通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
笑えるほどたちが悪い韓国の話 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 並。International shipping available.コンディションガイドライン準拠。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

笑えるほどたちが悪い韓国の話 単行本(ソフトカバー) – 2014/3/20

5つ星のうち 4.0 49件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 28

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 笑えるほどたちが悪い韓国の話
  • +
  • 面白いけど笑えない中国の話
  • +
  • 日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書)
総額: ¥2,886
ポイントの合計: 89pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

前作『面白いけど笑えない中国の話』につづく第2弾刊行! !
近くて遠い国・韓国。
中国と並んで「反日」色を強め、その結果、訳のわからない言動を繰り返す。こんな隣人といつまで付き合わなければならないのか?明治天皇の玄孫にあたる竹田恒泰がまたまたぶった切る韓国の常識・非常識!

内容(「BOOK」データベースより)

相手にしたくないけど、あいた口がふさがらないほど笑える彼の国の人々。悪韓論?、いいえ無韓論です!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 258ページ
  • 出版社: ビジネス社 (2014/3/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4828417443
  • ISBN-13: 978-4828417448
  • 発売日: 2014/3/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 49件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 59,694位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 隣の病気国家の狂態と、自縄自縛が招いた危機的状況を暴いた一冊。内容的には、『悪韓論』『呆韓論』の竹田版といったところである。読者を随所で笑わせながらも、客観的な事実をはっきりと示しており、多くの人に読んでほしい啓蒙的な本である。
 わたくしが、彼らの狂態を巡り、日本人に見抜いてほしいと思っているのは、第一に、彼らが口にする「反日」が、ことごとく事実無根に基づくものである、ということであり、第二に、そのことは彼ら自身が百も承知でありながら、彼らはその上で「反日」を唱え続けている、ということである。彼らは、日本による統治時代に、土地を奪われ、言語を奪われ、文化を奪われたとも、「従軍慰安婦」が存在したとも、竹島が自分たちの領土だともこれっぱかしも思っていない。それでいて、彼らがそう主張し続けるのは、彼らが、身も張り裂けそうなほど強烈な「劣等感」と「虚栄心」と「日本への嫉妬と憧れ」に苛まれており、その苦痛を少しでも和らげたいという願望に四六時中取り憑かれているからに他ならない。彼らは、自分たちがあらゆる点で日本人の足許にも及ばないことを骨身に沁みて実感しているし、曲がりなりにも自分たちが手にしている今の繁栄は、戦前の日本による統治と戦後の日本からの厖大な援助がなければ到底あり得なかったということも内心認めている。それでいて、彼らが、「自分たちは日本からこれだけひどい目に遭わされ
...続きを読む ›
コメント 143人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
韓国と韓国人には呆れている日本人ばかりでしょう。
過度の反日教育で、小学校から日本人=悪魔という教え方をしており、ずっと中国の植民地だった朝鮮半島の歴史そのものについてのねつ造を平然とやっているわけで、それをズバッと指摘できるポジションにある竹田氏が書いたということです。

 ★ 韓流ドラマで王朝ものをやっていますが、そこでは朝鮮半島の李氏朝鮮はすごい繁栄をしていた独立国として描かれています。
   しかし、実際は、貧困で文明の遅れた土人国家だったわけです。そこをずばっと指摘しています。
   日本が朝鮮半島を併合したあと、近代化のために、朝鮮半島に莫大な投資をしてきたことがちゃんと書かれております。

ふつうの日本人は「韓国人はダメだ」「韓国はひどい」とはいえません。すぐ左巻きの連中が取り囲むからです。
マスコミにもたくさん在日がいて、純粋の日本人を攻撃します。通名でテレビに登場している評論家、文化人、芸能人は
たくさんいます。彼ら・彼女らは、日本人の無意識に間違った歴史認識を植え付けようと、番組を作り、新聞の記事を書いています。
以上のことを、ズバッと指摘しつつ、「ほとんど冗談・漫才」としか思えないほどの、こじつけ・たちの悪い韓国について
具体的に語っております。
...続きを読む ›
1 コメント 231人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は、竹田恒泰チャンネルで紹介された韓国の新聞記事解説のまとめだ。

軽い乗りの文章だが、さすがに山本七平賞受賞者だ。しっかりした歴史観、しっかした解説が並ぶ。また著者は、文章表現に韓国嫌いを隠しておらず、現在の韓国に憤りを覚えている向きには、感情移入しながら読めるだろう(しかし著者はまた、国の特徴はその国が歩んできた道に左右されるもので、国民の特定の特徴を軽蔑・差別してはならないとも言っている)。

朝日新聞、日本共産党機関紙赤旗の記事も取上げ、左翼の見方を取上げ批判している。複眼的なしっかりした見方が学習できる。

著者の結論は、韓国とは関わるな、しかし韓国の嘘へは反論せよ、反論は韓国へ言っても埒があかないので、直接欧米諸国へ説明すべきと言っている。非常に納得できる結論だ。

また著者は憲法学者だけあって、韓国の裁判所が、対馬の神社が仏像を正当に取得した確認をするまで返してはならと仮処分を出した点を述べた下記のくだりは興味深かった。

… 韓国の民法を読んでみました。条文は日本の民法とほとんど違いません。今回の件に関していうと、立証責任は韓国側にある。仏像を日本が不当に盗んだことを証明すべきは韓国なのです。したがって韓国の民法上、裁判所は仏像返還差し止めの決定を下すことはできな
...続きを読む ›
コメント 217人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
韓国が何故反日を貫かねばならないのか。
呆れるほどの反日教育。
パクリ国家。
強請りたかりで感謝することを知らない民族。
日本は引っ越せないんですよね。
困った隣人です。
無視するか無関心でいるしかないのでしょうね。
著者によれば「どうでもいい国」だそうです。全く同意です。
韓国が何故嫌われるのか。
この1冊で理解できます。
難しく考えないで笑い飛ばして韓国を理解しましょう。

ご近所付き合いは「あ、どうも」
これでいいんだそうです。
深入りは禁物。
コメント 127人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック