通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
竜馬がゆく〈3〉 (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

竜馬がゆく〈3〉 (文春文庫) 文庫 – 1998/9/10

5つ星のうち 4.7 40件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本, 古書
"もう一度試してください。"
¥ 90
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702
¥ 702 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 竜馬がゆく〈3〉 (文春文庫)
  • +
  • 竜馬がゆく〈4〉 (文春文庫)
  • +
  • 竜馬がゆく〈5〉 (文春文庫)
総額: ¥2,106
ポイントの合計: 51pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

青春小説の名作が読みやすくなって再登場。前半は、奥手だった幼年期から、剣術修行、脱藩、勝海舟との出会いと海軍塾設立までを描く

内容(「BOOK」データベースより)

浪人となった竜馬は、幕府の要職にある勝海舟と運命的な出会いをする。勝との触れ合いによって、かれはどの勤王の志士ともちがう独自の道を歩き始めた。生麦事件など攘夷熱の高まる中で、竜馬は逆に日本は開国して、海外と交易しなければならない、とひそかに考える。そのためにこそ幕府を倒さなければならないのだ、とも。


登録情報

  • 文庫: 430ページ
  • 出版社: 文藝春秋; 新装版 (1998/9/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167105691
  • ISBN-13: 978-4167105693
  • 発売日: 1998/9/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,298位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
小学校卒業後に海外へ移住してしまった私には日本の硬い歴史小説を読むのは少し辛い気がいつもしていました。でもいつか司馬遼太郎の作品は読みたいと思っていた。そんな私が最初に選んだのは「竜馬がゆく」でした。なぜって竜馬のことはあまりにも有名すぎたし、幼い頃はアニメ「お~い!竜馬」なども見ていたので、わりと良く知っている人物が主人公の小説から始めてみうようと思ったわけです。
結果は大成功、面白くて面白くてだーーっと一息に読んでしまいました。 このレビューは初めて司馬遼太郎の本を読もうとする若い世代にむけて書いてるつもりですが、「竜馬がゆく」は竜馬が主人公ながら所々竜馬から話しがずれて他の武士の話がつけ足たされたりしています。 もしも最初にそういった箇所を読むのが辛かったらそういったページは抜いて読んでもいいと思います。後々に読み返した時にそういった箇所もだんだん読むようになりより深く楽しめるようになると思います。 本を読む忍耐も時間もない、歴史もあまりくわしくない、そんな私がどうやって最後まで読めたかっていうとそうやって読みました。
その後は一息をついて短編集にしぼりました。それも幕末の話や維新後の話にしぼりました。「あ~、そういえばこの登場人物は竜馬がゆくにでていたなー」とか「竜馬の死後にこうなったのかー」などと思い、自分で段々と作品と作品の間にある繋がりを意識するよ
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 司馬遼太郎の名作『竜馬がゆく』の第三巻。勝海舟登場、それだけでこの巻を語るには十分だろう。生麦事件を筆頭に、各地で高揚する攘夷の気風とは裏腹に、勝海舟との出逢いから人生の大きな一歩を登り始めた竜馬。世論の蠢く中、勝海舟と共に計画を進める神戸海軍塾の創設に際して、脱藩の罪も許されいよいよ波に乗る竜馬、一方ではおりょうさんの登場で話に華も咲く。一人我が道を見出して時を翔る竜馬、まだ表舞台に立っていないとは言え、その傍らには敵も多いが、竜馬にはその敵すらも惹き込んでしまう只ならぬ魅力があった。勿論、読者も然り。
 薩長の動向は益々激化し、生麦事件を筆頭に攘夷の勢いを高める中、両藩は暴走の道を歩み始める。それに乗り遅れまいと武市半平太が統一した土佐藩もこの波に必死で乗り込んだ。京は朝廷を囲んで薩長土藩の只ならぬ緊迫感で犇く。その中淡々と、竜馬は勝海舟と共に大好きな船に明け暮れる毎日。幕臣勝と手を組んだと非難も絶えないながら、竜馬と勝が描いていた維新の全体像はこの時誰しもが想像し得ない画期的なものだった。その新しい計画の第一歩がとうとう神戸で巻き起ころうとしている。いよいよ歴史を揺るがす竜馬の活躍の舞台が始まる。血気盛んな志士達とは違い、竜馬は遥か海の彼方に夢を託していた。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 内田裕介 トップ500レビュアー 投稿日 2005/3/2
形式: 文庫
29才になり、竜馬はいよいよ時を得た。勝海舟と出逢ったことで、夢であった黒船に大きく一歩を踏み出す。女性には一向に淡白だったのに、突如として、おりょうに一目惚れ。長いモラトリアムが終わり、物語はやっと本編に突入していく。
気に入った挿話のひとつに、薩長志士の懇親会が大荒れに荒れた、という話がある。長州の周布政之助は剣を振りまわす、薩摩の大久保利通は畳をはがして頭上でぐるぐる回すなど、なんともハチャメチャな宴会芸である。彼らはみな30才前後。こんなむちゃくちゃな若者が新しい時代を築いていったのだとおもうと、なにやら感動めいた気持ちにとらわれる。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 lexusboy トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/12/14
形式: 文庫
 「龍馬伝」が終わった頃に今さらながら読んでいる。
 司馬作品はどれも軽妙で洒脱であるが、その独特の軽さが、自分が若い頃には歴史を軽く扱いすぎているように感じられて不満だった。
 この年になってみると、そもそも「正しい」歴史というものはなく、必ず伝聞解釈が含まれているのであり、創作の部分があっても、全体としてつじつまがあり説得的であれば、それでよしという気になってきている。

 1、2巻はレビューを書く気のしない内容だったが、本巻になって一気に何もかもが動き出す。
 龍馬は脱藩し、勝海舟と知遇を得る。脱藩後復籍し艦隊構想が現実化していく(再脱藩することになるが)。おりょうとも知り合い惹かれあっていくなど、激動の時期である(しかし、さな子、お田鶴さまはどうなるのだろう)。
 一方、尊皇攘夷の風は吹き荒れ、開国派は次々と暗殺される。

 しかし、龍馬は、ずっと天下の素浪人だったのかと思っていたが、勝海舟や多くの大名(例えば、松平春嶽(政事総裁職))と知遇を得ているところが意外であった。

 また、艦隊構想もおもしろい。艦隊と言っても、実は貿易会社の一面もイメージしていて、その部分については、岩崎弥太郎に引き継がれたという。
 勤王浪人や下級藩士を海軍学校に入れて軍艦・商船の操法
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー