中古品
¥ 294
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

競馬よ!―夢とロマンを取り戻せ 単行本 – 2005/6

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 294
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

オグリやハイセイコーは出てこない。だが、競馬は確実に「強い馬の真剣勝負」へ進化する。コスモバルクとアンカツブームなどファン注目の最新トピックの背景を探り、ギャンブルからスポーツへと脱皮寸前の姿に迫る。

内容(「BOOK」データベースより)

ファン注目の最新トピックスから、ニッポン競馬の苦悩と課題が見える。日経担当記者によるニュースな書き下ろし。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 270ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2005/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532165229
  • ISBN-13: 978-4532165222
  • 発売日: 2005/06
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 548,551位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/7/7
形式: 単行本 Amazonで購入
最近の競馬界を描いた良質の書物であると感じました。著者は、日経の記者で意外に思うかもしれませんが(日本経済新聞というのはよく読んでいる人はご存知だと思うのですが)競馬の話題がかなり豊富です。競馬を「社会」というカテゴリーで論じている点は特に共感しておりその質の高さを支えている人が著者野元氏です。面白い記事だなと思っていますと著者の名前が片隅に書かれたりしています。藤沢調教師の連載もあったり玄人向けの内容と言えると思います。何より経済新聞の記者ですから競馬に対する「経済」的な側面からのアプローチが他にない新鮮味とシャープさ生み出していると思います。本書の内容ですが、ハルウララ、コスモバルク、アンカツ、ホリエモン、社台グループ、ペリエ達を切り口に新聞の小さなスペースに書ききれない様々な角度から競馬が論じられており問題提起がされています。ハルウララ現象に何を見るか。強い馬がファンを競馬場にひきつけるという真理が崩れてしまったわけですが、何故あれほど負け続ける馬がいたのか、という謎を探ってゆくと競馬界の問題点が垣間見えてくるわけです。こういった切り口が読むものの興味を捉えたまま深い部分にまで案内してくれます。日本の競馬を深く理解しようという方には非常にお勧めな本です。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日経新聞の競馬担当記者である野元賢一氏による著書。
本書は、「競馬界の問題」を包括的に見た書といえる。厩舎や騎手などの制度の問題から始まって、生産界、国際問題、JRAとNAR、そして組織の高コスト問題や他ギャンブルとの関連などへと発展して行く。競馬界の問題点をついた著書は多いが、その多くはその著者の立場に有利になるように…という提言に過ぎないものが多いのとは対照的である。長距離不用論など、多少、異議を唱えたくなる部分がないわけではないが、読み応え抜群だ。
実のところ、本書に書かれている内容は「サラブnet」連載の著者のコラムと重複するところが多く、それを読んでいる方には新鮮味は薄いかもしれない。ただ、当然の事ながら、本書の方が事実関係などがより細かくケアされており、初心者にも読みやすくなっている(サラブnetのコラムは、時事ネタ的なものもあるので)。日本の競馬界というものを考えるのにうってつけの書ではないかと思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本を読んで以来、日経で競馬してます。結果はマァマァ?
負けてません!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告