通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 小桜堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態の良い本だと思います(特に問題点はございません) *ご注文の翌日に発送致します
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記 ハードカバー – 2013/7/11

5つ星のうち 4.8 284件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー, 2013/7/11
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 238

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記
  • +
  • 続・竹林はるか遠く―兄と姉とヨーコの戦後物語
  • +
  • 流れる星は生きている (中公文庫)
総額: ¥3,981
ポイントの合計: 122pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

1986 年にアメリカで刊行後、数々の賞を受賞。
中学校の教材として採択された感動秘話。

邦訳が熱望されていた名著、待望の日本語版



大戦末期のある夜、小学生の擁子(ようこ・11歳)は「ソ連軍がやってくる」と
たたき起こされ、母と姉・好(こう・16 歳)との決死の朝鮮半島逃避行が始まる。
欠乏する食糧、同胞が倒れゆく中、抗日パルチザンの執拗な追跡や容赦ない襲撃、
民間人の心ない暴行もかいくぐり、祖国日本をめざす。


終戦前後の朝鮮半島と日本で、
日本人引き揚げ者が味わった
壮絶な体験を赤裸々に綴る、
息もつかせぬ、愛と涙の
サバイバルストーリー


出版社からのコメント

youtubeで本書の内容を紹介した動画をごらんいただけます。

【動画】竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記
http://www.youtube.com/watch?v=OvpMNB9dnnY


「竹林はるか遠く」感想文に見る壮絶な引き揚げ体験
http://www.youtube.com/watch?v=zIu5RKuUSrs

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 236ページ
  • 出版社: ハート出版 (2013/7/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4892959219
  • ISBN-13: 978-4892959219
  • 発売日: 2013/7/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.5 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 284件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,762位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
作品自体は知っていたのですが、英語版しかないため恥ずかしながらこれまで
読んでいませんでした。この度待望の日本語版が出版になり、(ちょっと遅れも
ありましたが)本日読むことができました。内容も想像以上に感動的な内容
で、割と易しい文体ながら数多くの苦難とそれに立ち向かう勇気、そして人と
しての親切の心・・・。多感な時期である中学生に読んで欲しいと思いました。

8月15日からの歴史を日本人は知る必要があります。この本は、そのうちの
大事な1冊といえると思います。
コメント 275人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
日教組あたりが熱烈に妨害工作を弄するだろうが、彼らの正体は民衆の間に割れつつある。

歴史のことを学び始めるのは、小学校5〜6年生あたりからだろう。

先生方が噛み砕いて教えれば、決して理解できない内容ではないはず。

初めて知る知識はどうしても強く残るし、これを後から覆すのは容易ではない。

だからこそ、本当の歴史を小さいうちから教えて欲しいのです。

これは、いち国民としての先生方へお願いしたいことであります。

子供のみならず、日本国民してご父兄にも薦めるべきでしょう。

社会科の授業では副読本にぜひ採択を!

学級文庫に数冊、図書室には平積みにして置いておくと尚良い。

それほど価値のある「真実の」本です。
コメント 170人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
一気に読みました。朝鮮から引き揚げてくる家族の苦難が生々しく描かれています。
京城に向かう汽車から、まるで物のように投げ捨てられる死者など
もし自分が経験したら、一生モノのトラウマになりそうな........

伝わってくるのは、戦争の悲惨さ、恐ろしさ、愚かさ、家族と離れ離れになる辛さ、悲しさです、その中でも
心優しい親切な人が出てくると心温まります(これは日本人、朝鮮人両方出てくる)。
と同時に、この人の経験した苦難を思えば、自分も贅沢を言ってはいけないな、という反省にもなります。
そういう意味でも、ぜひ多くの人に読んでもらいたいですね。

この作品は、著者が言われるように、「個人や民族を傷つけるためのもの」でなく、
戦争の悲惨さを伝えて、心から平和を願うためのものなんだろうと
実際に読んでみて、よく感じられました。
コメント 312人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
戦争の話は教科書レベルでしか知らなかったのですが、最近30歳を超えて調べるようになりました。この物語は実話と思いますが非常に胸が打たれる内容でした。他の方のお話ではもっと残酷な描写がありましたが、戦後の日本人婦女子への暴行に関しては日本人としてもっと知っておく必要があると思いました。明治維新以降から共産主義者の台頭、世界統一秩序構想や北進派と南進派の対立など、あらゆる背景があったと思いますが、野心もない日本人婦女子や民間人が何故、こんな目に遭わなくてはならないのかと憤りを隠せません。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ZZ 投稿日 2013/7/12
Amazonで購入
この本が手に届いて、4時間程度で一気に読破しました。
その位面白く、考えさせられました。

まず、この本は「反韓」ではなく、
著者も仰っているように、「反戦」がテーマです。

この本では、敗戦直前〜直後の混乱期を描いています。
抗日パルチザン軍、ロシア軍、市井の朝鮮人などの攻撃だけでなく、
帰国後の日本人による差別なども描かれており、
当時の状況をかいま見れる、貴重な資料とも言えるでしょう。

この本は韓国政府、韓国関係団体が提唱しているような、偏った本ではありません。
そういう解釈は著者も、訳者も望んでいないと思います。

ただ逆に、こういう文献を今まで抑え込んでいた、という事実が、
韓国だけでなく、米国内の反日運動家、
そして日本国内の運動家による影響を物語っているように感じます。
コメント 747人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
あとがきで、著者は「自伝的小説」と断っているのだが、
韓国系アメリカ人を中心に、「豆満江近くは冬マイナス30度以下の寒さで、竹は存在しない。」等と批判が起こり、
それを実話として読む読者との間でちょっとした論争になった。確かに副題にも戦争体験記と書いてあるので紛らわしい。

手元にある漢和辞典で「小説」の字義を辿ると、「作者の想像力によって創造したり、または事実を脚色した散文形式の文学」とある。
それ以上でもそれ以下でもなく、本作は、事実をもとにした小説作品として読むのがまっとうな読み方だと思う。
脚色があるのは当然で、強姦されかかったところに爆弾が落ち、
運よく強姦魔だけが命を落として難を逃れるくだりなどは、まさに小説的としか言いようがない展開である。

だからと言って本作を、荒唐無稽な空想物語に位置付けるつもりはない。
体験した者にしかできない描写は随所にあり、小説にしかできない真実の照射もあるのだ。
平和は突如として破られ、破られたとき真っ先に命を落とすのは、少なくとも国家の上層部ではないという事実は、その一例である。

本書がアメリカの中学校教材として使用された1986年は、東西冷戦の最中、当時のソビエト連邦がアメリカの最大仮想敵国とされていた時
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー