通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
笑えるほどたちが悪い韓国の話 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【★年中無休で毎日発送致します。すべての中古商品をクリーニングしております。梱包にはエアクッション(プチプチ)を使用致します。★】【★基本、配送は「メール便」となりますが、商品代金が5000円以上(送料別)の高額商品に関しましては、お問い合せ番号がある配送方法を利用致します。★】【★中古商品の為、ヤケ、キズ、スレ、イタミ、多少の汚れ、書き込みが見られる場合がございます。詳しくはAmazonの「コンディションガイドライン」をご確認ください。また付録、付属品に関しましては、記載がない限りないものとお考えください。★】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

笑えるほどたちが悪い韓国の話 単行本(ソフトカバー) – 2014/3/20

5つ星のうち 4.1 49件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 笑えるほどたちが悪い韓国の話
  • +
  • 面白いけど笑えない中国の話
  • +
  • 日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書)
総額: ¥2,886
ポイントの合計: 89pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

前作『面白いけど笑えない中国の話』につづく第2弾刊行! !
近くて遠い国・韓国。
中国と並んで「反日」色を強め、その結果、訳のわからない言動を繰り返す。こんな隣人といつまで付き合わなければならないのか?明治天皇の玄孫にあたる竹田恒泰がまたまたぶった切る韓国の常識・非常識!

内容(「BOOK」データベースより)

相手にしたくないけど、あいた口がふさがらないほど笑える彼の国の人々。悪韓論?、いいえ無韓論です!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 258ページ
  • 出版社: ビジネス社 (2014/3/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4828417443
  • ISBN-13: 978-4828417448
  • 発売日: 2014/3/20
  • 梱包サイズ: 17.6 x 11.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 49件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 164,820位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
読書の秋と云う事もあって、モリモリと秋の味覚を堪能している今日この頃。。。

とある興味から、アジア周辺の近現代史に目覚め?
学生時代、歴史嫌いだったワタシがこんなにものめり込んで読みまくっているなか、
どこのテレビ局だったか忘れたけど、なかなかの人気を誇る、
「たかじんのそこまで言って委員会」でお馴染みの竹田氏の著書を読んでみたいな―というのがキッカケで購入。

その構成は、第1章~8章までのP258を数え、
冒頭は、意味不明などーでもいい話からは始まり、
万人受けするであろう、第1章「ウソで塗り固めるのが韓国流」
まぁー 見聞きしたことあることから、そこまでやんの?っちゅーくらい、失笑物です(笑)
今年の7月初旬くらいに、中国国営放送が報じた「自衛隊ガンダム実戦配備計画?」的なやつを、
実はその属国である彼等もやっちゃっていた訳ですね・・・ 。・゚・(ノ∀`)・゚・。

あぃl
で、第2章からは徐々にだが、真面目な感じな話になっていく感じですな。
真面目系の話は、複数の著者の本より学習済みであったためかなりスラスラ読めましたね。
その中でも、参考になったのが、
 「日韓請求権協定」に関する諸々の話
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
再認識するために購入です。
あの国に生まれなくて、本当に幸運でした。
最近、原爆でDNAがイカれた猿という言い方を某サイトで見て
被曝二世の私は、福島の事も含めて本当に許さないと思いました。
助ける必要?ナイナイ。赤の他人だもの。他の国の恩知らず、恥知らずの人たち。
日本に来ないでください。穢れそうです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
こういう方面の煽り書物では、軽いノリの竹田さんの文章ですが、内容は新聞記事のまとめ感覚。
中立立場で読むと「こういう意見もあるわな~」と感じますが、ちょっと違和感もあるのも事実。
親日派・反日派をもっと比較する材料が入って、それでもこのタイトルなら納得しますが、
その部分が欠けてる気がします。実際の韓国事情とは少しズレてる感じはしますが、
それは人の価値感ですので、竹田さんの言いたいことは、この本で理解できます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 隣の病気国家の狂態と、自縄自縛が招いた危機的状況を暴いた一冊。内容的には、『悪韓論』『呆韓論』の竹田版といったところである。読者を随所で笑わせながらも、客観的な事実をはっきりと示しており、多くの人に読んでほしい啓蒙的な本である。
 わたくしが、彼らの狂態を巡り、日本人に見抜いてほしいと思っているのは、第一に、彼らが口にする「反日」が、ことごとく事実無根に基づくものである、ということであり、第二に、そのことは彼ら自身が百も承知でありながら、彼らはその上で「反日」を唱え続けている、ということである。彼らは、日本による統治時代に、土地を奪われ、言語を奪われ、文化を奪われたとも、「従軍慰安婦」が存在したとも、竹島が自分たちの領土だともこれっぱかしも思っていない。それでいて、彼らがそう主張し続けるのは、彼らが、身も張り裂けそうなほど強烈な「劣等感」と「虚栄心」と「日本への嫉妬と憧れ」に苛まれており、その苦痛を少しでも和らげたいという願望に四六時中取り憑かれているからに他ならない。彼らは、自分たちがあらゆる点で日本人の足許にも及ばないことを骨身に沁みて実感しているし、曲がりなりにも自分たちが手にしている今の繁栄は、戦前の日本による統治と戦後の日本からの厖大な援助がなければ到底あり得なかったということも内心認めている。それでいて、彼らが、「自分たちは日本からこれだけひどい目に遭わされ
...続きを読む ›
コメント 152人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
15年ほど前は、ワールドカップサッカーの日韓共催とかで、友好ムードが漂っていた。
バカこけよ!と思っていたが、表向きこんなことを言えば眉をひそめられたものだ。
こういう本が出版されるようになり、世の中がやっとあの「笑える国」を馬鹿にすることが、
サベツとかそういう問題とは無縁だということに気付くようになったのかな?
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
韓国と韓国人には呆れている日本人ばかりでしょう。
過度の反日教育で、小学校から日本人=悪魔という教え方をしており、ずっと中国の植民地だった朝鮮半島の歴史そのものについてのねつ造を平然とやっているわけで、それをズバッと指摘できるポジションにある竹田氏が書いたということです。

 ★ 韓流ドラマで王朝ものをやっていますが、そこでは朝鮮半島の李氏朝鮮はすごい繁栄をしていた独立国として描かれています。
   しかし、実際は、貧困で文明の遅れた土人国家だったわけです。そこをずばっと指摘しています。
   日本が朝鮮半島を併合したあと、近代化のために、朝鮮半島に莫大な投資をしてきたことがちゃんと書かれております。

ふつうの日本人は「韓国人はダメだ」「韓国はひどい」とはいえません。すぐ左巻きの連中が取り囲むからです。
マスコミにもたくさん在日がいて、純粋の日本人を攻撃します。通名でテレビに登場している評論家、文化人、芸能人は
たくさんいます。彼ら・彼女らは、日本人の無意識に間違った歴史認識を植え付けようと、番組を作り、新聞の記事を書いています。
以上のことを、ズバッと指摘しつつ、「ほとんど冗談・漫才」としか思えないほどの、こじつけ・たちの悪い韓国について
具体的に語っております。
...続きを読む ›
1 コメント 243人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー