通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
竜馬がゆく〈7〉 (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

竜馬がゆく〈7〉 (文春文庫) 文庫 – 1998/10/9

5つ星のうち 4.7 27件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702
¥ 702 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 竜馬がゆく〈7〉 (文春文庫)
  • +
  • 竜馬がゆく〈8〉 (文春文庫)
  • +
  • 竜馬がゆく〈6〉 (文春文庫)
総額: ¥2,106
ポイントの合計: 84pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞ノミネート作品決定
全国の446書店、書店員564人の投票により上位10作品がノミネート作品として決定しました>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

相次ぐ抗争で多くの志士の血が流れたが、竜馬の奔走によって大政奉還が実現、日本は救われる。維新政策には竜馬の精神が生きていた

内容(「BOOK」データベースより)

同盟した薩摩と長州は着々と討幕の態勢を整えてゆく。が、竜馬はこの薩長に土佐等を加えた軍事力を背景に、思い切った奇手を案出した。大政奉還―幕府のもつ政権をおだやかに朝廷に返させようというものである。これによって内乱を避け、外国に侵食する暇を与えず、京で一挙に新政府を樹立する―無血革命方式であった。


登録情報

  • 文庫: 426ページ
  • 出版社: 文藝春秋; 新装版 (1998/10/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416710573X
  • ISBN-13: 978-4167105730
  • 発売日: 1998/10/9
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,629位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
いよいよクライマックスに突入。物語がグッと展開を見せていくのですが、各々の藩や人の立場が非常に分かりやすく描かれています。本当に教科書では1ページで終わってしまうところが、そういう事だったのかと改めて感じました。大政奉還がいかに偉業であった事か。

薩長同盟、大政奉還など、歴史の勉強ではその言葉を暗記するだけに終わってきた事が、一つ一つ頭の中で繋がっていくのが分かり読んでいて非常に気持ちが良いです。多くの人の思想やまた人の死や犠牲があり、まさに時代が必要としていた維新なのだと感じました。また竜馬のいう時勢という言葉が印象的です。

今の情報社会中にいると逆に電話もネットもないこの時代に改革のために各地を奔走する竜馬や中岡の動きに感銘を受けます。日本を変えなければいけないという危機感も、未来への不安ではなく希望になっていて、現在の日本の状況と照らし合わせると対称的にも感じます。

それにしても、竜馬の船中八策は素晴らしい。気がついたら残り一巻、続きを読みたいけれども読んでしまう事も凄く惜しい気持ちにも感じます。(でも、すぐに読んでしまうでしょうけど。)物語を巧みに展開させる司馬遼太郎さんのハンドリング、素晴らしいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
・サノーさん一言コメント
「いよいよ、討幕へと事態は進む。それぞれの想い、それぞれの正義、それぞれの思惑が交錯する中で、竜馬は遺恨の虚しさを知り、これ以上の流血を阻止するための行動に出る」
【サノーさんおすすめ度★★★★★】
・ウノーさん一言コメント
「世界史でも類を見ない無血革命は、日本人の気質を雄弁に語っています。『船中八策』は徳川300年の治世に代わる、新しい道筋を照らしました」
【ウノーさんおすすめ度★★★★★】

・サノーさん、ウノーさん読書会
サノーさん(以下サ):さて、倒幕、いや討幕か。長州は今までさんざんやられてきたから、そりゃそうなるわな」
ウノーさん(以下ウ): 薩摩も、ここまで官僚が腐っていては、どうにもならんと幕府を見切りますね。
サ:うーん、幕府側もそんなに悪くないんだけどな。勝海舟はもちろんだけど、優秀な人材も多いし、皆が平和と安定を目指していた訳だし。
ウ:でも、もう「道理」ではないです。死と再生のプロセスは逆方向には流れません。人知の及びつかない次元で変革が起きれば、個々も組織もその流れのままに流されていきます。
サ:それでも、司馬竜馬はその流れの中で「もがく」と。これ以上、日本人の血が流れないために。その想いの深さが「道理」では考
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 第七巻に入り、物語はますます白熱してきます。
 亀山社中が海援隊に変わり、土佐藩も倒幕派に加わり時勢は倒幕へ向かっていきます。
 薩長土で流血式革命方式に向け西郷、中岡らが奔走し、四賢候会議を開き一気にクーデターを起こそうとしていた頃、竜馬はある奇策を思いつきます。
 「大政奉還」
 革命を迅速かつ、穏やかにするために思いついた無血革命方式です。
 竜馬の日本への愛情が、「大政奉還」に象徴されていると思います。
 さあ「竜馬がゆく」もあと一巻で終わりです。最後まで読み終わったとき、竜馬の偉大さと、人間の大きさを感じることでしょう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
江戸で、町人がひしゃくで、糞便を道路に投げた。
それが、武士の袴にかかってしまった。
必死で謝る町人。なぜなら、そのような非礼を働いた町人は、「切り捨てご免」のルールがあったからだ。
 武士は言った。「よか。俺の頭の中には、「日本」と「世界」のことしか、ないきに。」
町人はただ、呆然とした。
いつも世界の中で日本はどうあるべきか、考えていた竜馬。薩摩だ、長州だ、という藩の利益より、国の幸せを考えていた竜馬。
日本人で、こんな男は最初で最後かもしれない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 陸田竜平 投稿日 2014/11/29
形式: 文庫 Amazonで購入
 30年ほど司馬遼太郎を読んできて、なぜか今日まで後回しになってきた本作(文春文庫全8巻)をようやく読了。初段はいかにもな講談調、それが中盤に差し掛かった頃から俄かに重厚な歴史作家の風格を漂わせ始め、少壮から大家への、鱗翅類の鮮やかな羽化の如き第一歩を生々しく目の当たりにして息を呑む思い。例の「余談だが…」もこの頃は「これからの物語に必要だから我慢していただきたい」などといちいち申し訳なさそうなのがおかしい。『人斬り以蔵』や『...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー