通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
競争の戦略 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。中古品のため使用感があります。商品によっては多少の書き込みや線引きがございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

競争の戦略 単行本 – 1995/3/16

5つ星のうち 4.6 34件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 6,081
¥ 6,081 ¥ 3,243

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 競争の戦略
  • +
  • 競争優位の戦略―いかに高業績を持続させるか
  • +
  • コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版
総額: ¥23,685
ポイントの合計: 709pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

産業が違い、国が違っても競争戦略の基本原理は変わらない。戦略論の古典としてロングセラーを続けるポーター教授の処女作。

内容(「BOOK」データベースより)

企業の再発進は定評あるポーター戦略論から初版刊行後10年、経営戦略論の古典として、本書の地位はますます揺るぎないものとなった。今回の増刷を機に、省略していた原注。参考文献を付し、内容の一層の充実をはかった。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 500ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社; 新訂版 (1995/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478371520
  • ISBN-13: 978-4478371527
  • 発売日: 1995/3/16
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.8 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,932位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
●「ポーターは経済学を経営に持ち込んだからミクロな分析は無視している」

●「時代は自社の経営資源、つまり内部環境にフォーカスするRBV(リソースベーストビュー)のバーニー。自社リソースを考えないで戦略の実現可能性を無視するポーターは古い」

●「ポーターは何十年も前に書かれた。大量生産の時代でなくなってきているので、使えない」

こういう講釈をのたまう人や発言は鵜呑みにしないほうが良い。決まって一方的かつ極端で、物事を抽象化して「正解」か「不正解」かというフィルターを通してのみに曲解して落とし込むからだ。(そういった発言をしている人間に限って、批評家やライバル学者の受け売りのことが多い)。

どんな戦略や戦術、施策も企業内で実行する際には、その政策の(1)「魅力度」と(2)「実現可能性」の2軸で判断することになる(そして(2)の実現可能性は、どこまで「妥協」するかで決まる運用の問題でもある)。つまり、およそどんな戦略論もその両方(自社と競合、市場/または内部環境と外部環境)を環境分析において整理したうえで戦略オプションを提示し、重みづけをして決定するわけで、ポーターが内部分析を無視しているというのは事実ではない。

ポーターはいくらリソースがそろっていても、参入して儲からない市場に
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ポーターは経済学の理論を経営学に持ち込んで、この本に書かれている業界構造分析と経営戦略論を完成しました。 優れれた商品やサービスを提供することで企業の収益性が向上するのではなく、業界構造のあり方によって決まるというのが、本書の最大のポイントです。「収益性に影響を及ぼす5つの力」に沿って分析をしていくと、メディアに書かれている企業動向の真意やその行動の結果を知ることができます。 一般的に一読して分かりにくいと評されています。全体3部から成っていますが、まずは1部を熟読してください。2-1-3-6-7章の順番に読むと良いです。 本書の分析方法を仕事で使っていますが、的確な企業分析ができます。 必読の1冊。
コメント 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
諸般出ているマネジメント概要よりは図示部分も少なく、簡易に内容を把握することは難しい。
全社及び事業戦略をまさに行うために情報の各カケラをもってこの本を読むことで自己が直面している要因分析を紐つけて理解することが可能だ。既に業務で対応済みのものにとっても、さらにポーターの詳細な事業分析断面図に触れることができ、過去の業務を省みて今後採り得る案件に際して非常に有用であるとも間違いはない。
強いていえば、本書を応用的に読む場合は、少しおおきめのブックにスケッチしながら構造分析を行うと図示不足部分が補えて非常に理解が容易であると考える。
是非、把握~応用として2読はしてみるべき書です。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2011/8/12
形式: 単行本 Amazonで購入
「日本の企業がこれまでのように成功をつづけるには、日本の経営者にとって今日ほどこの本が大切な時はありません。競争で成功すると、ともすると自己満足に落ち込む危険が出てきます。今日、日本の企業が置かれた経済的環境は変化してきていますので、自己満足は致命的な悲劇を起こします。。。(中略)。。。だから日本企業はこれから、国内市場、海外市場の双方で、今まで以上に手ごわいライバルと対決しなければなりません。日本企業が効果的な競争戦略を策定せざるをえない必要が、大きくなるわけです」(日本語版に寄せてより)

ひと目見ただけで少し怯んでしまう厚さである(笑)。マイケル・E・ポーター教授の代表的な著作。ずいぶん前に書かれたものだ。今や古典といっていい。しかし、改めて目を通すと、競争原理の本質自体が変わっているわけではないなと思う。例えば、日本企業が飛ぶ鳥を落とす勢いの時代であったにもかかわらず、上記に引用したようにポーターはその成功を讃えつつも警告も行っていて、実際にその指摘はある程度的中してしまったように思われる。また、「新興先進諸国の挑戦」という短い章に書かれている内容も、おおむね的確なポイントを突いている。

グローバリゼーションは世界的な競争規模の拡大と激化をもたらしている。そのような時代になって、ちょっと古いこの本の重要性はさらに増しているようにも思
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー