通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫) 文庫 – 1998/9/10

5つ星のうち 4.7 175件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702
¥ 702 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
  • +
  • 竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫)
  • +
  • 竜馬がゆく〈3〉 (文春文庫)
総額: ¥2,106
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

青春小説の名作が読みやすくなって再登場。前半は、奥手だった幼年期から、剣術修行、脱藩、勝海舟との出会いと海軍塾設立までを描く

内容(「BOOK」データベースより)

「薩長連合、大政奉還、あれァ、ぜんぶ竜馬一人がやったことさ」と、勝海舟はいった。坂本竜馬は幕末維新史上の奇蹟といわれる。かれは土佐の郷士の次男坊にすぎず、しかも浪人の身でありながらこの大動乱期に卓抜した仕事をなしえた。竜馬の劇的な生涯を中心に、同じ時代をひたむきに生きた若者たちを描く長篇小説。


登録情報

  • 文庫: 446ページ
  • 出版社: 文藝春秋; 新装版 (1998/9/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167105675
  • ISBN-13: 978-4167105679
  • 発売日: 1998/9/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 175件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,315位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
私は活字中毒で、年中何らかの小説を片手に抱えています。
年間何十冊と本を読んでいると、読んだことすら忘れてしまう作品もあります。
その中で、強烈に心に残っている小説のひとつがこの”竜馬がゆく”です。

文句なしの名作で、よの男子はすべて読んで欲しいくらい熱くポジティブな作品であります。
幕末と言う、価値観がひっくり返る時代に生きながら、常に前を見、
時代を変えてゆくパワ−には、100年以上を超え、文章から力をもらえます。
バブル以前の常識がひっくり返った今、このころに世情が似ているのかもしれません。
そんな今だからこそ、竜馬の純粋でパワフルな生き方が必要なのでは?

竜馬が暗殺されるシ−ンでは、作者すら描くのをためらっているようで、その魅力は読んでいる間中魅せられ続けます。

息子もコレを読む日がやってくるでしょう!そのときは二人で竜馬談義に話を咲かせてみたいものです。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 捨球磨 トップ1000レビュアー 投稿日 2007/4/7
形式: 文庫
この本が初めて出たとき、日本中が元気になったといわれた本である。

小生の先輩などは、自分の経営する店に入れ替わり立ち替わり来るバイトの子に

未だに読ませているほどである。

司馬遼太郎自身が、この小説の中で「書いているうちに竜馬が好きになってしまった」といっているが、

本当にここに描かれる竜馬は、魅力に満ちあふれている。

「寺の鐘みたいだ、大きく打てば大きく鳴り、小さく打てば小さく鳴る」と、

竜馬がその人物を評して勝海舟を喜ばせた、西郷隆盛。

幕末、その西郷隆盛が竜馬に維新後の閣僚名簿の作成を依頼したが、

竜馬が完成させた名簿には彼自身の名前がなく、西郷が「おはんの名前がごわせんな」

という場面は有名だ。

西郷に答えた竜馬のセリフが素晴らしい。「おれは世界の海援隊をやるぜよ」

明治維新の悲劇は、一流の人材が維新までに死去してしまったところにある。

そのあたりに、維新後の西郷の不思議な行動の原因があるのかもしれないと常々考えている。

日本も世界も行き詰まった。

今こそ、坂本竜馬のような人材が求められている時代はない。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ある日、江戸で店の女性が汚物をひしゃくで撒いていた。
その汚物が、武士の袴にかかってしまった。
町人が武士にそのような無礼をしたら、切り捨てご免の時代。
一生懸命お詫びする娘に対し、武士は言った。
「大丈夫やきに。俺の頭は「日本」と「世界」のことしか
考えちょらん。」
これが坂本竜馬である。
徳川幕府300年、鎖国の時代。皆が大名や商店主に仕える
サラリーマン化していた時代に、一介の浪人が「世界」のことを
考えている。
だからこそ、反発していた薩摩と長州を連合させたり、
江戸で官軍が戦争をしないように「大政奉還」を、勝海舟を通じて
徳川慶喜に進言したりできる。
竜馬の頭には「藩」「統幕・佐幕」「尊皇攘夷」などはまったく
なかった。
あるのは日!本が世界の中でいかに生きるべきかであった。
こんなにスケールの大きい人の伝記を読まずにはいられない。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
高校生の頃、旅先の小さな書店で何気なく手に取った、初めての司馬遼太郎。
店主のおじさんに、「その本は2冊ずつ買った方がいいよ。続きを買いに行くのも待ちきれなくなるから。」と言われました。

帰りの新幹線で読み始めると、みるみる世界に引き込まれていき、あっという間に8冊目。
物語が終わってしまう寂しさとともに、店主さんが2冊目以降を買いに来なかったことにがっかりしてないか、本気で心配したものです。
いつか近くに立ち寄ることがあったら、私のバイブルになったことを伝えたいと思っています。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
自分は、司馬遼太郎の作品には全幅の信頼があります。どの作品にも個性的なキャラクターがいて、色あせないストーリーなど、どこをとっても文句なしに面白いのです……が、どうも自分は竜馬がゆくだけは好きになれませんでした。

別につまらないという訳でなく、寧ろ司馬遼太郎の代表作だけあって、全8巻を読破するのに時間はかからなかったです。しかし、どうもこの作品の世界観に馴染めないと違和感を覚えつつ読んでいました。ほかの「関ヶ原」や「世に棲む日日」「歳月」「花神」など、司馬遼太郎の作品を読んでいて気付きました。
「この作品に一番魅力を感じないのは、主人公だ!」と。こんなことを言うとほかの方に怒られるかもしれませんが、自分はそう思いました。
どうも司馬氏のこの作品で変に竜馬を持ち上げる書かれ方が何となく気に食わないのです。作家が凄いすごいと持ち上げ、周りの登場人物も「あいつは凄い奴」と皆同じことを言うので正直読んでいて「そうかな?」と変な感想を抱いてしまいました。いや、確かに彼は凄いし、かっこいい。だけど、何か足らん……。

つまり、自分は、氏の書く石田三成や江藤新平、大村益次郎みたいな人間として「欠点」に魅力を感じる才人に惚れていたのであって、竜馬はどことなく「欠点」も美点として描かれていて、どうも個人的には好きになれませんでした。なんだ
...続きを読む ›
2 コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック