通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
笑う招き猫 (集英社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: Amazon倉庫で保管しているため在庫切れがありません。目立った傷がなく、比較的綺麗な状態になっております。中身の文章をみるのに問題はありません。Amazonから迅速に発送されます。 ★注文を受けてから24時間以内発送★クレジット&コンビニ払いが可能★速達可能★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

笑う招き猫 (集英社文庫) 文庫 – 2006/1/20

5つ星のうち 3.8 28件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 笑う招き猫 (集英社文庫)
  • +
  • 凸凹デイズ (文春文庫 や 42-1)
  • +
  • はなうた日和 (集英社文庫)
総額: ¥1,737
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第16回(2003年) 小説すばる新人賞受賞

内容紹介

オトコより、お金より、あなたの笑いがほしい!
新人女漫才コンビ、アカコとヒトミ。彼氏もいない、お金もない、だけど夢は忘れない2人に、テレビ出演のチャンスがきて??。第16回小説すばる新人賞受賞の青春小説。(解説・ラーメンズ 片桐 仁)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 288ページ
  • 出版社: 集英社 (2006/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087460061
  • ISBN-13: 978-4087460063
  • 発売日: 2006/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 11.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 187,377位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
ベタである。しかし、たまにはベタな話を読みたいこともある。人情味と生き生きとしたキャラクターとお約束展開をきっちりこなし、最後まで楽しませてくれる。少しほろ苦い意外性もありつつ、最後はちゃんと笑顔で終わる。
情景の浮かぶ描写。説教臭くない等身大の文章。軽妙な会話。読んでてとてもすがすがしい文章だった。
人生を変えるような作品ではないし、心を大きく揺さぶることもない。でも、心地よい揺れはある。たまには読むにはとても良い小説。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
読んで元気が出た!!
女性若手芸人二人の物語。
初舞台から少しづつ人気が出ていく中で家族関係の悩みだったり、人間関係の悩みだったり、恋の悩みだったりをちょっとづつ振りまいたほのぼのストーリー。
大したヤマも無く、オチも無いけどいい感じ。
できれば続きが読みたい。

■読んで欲しい人
・悩んでいる人
・元気が無い人
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 suihou トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/2/8
形式: 文庫 Amazonで購入
アカコとヒトミ。駆け出しの女性漫才師の青春ストーリーです。
性格が、はっきりしていて、怖いもの知らずに見える小柄なアカコのほうがボケ、少しおっとりして内省的な感じの、のっぽのヒトミのほうがツッコミ。

業界内部をよく知っている作者が書いたとあって、むしろ事件や展開が派手でないところに、リアリティが感じられます。

アカコとヒトミのフリーマーケットでの出会いは、アカコがたくさんの招き猫を500円で売りながら、お客さんの似顔絵をつけるというものでした。そして何でもすぐ即興で歌にしてしまう、という天然に躍動的な性格。これに対してOLをしていたヒトミはじっくりした倹約家、レッドバロンと名付けた愛車(自転車)でどこへでも出かけ、アカコの暴走を止めたり、諭したりといった役割。

 このふたりがコンビを組んで売り出してゆくうちに、お互いがお互いの性格に感化されていくところもほほえましく、ヒトミがだんだん自己主張してゆくところや、アカコの芯の優しさ(招き猫の由来など)が心に響きます。
 漫才なので、古典芸能とは違い、「芸」とはなんぞや、というところはそれほど厳しく突き詰められませんが、それでも「カーネギーホールに出る」というアカコの心意気がいいです。

 アカコの祖母、頼子、オカマのメークアップアー
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
山本幸久さんの作品を読むのは、『ある日、アヒルバス』に続いて2冊目だと思いますが、
こちらの作品も非常に読みやすく登場人物などの設定も明確で、あれこれ想像しながらさくさく読む事ができました。
実在する人物やテレビ番組に酷似しすぎていて、想像をそっちに持っていかれ気味でしたが・・・。

実際、なんとなくお笑いコンビの【アジアン】が頭に浮かんできてしまって離れなかった・・・特に馬場園さん!

お話はぷぷっと面白いのはもちろん、後半のマネージャー永吉とのやり取りでちょっとうるっともきてしまった。

途中途中に2人が即興で作った歌が出てくるのですが、一体どんなメロディーなのか気になります。
でも、アカコの物まね芸がたくさん出てくるので、ドラマ化、映像化は難しのかなぁ?

なんか、最近私貧乏で、三十路越えてこんなでいいの?と悶々としていましたが、ちょっと元気が出ました。

それと、ラーメンズの片桐さんが書いた解説が面白かったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 山本和久は6冊目だったけど、買ってから気付いたのだけど、今まで読んだものの中では一番古いものだと気付いて少し心配になった。
 後の作品から入ると、前期のものがつまらなく感じるということが少なくないからだ。

 でも、読み始めてからそんなことはないと、一瞬でもそんな心配をしてしまったことを謝りたい気持ちになった。

 アカコとヒトミをはじめとしたキャラクターたちの掛け合いも面白かったけど、印象に残っているのは、エリの病院騒動と、アカコとヒトミがぶつかったシーン。

 この二つのシーンをみて思ったことは、二人には「守り」に入ってほしくないということ。

 今までネタがものすごく面白い芸人はたくさんいたけれど、テレビで多く見かけるようになるとなんかつまらなく感じるのも、また同じくらいといってもいいほどの数といってもいいくらいだ、
 二人にはそうなってほしくないと、「守り」に入ってほしくないと心の底から思った。

 いま自分にはふたりにとっての「漫才」のように熱くなれるものはない。
 それでもいいかな、と本作を読む前思っていたけれど、やっぱりそれじゃ人生つまらない、自分にとってのものを見つけなければいけない、そう思った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー