通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
笑いと治癒力 (岩波現代文庫―社会) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★★★書き込み、やや使用感あり。2013年5月16刷。カバー上端に軽い折れ、裏表紙の裏面に書き込みありますが本文ページに書き込みは無く、ページに折れは無く、カバー、中身ともにヤケ・破れありません。2営業日以内に神奈川県より発送いたします。■ご注文の際のご注意■1.通信障害、サーバ障害によりお支払いが完了していない場合がございます。ご注文履歴よりお支払いが完了している事をご確認ください。■2.現金払いの場合はお振込みをして頂けませんとお品物を発送することが出来ませんので、ご注文後にお振込みをしていただけます様にお願い致します。■3.お受取人様ご住所の番地(番地必須・建物名のみ不可)、建物名(同一の道路に対して間口のある建物が2棟以上ある場合は番地-部屋番号のみでは建物を特定出来ない(番地は建物では無く間口が接する道路に割り振られます)ので、この場合は必ず建物名を明記して下さい)、部屋番号や会社名、部署名などを省略されますと、お品物をお届けすることが出来ませんので、省略なさらないようにお願い致します。■4.ご注文後に当店よりご連絡を差し上げる場合がございますので、Amazon.co.jpからのメッセージ受信状況にご注意下さいます様にお願い致します。■以上、ご協力をお願い致します。v1.01ーa201703182154
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

笑いと治癒力 (岩波現代文庫―社会) 文庫 – 2001/2/16

5つ星のうち 4.4 22件のカスタマーレビュー

その他(7)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,058
¥ 1,058 ¥ 362

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 笑いと治癒力 (岩波現代文庫―社会)
  • +
  • 続・笑いと治癒力―生への意欲 (岩波現代文庫)
  • +
  • 笑いの医力 (think book)
総額: ¥3,274
ポイントの合計: 78pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

不治に近い難病を文字どおり「笑って」治したジャーナリストが闘病体験をきっかけに,人間の自然治癒力の驚くべき可能性を徹底取材.笑いとユーモア,生への意欲が奇蹟を起こすことを例証する.創造力と長寿,プラシーボ効果,痛みの効用など,心とからだの微妙な関係に着目し,全人医療の在り方を問う問題提言の書.

レビュー

"An entertaining and instructive example of an inspired participation of a patient in his own treatment."

Amazing and heartening.

Amazing and heartening. "

An entertaining and instructive example of an inspired participation of a patient in his own treatment. --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 208ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2001/2/16)
  • ISBN-10: 4006030304
  • ISBN-13: 978-4006030308
  • 発売日: 2001/2/16
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 86,672位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 内田裕介 トップ500レビュアー 投稿日 2006/6/17
形式: 文庫 Amazonで購入
安保徹氏の著作「ガンは自分で治せる」に引用があったので手にとって見た。

笑いとビタミンCの大量投与で難病を克服した、という民間療法系の体験談だが、著者のノーマン・カズンズ氏が著名なジャーナリストであったことから、発表当時は大きな反響を巻き起こした。(初出は1979年)

笑うことがストレスを緩和し、免疫系のバランスを回復して、人体の自然治癒力を活性化させるという論旨で、細部のメカニズムは異なるものの、安保説の補強材料となっている。

実際にビタミンCの大量投与や笑いが膠原病に効くのかどうかは別にして、著者の病気に対する態度は大変参考になる。日本では「病気のことはお医者さんにまかせておけばよい」という態度が普遍的だが、著者の態度はどこまでも「自分の病気は自分のもの」である。

みずから治療法をしらべ、医者を「治療のパートナー」として、専門家としての意見を聞きながら、自分で治療方法を選択していく。もちろん、アメリカであっても、この手の「治療に口を出す」患者を快く受け入れてくれる医者ばかりではない。また、普通の患者なら、専門家を差し置いて治療に口を出すなど、恐れ多くてとてもできない。医療は高度に専門化された技術分野だから当然である。

しかし、ここが難しいところだが、ある治療法が「人間一
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
著者のことは、「原爆乙女をアメリカに連れて行った人」ということは
知っていたのですが、膠原病を患っていたとは知りませんでした。

本のあらすじなどは他のレヴュワーさまにおまかせするとして。。

読後、知人でなかなか退院ができない家族がいる人に、
「読んでみたら」と薦めたところ、退院できないご家族が
落語のCDを聞き始め、お医者さまが止めるのも聞かず、
勝手に退院してしまったそう。

今ではすっかりお元気でお仕事もされています。

笑いは大切!
1 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書は膠原病(こうげんびょう)にかかった筆者がその個人的な体験をリアルに綴ったものである。治る確率は500分の1と医者に告げられるが、その1の確率に治癒をかける。決してあきらめない。結論は「ビタミンCの大量投与」と「“笑い”」の2つ。笑いは積極的な情緒を体内にもたらし、ひいては人間の体内にもともとある自然治癒力と免疫機能を最大限に活用できる最大の要素である。医学会では素人の著者は素人といいつつも雑誌編集長として一般的な医学知識以上の知識を持つ。実際に入院して余計な血液を献血されたり、睡眠のじゃまをされたりと医療現場での現実を知る。患者本位というよりも病院のマニュアル本位の治療に疑問を抱き、自らの治療法を考えつく。本書の最大の注目点は、人間の体内にはひとりの医者=自分の自然治癒力=がいて、その医者を総動員すれば難病でも必ず治るという確信であり、その実践である。自然治癒力を最大限に活用するには、希望、前向きの考えや姿勢などが必須と説く。“笑い”はそうした自然治癒力を引き出す王様だ。致命的に近い状態から現状復帰するまでを自己体験を通じて見事にやりとげる。そして、その結果をクールに自己診断し、それが普遍的なものかどうかをも吟味もしている。米国でベストセラーになったワケはまさにこの徹底した不屈の精神ととことん調べて実践するその行動力だろう。膠原病にかぎらず、すべての病気、あるいは病的症状に陥った人が熟読したら、その威力がわかるはずである。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本は「笑いと健康」の関係が注目されるきっかけになった歴史的な本です。
笑いと健康に関する本を読むと、必ずと言っていいほどこの本が引用されています。

以前、「500分の1の奇跡」という題名で別出版社から出ていました。

著者は過度のストレスによって膠原病を患いましたが、医者から治癒は500分の1の確率だと言われ
自分で、笑いとビタミンCの摂取によって治そうと決め
実際、数ヵ月後に元気に回復しました。

歴史的な価値はあるのですが、笑いと健康に関する本がたくさん出版されている現在では、他の本を読んだ方が役に立つと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
不治に近い難病を自らの工夫で治した話と言ってしまえばそれまでだが、彼がそれを治すのに役に立つ身体に効く栄養素と、精神に効く栄養素を見つけ、実践した過程と結果には目を見張るものがある。
彼の治ろうとする努力も大事だが、周りの人達の理解、とりわけ、一見すると自分の治療を否定されているのではと思いがちな主治医が、積極的に肯定したことが大きかったのだと思う。
つまりこの本は、私達が病気になった時、担当の医師とどのように向き合えばよいか、又、医師は患者とどう向き合うべきかということが書かれている本なのだと思う。
本文最後の「聞かされる相手は、その言葉を信じ込んでしまうかもしれない、それが終わりの始めになるかもしれないのだから、と。」という言葉は、絶望の淵から戻ってきた人の言葉だから説得力がある。一方、医学、医術に携わる人達にとっては、心に刻み付けてほしい言葉だ。何故なら、医師もいつかは患者になる可能性があるからだ。
だから尚更、私達はこの本を健康なうちに読んでおいた方がいいと思う。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー