通常配送無料 詳細
通常9~13日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ▼お読みください▼発送はゆうメールとなります。土日祝日は休業日の為、発送を行っておりません。1~2営業日で発送させて頂きます。 ※帯や付属品(CD・DVD・特典)の欠品、色あせ、キズ、ヨレ、書き込み等がある場合がございます。神経質な方は事前に状態確認をお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

笑顔のキューピッド 単行本 – 2007/10

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 19

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1941年、ロシア極東の小さな村に生まれた著者は、その青年期に、地質調査員、畜産技師、船員、建築家などを経て、天職としての作家へと転進する。本書は、戦後動乱期の少年時代の淡い思い出に触発された、人間味豊かな、愛情とロマンに満ちた小品三本を収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

スリペンチュック,ヴィクトル
1941年9月22日、プリモールスキー地方(ロシア極東沿海州)のチェルニゴフカ村に生まれる。私の経歴は―地質調査員、労働者、畜産技手、船員、養魚家、建築家、ジャーナリストと続く。1982年、旧ソ連邦作家協会に入会。多くの中篇、短編小説、ルポルタージュ作品を執筆。2006年、ロシア語詩集「時の光」を発刊(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 論創社 (2007/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4846007243
  • ISBN-13: 978-4846007249
  • 発売日: 2007/10
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,426,547位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ロシア極東の小村に生まれ数々の職業に従事した後に作家へと転身して成功を遂げた文芸作家スリペンチュックの秀作3編を収録した本邦初紹介の中短編集です。冒頭に掲げられた著者のメッセージを読んで、現代文明に対する確かな認識に強く共感の念を呼び起こされ、著者の素朴で温かい人柄に触れて存在がより身近に感じられるようになりました。要旨を紹介しますと、著者は戦後の動乱の時期に幼年時代を過ごし、物がなく貧しい人類にとってとても不幸な時代でした。今ではすべてが変わり、パンやバターは勿論、精巧な機械やコンピューターもありますが、人々はより幸福になったのでしょうか?物質的な価値を最優先するあまり、気づかない内に人間の‘質’が低下してしまい、物質的な貧窮と、逆に物があふれ過ぎている状況のどちらが悪いのか、現代社会の人々は判断がつかなくなっているのです。人間としての尊厳や特質というのは、両親を敬う心、誠実さ、礼儀、目上の人や女性・子供、しいてはすべての人々を尊重する心にこそ普遍の価値を持つべきだと著者は述べます。私は本文を読む前にこの真心のこもった序文だけでも十分に読む価値があると思いました。『笑顔のキューピッド』:高校生の男女に純真な愛が芽生えますが大人が勝手に邪推してふたりの縁を切ろうとします。静かに見守るキューピッドの人形は幸運を運ぶのでしょうか。胸がキュンとする初恋の記憶が呼び覚まされます。『戦勝記念...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告