竜舌蘭 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,699
通常配送無料 詳細
発売元: f-price
カートに入れる
¥ 2,699
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 2,700
通常配送無料 詳細
発売元: MAEMUKI SHOP
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,530MP3アルバムを購入

竜舌蘭

5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,146
価格: ¥ 2,699 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 447 (14%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、CDSBOOKが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の GO!GO!7188 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 竜舌蘭
  • +
  • 鬣(初回)
  • +
  • 魚磔
総額: ¥6,131
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2004/10/27)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 48 分
  • ASIN: B0002VL8IK
  • JAN: 4988006193703
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 39,231位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
3:37
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
3:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
5:49
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
3:13
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
4:56
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
3:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
4:45
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
2:58
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
3:47
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
4:26
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
3:29
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

オリジナル・アルバムとしては『鬣』以来1年8か月ぶり。4thアルバムは、GO! GO! 7188の原点を意識しつつも、スリーピース・ロック・バンドとしてグリッドの上がったロック・アルバムとなった。

Amazonレビュー

   苛立ちや不安、そして同時に勢い。それらを反映したギリギリに引き裂かれそうな音とメンタルを鳴らした『鬣』から1年8か月。自分が歌うことを体験したことで、逆にバンドでは寓話性を持つことができたアッコ、バンドサウンドとはまったく違う自由度とプロデュース力を開花させたユウ。2人のソロは明らかにこの新作に生かされている。しかも、対照的な2人だからこそ表現できることをGO!GO!の新章に求めたのだろう。ガレージロックと日本的なるものの融合という“らしさ”はそのままに、淡々とした中にも凄みを感じさせるミディアム・チューンや研ぎ澄まされたサウンド・プロダクツで、より大きなロックのダイナミズムと女性性を獲得した。怒れる少女の成長に向き合うべし。(石角友香)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
何度聴いても聴き足りないと思わせるほどの深さを誇る重量級
アルバム。こんなアルバムはそうそうない。
前作「鬣」は有り得ないほどのグルーヴ感と間口の広さをもった名盤
だったが、ここにはそんな間口の広さはない。代わりにあるのは
格段にアップした演奏力とアレンジ、歌詞の深さや全体に漂う切迫感
である。まずこの作品、ほとんどの詞が絶望的な状況を描いたところ
から始まっていて、そこから見た理想や希望が歌われている。
この作品からは彼らがこのバンドを続けていくことへの決意が感じられる。
前作という到達点を経て辿り着いた境地。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 momopink23 投稿日 2004/10/28
形式: CD
鬣以来、ゆう、あっこのソロ活動を経ての今回の作品、
印象としては今までにないほどバンドとしてのまとまりを
感じます。歌詞、曲、演奏テクすべてにおいて
成長したなと言う感じです。
特にあっこの歌詞が前回までとは表現方法が変わっていて
具体的な詩から抽象的な詩にかわったようにおもいます。
聴く人それぞれの捕らえ方ができそうな幅の広がった詞になってます。
ただ、前の未完成感のあるバンドサウンド、曲荒々しさ、
繊細で痛々しい攻撃的な詩、今までのGO!GO!らしさと感じていた部分が今回の作品では、丸みをおびた分減っているように感じます。
一皮むけたGO!GO!7188 今までにない予想外な方向性を感じました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
「ジェットにんぢん」「こいのうた」の頃のイメージがあったため、最初に聴いたときは驚いた。
今までどおりのポップでキャッチーな要素もありながら、ヘヴィ且つソリッドで緊迫した空気、演奏もうまくトータルで完成されていると思う。"カッコいい"アルバム。
これを聴いて違和感を感じる原因は、このアルバムでは上記のGO!GO!7188曲にあった、滲み出るような女の子っぽさ、ガールバンド(サブカル)っぽさ、拙さがなくなってしまっているからではないだろうか。
この喪失感を男性目線で例えるなら、子どもの頃優しくしてくれた近所のお姉さんが急に嫁いでいなくなってしまった感じというか、クラスで目立たないけど実は好きだった女の子と数年ぶりに再開したら、きれいになって婚約していた感じというような、好きな女の子が女性になってしまったときの身勝手な喪失感と、それが幻想だとわかっていてもおいてけぼりを食らったような孤独感といえると思う。そしてそれをしてしてることはバンドも理解していて、それゆえ最後の曲はバンドなりの優しさだと思った。プロデューサーの進言かもしれないが。
ただ、その"乗り越えた"曲がとてつもなくカッコいい。突出したシングル曲はないかもしれないが、どの曲もしっかり練られていて、アルバム単位でずっと聴ける。
この頃のヘヴィな方針で行けば、QUEENS OF
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
GOGOの王道ラインながらもカッコいいメロディで深みを増した「青い亀裂」、怪しげなイントロのギターメロディと平安調健在な歌メロに切れ味鋭いサビの「くのいち」、詞がなくともメロディだけで涙がこみあげる「初秋」、これからの徒競走のテーマにしたくなるような(笑)疾走感バツグンの「おとなのひみつ」・・・強烈にエッジの効いたかっこいい曲が揃った名作です!前作よりもストレートで、これから聞いてみたい人にもオススメです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
GO!GO!のアルバムの発売をこれほど長く待ったことはなかった。
待ちわびた12曲はどれもカラーが強く、いつものGO!GO!らしいサウンドもあれば、どこか脱したような垢抜けたような耳なじみのない新鮮なサウンドも。
ゆう、あっこのソロデビュー、それを意識させるようなサウンドでそれぞれの個性を更に感じられる一枚です。
歌詞カードはフルカラー。3人それぞれ別々のカメラマンによるイメージフォトもなかなかですが、あっこの写真は「あっこ」としてでなく「浜田亜紀子」としての写真ぽくとても繊細に仕上げられたもので、
GO!GO!のアルバムにつかう写真としては少しパンチのない気もします。
オススメ曲は、11曲目の「考え事」。
あっこ、ゆう、それぞれのソロパートがありコンビネーションが絶妙です。
二人ともがソロデビューして大きく成長したなーと実感できる曲だと感じました。
待ちに待った甲斐ある一枚です。これを聴いたらあとはライブへGO!ですね。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す