通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】カバー:スレ、ふちヨレがありますが、読む分には問題ありません。アルコール除菌済!帯無し。通常24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。迅速丁寧な対応を心掛けております。 配送方法:日本郵政ゆうメール。当店より追跡は出来ますが、追跡番号はありませんので、追跡が御必要になった場合は当店まで御連絡頂きますよう宜しくお願い致します。また、配送期間につきましてAmazonが自動で左記の期間を表示しておりますが、通常発送日より4日以内に到着しております。日曜・祝日での御配送は致しておりませんのでご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記 ハードカバー – 2013/7/11

5つ星のうち 4.8 284件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー, 2013/7/11
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 207
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記
  • +
  • 続・竹林はるか遠く―兄と姉とヨーコの戦後物語
  • +
  • 流れる星は生きている (中公文庫)
総額: ¥3,981
ポイントの合計: 122pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

1986 年にアメリカで刊行後、数々の賞を受賞。
中学校の教材として採択された感動秘話。

邦訳が熱望されていた名著、待望の日本語版



大戦末期のある夜、小学生の擁子(ようこ・11歳)は「ソ連軍がやってくる」と
たたき起こされ、母と姉・好(こう・16 歳)との決死の朝鮮半島逃避行が始まる。
欠乏する食糧、同胞が倒れゆく中、抗日パルチザンの執拗な追跡や容赦ない襲撃、
民間人の心ない暴行もかいくぐり、祖国日本をめざす。


終戦前後の朝鮮半島と日本で、
日本人引き揚げ者が味わった
壮絶な体験を赤裸々に綴る、
息もつかせぬ、愛と涙の
サバイバルストーリー


出版社からのコメント

youtubeで本書の内容を紹介した動画をごらんいただけます。

【動画】竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記
http://www.youtube.com/watch?v=OvpMNB9dnnY


「竹林はるか遠く」感想文に見る壮絶な引き揚げ体験
http://www.youtube.com/watch?v=zIu5RKuUSrs

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 236ページ
  • 出版社: ハート出版 (2013/7/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4892959219
  • ISBN-13: 978-4892959219
  • 発売日: 2013/7/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.5 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 284件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,684位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
作品自体は知っていたのですが、英語版しかないため恥ずかしながらこれまで
読んでいませんでした。この度待望の日本語版が出版になり、(ちょっと遅れも
ありましたが)本日読むことができました。内容も想像以上に感動的な内容
で、割と易しい文体ながら数多くの苦難とそれに立ち向かう勇気、そして人と
しての親切の心・・・。多感な時期である中学生に読んで欲しいと思いました。

8月15日からの歴史を日本人は知る必要があります。この本は、そのうちの
大事な1冊といえると思います。
コメント 275人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
祖父母が朝鮮からの引き揚げ経験者でした。
2人とも当時を話すことはほとんどありませんでしたが、父や母が祖父母から聞いた話を又聞きして、
道中に大変な苦労があったことをなんとなく知っていました。

僕が直接聞いた体験談では、
「朝鮮の人は道端に糞尿を撒き散らす どこもかしこも不潔で、嫌で堪らなかった」
「引き揚げのときは祖父が自衛団を作って、列車で逃げた」
「列車はスシ詰めで、何十時間もたちっぱなし、列車の補給のときに車両から飛び降りて道端で用を済ませた」
「船に乗るとき、金品を奪われるのでお金を衣服の中に入れて隠し、武器などは海に捨てた」
などなど

幼い私を気遣ってか、あまり話してくれませんでしたが、父や母の聞いた話などをあわせて、
その避難の道中の危険と苦労を想像しては、祖父母の想ってその生き様と残してくれたものに感謝していました。

この人たちの苦労があって、私たちはここにいる。

祖父母の当時の苦労を知る資料はほとんど残っていません。
そんななか、この本を知りました。

もちろん、祖父母の体験とは違うものですが、私の聞いた話を補完してくれる凄まじい告白でした。
私の中でバラバラ
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
日教組あたりが熱烈に妨害工作を弄するだろうが、彼らの正体は民衆の間に割れつつある。

歴史のことを学び始めるのは、小学校5〜6年生あたりからだろう。

先生方が噛み砕いて教えれば、決して理解できない内容ではないはず。

初めて知る知識はどうしても強く残るし、これを後から覆すのは容易ではない。

だからこそ、本当の歴史を小さいうちから教えて欲しいのです。

これは、いち国民としての先生方へお願いしたいことであります。

子供のみならず、日本国民してご父兄にも薦めるべきでしょう。

社会科の授業では副読本にぜひ採択を!

学級文庫に数冊、図書室には平積みにして置いておくと尚良い。

それほど価値のある「真実の」本です。
コメント 170人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
一気に読みました。朝鮮から引き揚げてくる家族の苦難が生々しく描かれています。
京城に向かう汽車から、まるで物のように投げ捨てられる死者など
もし自分が経験したら、一生モノのトラウマになりそうな........

伝わってくるのは、戦争の悲惨さ、恐ろしさ、愚かさ、家族と離れ離れになる辛さ、悲しさです、その中でも
心優しい親切な人が出てくると心温まります(これは日本人、朝鮮人両方出てくる)。
と同時に、この人の経験した苦難を思えば、自分も贅沢を言ってはいけないな、という反省にもなります。
そういう意味でも、ぜひ多くの人に読んでもらいたいですね。

この作品は、著者が言われるように、「個人や民族を傷つけるためのもの」でなく、
戦争の悲惨さを伝えて、心から平和を願うためのものなんだろうと
実際に読んでみて、よく感じられました。
コメント 312人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
  随分前になりますが、朝鮮からの引き揚げ体験を描いた、藤原てい著「流れる星は生きている」を読んだことがあります。これは、幼い男の子供たちを連れた母親てい氏の記したものでしたが、本書は、敗戦時11歳の川嶋擁子さんが著した母親と姉との3人の体験記録で、その時離れ離れで後から生きて帰れた兄の記録も同時に記されています。言わば、戦後の朝鮮半島の混乱状態を子供の目線から見た貴重な体験記です。
  この本の続編「続・竹林はるか遠く」で『今でも悲しくてつらい過去を振り返ると、しばしば身震いする』と擁子さんが語っているように、感受性豊かな小学生高学年の女の子がこれ程克明に記憶しつつ、体験の過酷さを克服して、戦後からかなり経過した1986年に異国アメリカで英語本で出版された運命の巡り合わせに驚きました。もっと擁子さん自身が幼かったら、体験を共有していた家族がいなかったら、などと『もしも』の仮定をすると、この本の存在も難しかったことでしょう。  
  母国日本の敗戦を、遠く離れた外地―朝鮮半島の北部羅南―で迎えた家族が、父や兄と離ればなれになり、命からがら釜山を目指して一歩一歩前へ歩んでいく、その間のことだけでも、「この先一体、この家族は無事だろうか」と同じ人間として深い痛みや共感を覚えハラハラしながら読んでいきました。 しかしながら、本を読んで一番感動したところは、未だ幼い擁子
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー