通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
竹光侍 2 (BIG SPIRITS COMICS... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

竹光侍 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) コミック – 2007/5/30

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 926
¥ 926 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 竹光侍 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
  • +
  • 竹光侍 3 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
  • +
  • 竹光侍 5 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
総額: ¥2,778
ポイントの合計: 87pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 194ページ
  • 出版社: 小学館 (2007/5/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091813208
  • ISBN-13: 978-4091813206
  • 発売日: 2007/5/30
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
多くのファンにとって、この展開は予想の範囲内なのではなかろうか。しかし、松本大洋の描くマンガの魅力はストーリーだけではない。

多くのフォロワーを生んだ強烈な個性の絵柄は勿論、その多くのフォロワーが真似することができないでいる、行間(絵間?コマ間?)を読ませようとする微妙な表現にも大きな魅力があるのではなかろうか。極私的な意見かもしれないが、その行間こそが松本大洋の個性のような気がする。そして、過去のどの作品よりも行間の魅力が詰まっているのが、この竹光侍だ。

例えば、殺陣のような動きの激しい場面であっても、ストップモーションのような動きの止まった絵で描かれているのだが、何故か不思議と動きが感じられる。さらに、コマの中からは妖気が滲み出てくるかのようだ。素晴らしいとしか言いようがない。

月並みな言い方になるが、第三巻が今からとても楽しみだ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
竹光侍(2)は、流れがかなり落ち着いてきて、いい感じ。江戸時代の悠久の時間の流れが見て取れ、きっとこんな感じでみんな生きていたのだろうと思える。「人情」「生活」「人生」がうまく配置されている。これには小津の映画のような、人間があるべき余裕のある美しい所作を感じる。あるいは、逆に事件が起こったときのテンポのよさと緊張感が、武道でいう「間合い」といったところか。ある程度予測できる各回の顛末だが、それでもミエミエの安っぽさがなく、つねに「人間」に寄り添った好感が持てる結末になっている。ただ、今後の展開に、ありきたり性とサプライズ性の両方が見え隠れしている。これをぜひうまく処理して欲しい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
話の内容は時代劇としての王道を丁寧に突き進んで面白い。
そこへ独特の絵柄とコマの「間」の妙が加わり、静かだが不思議な迫力をもって迫ってくる。
この二巻の話の前半は辻斬り始末記であるが、この時見せる主人公の人ならざる物のごとき迫力は圧巻である。
一方で人情話においても実にしんみりとした味わいを見せ、日常を描いたほのぼのとした話には何とも言えない暖かみがある。そしてそういった話を挟みながら、話は主人公を狙う刺客へと急速に展開していく。
実に多方面にわたって深い魅力を備えた、良い作品。
ついでながら、辻斬り始末記の様子を報じた瓦版の挿絵や変体仮名、文体などもいかにも江戸風に作られていて、細部に至るまで非常に丁寧に作っている事を感じさせた。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック