通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
笑わない数学者 MATHEMATICAL GOOD... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーデザインが画像とは異なります。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫) 文庫 – 1999/7/15

5つ星のうち 4.0 45件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 788
¥ 788 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)
  • +
  • 冷たい密室と博士たち (講談社文庫)
  • +
  • 詩的私的ジャック (講談社文庫)
総額: ¥2,321
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

偉大な数学者、天王寺翔蔵博士の住む「三ツ星館」。そこで開かれたパーティの席上、博士は庭にある大きなオリオン像を消してみせた。一夜あけて、再びオリオン像が現れた時、2つの死体が発見され……。犀川助教授と西之園萌絵の理系師弟コンビが館の謎と殺人事件の真相を探る。超絶の森ミステリィ第3弾。

内容(「BOOK」データベースより)

偉大な数学者、天王寺翔蔵博士の住む「三ツ星館」。そこで開かれたパーティの席上、博士は庭にある大きなオリオン像を消してみせた。一夜あけて、再びオリオン像が現れた時、2つの死体が発見され…。犀川助教授と西之園萌絵の理系師弟コンビが館の謎と殺人事件の真相を探る。超絶の森ミステリィ第3弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 486ページ
  • 出版社: 講談社 (1999/7/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062646145
  • ISBN-13: 978-4062646147
  • 発売日: 1999/7/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 45件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 121,700位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
『すべてがFになる』のドラマで森博嗣とS&Mシリーズを知った私。この作品でシリーズの前半5作品を読了しました。
私はミステリー小説が好きですが、トリックを解明した上で犯人を当てたことが一度もありません(お恥ずかしい)。そんな私でもこの作品はトリックがわかり、途中までは喜んでいました。
しかし、それは作者の意図にまんまとハメられただけのようです。実際、作者自身が「この作品の殺人トリックはわざと簡単にした」と語っているらしいのです。つまり、トリックをあばいたところでなんの自慢にもなりませんでした…。
そんな簡単なトリックなら読む必要ないと思った方もいるかもしれませんがご安心ください。この作品ではもう一つ大きな謎が提示されています。私にはもう一つの謎について考える糸口すらつかめませんでしたが、ミステリー愛好家の方々にはあっさりと解けるのでしょうか⁉︎
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 U-1 投稿日 2003/2/11
形式: 文庫
個人的にはとても好きな作品ですが、他人に薦めることは難しいです。
ミステリィとしての要素は十分ですが、僕はそれ以外のところに驚きました。
ラストでは鳥肌が立ちました・・・
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この話は「すべてがFになる」、「冷たい密室と博士たち」とは全然毛色が違うなと感じました。
クリスマス、プラネタリウム、星などなど、ロマンチックな単語が多く出てきます。
アニメにするならこの作品かなーって感じました。

肝心要のトリックですが、薄々仕掛けは気づいていました。
しかし、まさか犯人があの人だとは…。
このタイトルにもあります「数学者」が、ラストを不気味に飾ってくれたところも好きな点です。
みなさんも「数学者」の謎解き大会に参加しませんか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
最後の一文が良いです。あと、Kindle版では読むことが出来ない文庫版の解説が読みたくて、本屋に行きました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/7/16
形式: 新書
1996年リリース。S&Mシリーズの第3作。最も『理系(というかこの場合は数学系??)』全開の傑作である。(●^o^●)
大掛かりな消失ものではエラリー・クイーンの中編『神の灯』を思い出してしまうが、本作のトリックもかなり近いものがある。だがそれ以上にラストの『笑わない数学者』の『不定』にまつわる一言一言がミステリー好きのハートにジンジンくる(●^o^●)。
この第3作まで密室ものが続くわけだが、森博嗣の密室は本業に則した『建築基準法』に則った密室であるところがスゴイ。MacフリークがMacの状態の表現の不可思議な部分を決して見逃さないように、過去のミステリーでの密室の図面に建築を知りつくした者として『可笑しい・納得出来ない』というものが多々あるのだろう。今回の大掛かりな密室にはそういう物への批判も感じられる気がする。
閑話休題。本作は何度か読み直したくなるほど面白い。併せてこのシリーズの栞のデザインもおのおのの作品に併せてデザインされていて大変気に入っている(●^o^●)。
僕も天王寺翔蔵に逢いたい(●^o^●)。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
トリックが簡単すぎて
ふざけるな、これがミステリーかって
イライラしながら読んでいた(実は読み終わった後も若干もやもやしていた)けど、
「逆トリック」って気付いて、、、
あっ!あぁ(笑)
ってなりました。

作者さんの言う通り
解けた人が一番引っかかっている。

僕の解釈があっているのかは分からないけど、
僕なりの解釈なら凄く良かったです。
ポジティブで良かった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 007 投稿日 2014/1/26
形式: 文庫
最後の一番気になる所を想像にお任せしているあたりがやらしいですね。

お話はオリオン像が消える数学者の豪邸で起こる殺人事件と、謎に包まれた華麗なる一族の醜い争い。
今回も大好きな犀川先生が閃きますね。
ポイントはオリオン像が消える謎。
途中からなんとなくわかっちゃったけど。

最後の犯人とこの一族の謎は、全く想像つかなかった。
主催者の教授が毎日数学の問題を出すんだけど、
暗算一瞬で答え出しちゃう萌絵ちゃんは崇拝ですね。
逆に計算だけで答がでない問題を解いちゃう犀川先生も崇拝です。

小説なので完全に妄想なのですが、
舞台となっている建物がすごいかっこいいんですよね。
森のなかに建っているおしゃれな建造物
私の想像では金田一少年の事件簿の蝋人形城みたいな感じです。
あんなに怖い雰囲気ではないけど。

トリックはFに比べると驚きが少なかったけど、
天体とか建築物とか像とかその辺が絡んでいて
素敵だなぁと思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー