笑の大学 スペシャル・エディション [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazon配送センターより配送・お急ぎ便対応】付属品は全て揃っています。中古品のため使用感はありますが、きれいな状態の商品です。※破れ・シミはなく良好です。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、不良があった場合はご返金(Amazon.co.jpが扱う新品商品と同等の手順に順じます)にて対応致します。領収書の発行には対応いたしておりませんので予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

笑の大学 スペシャル・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.0 71件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 4,140 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,340 (36%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、S&G STOREが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 笑の大学 スペシャル・エディション [DVD]
  • +
  • THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション [DVD]
  • +
  • ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]
総額: ¥8,146
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 役所広司, 稲垣吾郎, 高橋昌也, 小松政夫, 石井トミコ
  • 監督: 星護
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2005/05/27
  • 時間: 121 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 71件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001M3XGU
  • JAN: 4988104032614
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 26,781位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   戦時下の昭和15年の東京。検閲官・向坂は劇団「笑の大学」の座付き作家・椿に次々と無理難題をふっかけ、直せなければ上演中止だと脚本の書き直しを迫る。が、椿はその要求を聞いてさらに素晴らしい脚本を作りあげていく。そんな2人が、ガチンコ対決を通して次第に不思議なきずなを芽生えさせていく様を描く。
   もともと本作は三谷幸喜が手掛けた2人しか登場しない舞台劇として作られたもの。それを映像として成立させるのはかなり難しかったはず。でもそれを映像ならではの、他の登場人物などを取り入れつつ、懸命に作りあげた努力は素晴らしい。特に劇団の看板スターに小松政夫を起用したのは拍手モノ。また最初は完全に舞台を潰すつもりでいた検閲官が、次第に心変わりをしていく様を、役所広司が絶妙のサジ加減で演じていて魅せられる。(横森 文)

内容(「Oricon」データベースより)

映像化不可能と言われていた三谷幸喜原作の舞台劇を見事に映画化。戦争間近の昭和15年を舞台に、笑いを憎む検閲官と笑いに命をかける作家のやりとりを描いたコメディ作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
ちょうど昭和初期の街の雰囲気を実際にご存じの年配の方が多い、ということに、数回映画館へ行くうちに気付きました。
自分の歳で数えても、生まれる二三十年前が昭和15年。この物語の設定された年の意外なほどの近さと、にも拘らず現在の日常と検閲が普通だった日常との遠さを、考えるともなく感じさせる。ストーリー展開のスピードだけを重視すれば「冗長だ」との批判も出るであろう演出は、しかしこの点では逆に非常に効いています。ストーリー展開の外の街の、大きくは世界の‘空気に囲まれた感じ’までを作り込めることは、逆に舞台にはない映画の醍醐味でしょう。
監督の星護(ほし・まもる)さんの几帳面さと、声質の良さ・背筋の伸び・演技というものの本質を掴んでいる揺るぎなさを遺憾なく発揮する名優役所さんと、この役に関しては意外なほどその生まれ持った素材感を生かし・役所さんという職人に上手に沿いかつ要所では反ってもいる稲垣さん。不思議な取り合わせではあるのにどの一辺も突き出ない綺麗な三角形を形づくっています。
コメディであるとか、笑って泣ける人情ものであるとか、三谷幸喜の決意表明ものであるとか、様々に言われるどのコメントも、この作品の一部であり同時にどれも少し違う。括る必要はなく、笑おうとも泣こうとも感動しようとも思わずに、ひたすらフラットに向かって正解です。何が残るかは人それぞれ。劇中役所
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まじめにふざけたことをやっている話です。

その頑ななところ、絶妙の間、どれをとってもすごいおもしろい!

なんといっても、

役所さんがすごい!! キュート!!

この人の演技のうまさ、いや、恐ろしさがよくわかる映画!

ストーリーや、劇中の台本のおもしろさは言うまでもないです。

映画を見てるのか、特等席で生の劇を見てるのか、よくわからなくなります。

場の緊張感がびんびん伝わってくるほどです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
三谷幸喜の台本はあざとい。起承転結の堅固な構成、万人のツボを突くジョーク。そしてラストはしっかり泣かせにかかる。作者の狙いが分かりすぎるほどよく分かる。それでも陳腐に感じさせないのは技に手抜きがないから、そして三谷幸喜特有の熱い美学が迸っているからだ。
テレビドラマ「合言葉は勇気」や「新選組!」などを観れば分かることだが、三谷幸喜はコメディ作家であると同時に熱い男たちの友情のドラマが大好きな人である。物事を斜めに眺める視点と、まっすぐ見つめる視点の両方を合わせ持っている。
「笑の大学」は喜劇作家と笑いを認めない検閲官との闘争と友情を描いた物語である。過酷な検閲をかいくぐり、卑怯者と皆に罵られながらなお笑いを追究する喜劇作家は、三谷氏自身の分身であろう。上質の知的な喜劇でありながら、観終わった後には自然に背筋が伸びて来る。くすぶりかけていた志が、再び立ち上がれそうな気がして来る。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ほとんどが、検閲官の部屋で繰り広げられる新しいスタイルの物語。
こういう映画って映画と呼べるの?と始めは軽いノリで観ました。
しかし、これは紛れもない映画だと確信してしまいました。
それというのも、喜劇らしい間の取り方やストーリーの流れにビートがあり、
一つ所で進む物語が生きており、流動性を感じたからです。
それは、役所さんと稲垣さんの演技が素晴らしいからでしょう。
TVドラマならまだしも、2時間の映画できっちり、生きた人間が描かれていました。
テーマの笑いについては、この時代ならではの背景を生かすことで、笑いというものの本質を炙り出していく過程を見事に表現しています。
勿論、笑いをテーマにしているだけあり、笑いの種もそこかしこにちりばめられていて退屈することなく最後まで一気に観れます。
スタッフロールのこだわりも素敵で最後の最後まで「笑いの大学」に浸ってしまいます。
新しさと懐かしさの同居した映画なので、さまざまな世代の方にお勧めできる映画です。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
三谷さんの構成の力は、もう疑う必要はないと思います。
それはこの作品でも例外ではなく、とにかく観ていて飽きない。
確かにテンポは遅いかもしれませんが、その分作品の世界をじっくり見れて良かったと僕は思いましたね。
まだ成人もしていない若輩者の僕としては、少し長くてしつこいなと思う場面も正直ありました。
例えば、台本の打ち合わせをしているときに役にのめり込んでずっと走り続けるシーンですね。敢えて誰がとか具体的なことは伏せるので、わかりづらい表現で止めておきます。
でも、それは「笑点」が違うからなんだと思います。
僕なんかは、ドリフのコントなどを見ていても、ギャグがしつこいと思うことがよくあります。
でも、リアルタイムで見ていた人たちは、別にしつこいとは思わないか、むしろそのしつこさが笑えたというのもあったのでしょう。
そこら辺はあくまでも推測ですが。
そういう点では、この「笑の大学」は対象年齢が割と高めなのではないでしょうか。
ですから、それを「自分はしつこいと思ったから駄作だ」と言うのは、間違っていますよね。
各々の笑点に合うところで笑って、それがあまりないのでしたら自分にとってはあまり面白くはなかったと言って終わりでいいんじゃないんでしょうか。
少なくとも僕は役所
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す