¥ 2,160
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
竜馬先生の血液ガス白熱講義150分 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

竜馬先生の血液ガス白熱講義150分 単行本(ソフトカバー) – 2017/2/8

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/2/8
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 2,892

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 竜馬先生の血液ガス白熱講義150分
  • +
  • Dr.竜馬の病態で考える人工呼吸管理〜人工呼吸器設定の根拠を病態から理解し、ケーススタディで実践力をアップ!
総額: ¥7,560
ポイントの合計: 204pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



イヤーノート 2018 内科・外科編
医師国試の出題内容を毎年反映! >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

呼吸状態をみたい時、意識障害のある患者さんをみた時、酸-塩基平衡の異常を疑っている時…
さまざまな局面でとても役立つ血液ガスのこと、皆さんどれだけ知っていますか?
なんとなく使っているだけだとすごーくもったいない血液ガスの読み方を短時間でマスターできる田中竜馬先生の人気セミナーの内容をまるっと書籍化しました!
この本だけで、血液ガスの基本や正しい使い方がキッチリ学べます!

内容(「BOOK」データベースより)

集中治療医田中竜馬先生の人気セミナーをまるごと書籍化!呼吸状態をみたい時、意識障害のある患者さんをみた時、酸‐塩基平衡の異常を疑っている時…さまざまな局面でとっても役に立つ血液ガスを今こそマスターしよう!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 136ページ
  • 出版社: 中外医学社 (2017/2/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4498130286
  • ISBN-13: 978-4498130289
  • 発売日: 2017/2/8
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,017位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
理学療法士1年目です。
急性期病院(2次救急)で呼吸器や、重症内科疾患を担当します。
肺炎の血ガス解釈はもちろんのこと、
加えて内科疾患の(代謝性アシドーシス、アルカローシス、、、など、苦手ですよね??)
含めた酸塩基までわかりやすく書いてあります。
酸塩基まで血ガスがわかるようになるだけで患者さんのアセスメントの幅が広がりました。
初学者の導入にはちょうどいい一冊と思います。

ちなみにではありますが、田中先生の他の著書
「病態で考える人工呼吸管理」「呼吸生理がわかる、好きになる」「やさしくわかる集中治療」も持っていますが、当然かぶってるところは多いです。当然ですよね。

以下自分の感想ではありますが、
自分としては呼吸器を初めから勉強したい、という人は
「わかる好きになる」の初めの方の章でで呼吸とは何か?というところをしっかり学んでから
本書で血ガスの解釈を学び、応用編として「人工呼吸管理」「集中治療」の書籍に移っていくのがスムーズかと思われます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
とてもわかりやすく書かれている。読みやすく工夫もされているので満足です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
PICU研修時代は自動的にΔAGも計算してたハズなのに、4年以上ぶりに血ガスを取るたびに「やべえ、AGってなんだったけ??」状態でした。

で、当直中。やらねば!!という課題を目の前にしつつも、ふと目についたこちらを思わず読破してしまいました。
そして感動に打ち震えています。

pH 7.46, PaCO2 16, PaO2 90, HCO3- 15, Na+133, Cl- 84

2時間前には、ちんぷんかんぷんな単なる文字の羅列だったのに!!
つい先程、4つの病態をしっかり抽出できました。
田中竜馬先生ありがとうございます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 amazon24 投稿日 2017/2/16
Amazonで購入
学生ですが、面白く読めました!
もちろん国試の役に立ちますし、実臨床でどのような視点で臨床医が読まれているのか知ることができます!
個人的には初期臨床研修医をむかえるまでに読んでおくと心強いものじゃないかなって思います
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告