています。大笑いさせられる場面でも、演じている(書いている)方は澄ました顔をしている、或いは、しかめっ面をしている。内田百閒の数ある随筆や小説の中でも「阿房列車」シリーズは最上質のものです。とくに弟子のヒマラヤ山系との会話が絶妙で、なんだか尻切れトンボのようなものが多く、百閒先生も「?」なのですが、相手はしたり顔で澄ましている。そしてその逆もあり。大体しかつめらしい理屈を(屁理屈というべきか)ならべて、普通人の意表をつく所など可笑しくて可笑しくて大好きです。関西風にいうと「ケッタイなオッサン」の頑固な屁理屈と行状記。
でも真実をついているところもあり、何より文章は絶品です。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/5/29
形式: 文庫
 1955年の新潮文庫版の復刊。伊藤整の解説もちゃんと収められているのが嬉しい。仮名遣い等は現代文に改められている。

 1950年に大阪へ行ったのを手始めに、静岡、鹿児島、東北、奥羽と5つの列車旅を収める。といっても旅の目的は汽車に乗ることだから、目的地での出来事が描写されているわけではない。また、汽車旅を描くといっても、車窓の風景を淡々と綴っているわけでもない。書かれているのは著者自身の心なのである。旅に出ることへの躊躇、列車での不快なこと、自己韜晦、他者への憤りなど。それが面白い。

 内田百間は読者を選ぶタイプの作家と思う。著者の人格を気に入るかどうか。そこが評価の分かれ目になると思う。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 笑いあり、妖異あり、戦後の日本の風土、列車事情の活写がありと、絶対にお勧めの一冊です。
 笑いが、著者の人格が醸し出す天然自然のお笑いですから、最近鼻につく人工甘味料的な不自然さがなく、極めて喉越しの良い仕上がりになっております。
 また怪異な出来事を書かせたら、日本文学史上屈指の手練ですから、その点もご心配なく。
 卓越した文章に笑いながら、旅を楽しむように、読了できますよ。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
内田百閒の人間性がにじみ出た楽しい紀行随筆。当てもなく列車に乗る。ヒマラヤ山系君という弟子も魅力的。二人の掛け合いがいい味出しています。研ぎ澄まされたというより、きれいにそぎ落とされた無駄のない日本語も学習になる。出だしの文章が、すっきり切れ味がいいのがこの人の特徴でもある。短く、すっきりした文章、熟達した日本語をどうぞ。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
きちんと背広を着て、帽子をかぶって、ステッキ片手に列車の旅。道連れはヒマラヤ山系氏。
ただ乗っているのがよく、しかも往復のうち往路だけがいいという百閒先生です。観光めぐりなどははなから眼中にありません。
おまけに往路は一等車で復路は三等車。借金してでも一等車だそうです。そこがまた百閒先生らしいのです。
この超ウルトラわがまま列車の旅の随筆のなかに、それらの理由が書いてありますから読んでのお楽しみです。
文章がうまく、また読みやすいので、たちまち引き込まれます。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 jinen 投稿日 2012/5/2
形式: 文庫 Amazonで購入
宮脇作品に接するうちに、内田百'閧も読まねばだめかと思った
でも、内田百'閧サのものをよく知らなかった 夏目漱石の弟子 ドイツ語教師 芥川と友人 

第一阿房列車だいいちあぼうれっしゃかと思ったら あほう列車であった
内田の素性は、どうやら偉い人らしい 偉い人なのに借金ばかりあるのか
ヒマラヤ山系君とは一体だれ
実在の人物で、実際の出来事なのか 内田とは何をしている人なのかなど想像しながら読み続けるうちに
いつの間にやら旅の道中閑話に引き込まれてしまっていた

そのうち内田の素性を知るとともに 夏目漱石的な堅苦しさのない かといって上品すぎもしない語り口は
自然とこころに沁みいるようになっていく

むろん宮脇作品のように地歴の描写は少ないのであるが、それもまた良し 一味違う旅であろう
しかし読み終わった後に、後味よくすっかり忘れてしまっているのも確かである
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
百けん先生と言えば鉄道愛で、現代風に言えば「乗り鉄」なのだけれど。第2章〜区間阿房列車、先生と山系君は東海道線由比駅で途中下車。二人が海を背にし通りゆく列車を眺める場面の素晴らしさ。何と細やかで美しいことか。心を鷲掴みに持って行かれた。やがて黄昏へと傾きゆく柔らかい陽射しの中、二人の眼前を通過するは 「はと」「つばめ」 これ特急の中の特急。新幹線はまだ無く、上品な優等列車が優雅に走っていた良き時代。そして波と風と潮の詩情あふれる描写。山系君とのやりとりも、場面が整っているだけに面白いを通り越してこれまた美しい。ここまでに美しい鉄道紀行文を他に知らない。久しぶりに涙腺をやられました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック