残り3点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
競馬と鉄道 - あの“競馬場駅”は、こうしてできた... がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■中古品のため商品によっては書き込み・汚れ・キズがある場合がございます。帯・応募券・プロダクトコード・はがき・シール・カード・ポスターなどの封入物は付属致しません。■基本的に配送はゆうメールでのポスト投函となります。配送日及び時間指定はできません。郵便追跡はできませんのでご了承ください。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。■土日祝日はお休みを頂いております。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

競馬と鉄道 - あの“競馬場駅”は、こうしてできた (交通新聞社新書122) (日本語) 新書 – 2018/4/14

5つ星のうち4.0 15個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥880
¥880 ¥18
この商品の特別キャンペーン 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。 1 件
  • 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 競馬と鉄道 - あの“競馬場駅”は、こうしてできた (交通新聞社新書122)
  • +
  • 競馬の世界史 - サラブレッド誕生から21世紀の凱旋門賞まで (中公新書)
  • +
  • 馬の世界史 (中公文庫)
総額: ¥2,621
ポイントの合計: 26pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

競馬は、日本の近代スポーツの中で最も古くから鉄道との関わりを保ち続けてきた競技のひとつ。本書では、そのさきがけとなった明治天皇根岸競馬行幸のお召し列車や、全国各地に設けられた“競馬場駅”、競馬観戦用臨時列車など、競馬と鉄道との“深い絆”を示す実話の数々を、豊富な資料をもとにひもといてゆく。また、競馬場を沿線に持つ鉄道会社間の乗客争奪戦や、現在も行われている競馬観戦客輸送の工夫、鉄道会社が関わるレース、さらには海外競馬場のアセクス駅についても、アナウンサーらしい客観的な視点で幅広く紹介する。

著者について

矢野吉彦(やのよしひこ)フリーアナウンサー。昭和35年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。昭和58年に文化放送に入社し、主にスポーツ番組を担当。昭和58年よりフリーとして活動。プロ野球、社会人野球、メジャーリーグ、バドミントン、Jリーグ、アメリカンフットボール、テニスなどのスポーツ実況を担当。なかでもテレビ東京系の競馬中継番組『ウイニング競馬』のレース実況アナとして長年活躍し、“土曜競馬の声”として、競馬ファンの間で知られる。

出版社より

賢い 子鉄 勉強 学力 野球 社会人 国鉄 スワローズ 南海 JRA 競馬  脳トレ  東京 TOKYO 2020 東京駅 インバウンド 旅行 迷子
電車が好きな子はかしこくなる プロ野球と鉄道 競馬と鉄道 脳にいい!通勤電車の乗り方 オリンピックと鉄道 東京駅コンシェルジュの365日
車両などの形や色、路線名、駅名といった様々な情報があふれる鉄道の世界は、 記憶力などの「認知スキル」の向上に有益だ。加えてサポート次第で、 人付き合いや自分との関わりについての力「非認知スキル」を強化し、 新しい大学入試にも役立つ力を養うことができる。 今日の教育改革の議論にあわせ、教育学・心理学の視点から 改めて子どもの本当のかしこさを問う、 鉄道好きのお子さまをお持ちの保護者の皆様が、自信を持てる一冊。 かつて多くの球団を鉄道会社が保有していたように、古くから密接なつながりがあるプロ野球と鉄道。 チームの遠征においても鉄道は必要不可欠で、 新幹線の開業による所要時間の短縮は革命的な出来事だった。 本書では、黎明期から現在までのプロ野球と鉄道の関わりについて、 各種資料を検証・考察するとともに、 現在球団を保有する阪神電鉄や西武鉄道の取り組みなどを紹介。 さらに、金田正一氏や古葉竹識氏といった往時のスター選手たちが語るエピソードなど、 さまざまな視点からその深いつながりをひもといていく。 【2018年度JRA賞馬事文化賞受賞作品】鉄道と同じく近代に輸入され、発展を遂げてきた近代競馬。実は、鉄道と密接なつながりがある。当書は、競馬場へ行くために乗り降りする駅を”競馬場駅“と称し、そのつながりの深さと面白さを、「競馬場駅」をキーワードに繙いてゆく。なぜ、あそこに駅があるのか?あの駅は競馬場駅が起源だった、鉄道ファンも知らない競馬場駅行き専用列車が走っていたなど。従来の鉄道研究では埋もれていた競馬×鉄道の歴史と歩みを、豊富な資料を交えながら、アナウンサーらしい軽妙な文書で紹介する。 1万人以上の脳画像を分析してきた名医が、 ビジネススキル向上や認知症予防に役立つ「脳にいい」電車の乗り方を紹介。 脳を効率的に鍛える方法だけでなく、「乗り方トレーニング33」を収録しているので 通勤中にすぐに、脳にいい乗り方を実践できる。 通勤時間に脳を鍛えて、もっとトクする人生を。 1964年東京、1972年札幌、1998年長野と、国内で開催された過去3回の大会を機に、 鉄道を中心とした交通インフラがどのように整備され、大会期間中にどのような輸送が行なわれたのか。 都市基盤が発展途上にあった当時、現在とは大きく異なるできごとが次々と起きていたのだった。 昭和の東京大会から平成、令和と時代を重ねた今、「あの五輪のときにはこんなことがあったんだ」 というエピソードの数々を、当時の貴重な記録を紐解き掘り起こす。 巨大ターミナル・東京駅にある「ステーションコンシェルジュ東京」には、 実に様々な問い合わせが寄せられ、ひとつひとつ正確に回答するコンシェルジュたちがいる。 彼女たちが毎日の問い合わせとその回答例を記録した業務日誌を大公開。 彼女たちの回答例には、ビジネススキルのヒントがたくさんあるだけではなく、 増える外国人客はどんな質問をするのかなど、変わりゆく東京駅利用客の傾向が見えてきます。 今年の東京五輪等、増える国際イベントの接客例集としても使えます。

登録情報

  • 出版社 : 交通新聞社 (2018/4/14)
  • 発売日 : 2018/4/14
  • 言語 : 日本語
  • 新書 : 255ページ
  • ISBN-10 : 433087718X
  • ISBN-13 : 978-4330877181
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 15個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
15 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年4月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年3月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年5月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2019年11月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年1月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年11月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2018年4月17日に日本でレビュー済み
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告