竜二 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

竜二 [DVD]

5つ星のうち 4.4 49件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,700
価格: ¥ 2,408 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 292 (11%)
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 2,408より 中古品の出品:8¥ 1,748より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 竜二 [DVD]
  • +
  • チ・ン・ピ・ラ  HDリマスター版 [DVD]
総額: ¥5,583
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 金子正次, 永島暎子, 北公次, 桜金造, もも
  • 監督: 川島透
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ショウゲート
  • 発売日 2006/06/23
  • 時間: 92 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 49件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002L4CO2
  • JAN: 4527427626454
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 12,774位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   それなりに顔を知られたヤクザの竜二(金子正次)は、ある日妻子のためにカタギになる決心をする。しかし、マイホームの平穏な暮らしは、やはり彼にとって物足りなくて…。
   スターになることを夢見て本作の脚本を記し(鈴木明夫名義)、念願の映画初主演を果たしつつも、作品完成直後にガンでこの世を去った伝説の映画人・金子正次の熱意に満ちた秀作。ヤクザとマイホームという一見不似合いな世界のマッチングは当時じつに新鮮で、その後のマイホーム・ヤクザ映画の台頭を予感させるものがあった。
   萩原健一の熱唱する主題歌『ららばい』がいつまでも耳に焼き付き、安住した世界に入られない男の哀しみを浮き彫りにしていく。監督の川島透はこれがデビュー作で、続いて金子脚本をもとにした『チ・ン・ピ・ラ』を監督した。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

妻と子のためヤクザ稼業から足を洗い堅気になった男の焦燥と葛藤をリアルに描いた作品。出演は金子正次、永島暎子ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 夜桜銀次 投稿日 2016/12/26
Amazonで購入
この映画の監督さんというか俳優さん
生きてたらもっと良い映画を製作してたと思う。
残念。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
昔のdvd.探していました。
アマゾンなら簡単に探せたのでよかったです。
作品自体、竜二は暴力がほとんど描かれていないのですが、当時のやくざ社会を繊細に描いていて美しいと思われるほどの出来映えです。自作映画とは思えませんでした。リメイクしてほしいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 HBK 投稿日 2009/4/18
Amazonで購入
旧友と飲んでる時、私が高校の卒業アルバムに「花の都に憧れて飛んで...」と使わせていただいた事が話題になり、懐かしく早速持っていたビデオを見ると、かなり劣化しておりDVDを購入しました。すべてのセリフにオリジナリティがあり、竜二が新宿を肩で風を切って歩く姿、背中を丸めて歩く姿、歩く描写だけでも素晴らしい。竜二の弱気で半端な気持ちも伝わってきます。この映画のカッコいい部分のいいとこ取りの長渕と比べるのもおこがましい。刹那さと本物の男の哀愁を感じることができます。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
昭和58(1983)年に製作された、金子正次の脚本・主演作。新宿でヤクザ稼業をしていた男が、足を洗って女房・子供と平和な暮らしを始めるが、その生活に馴染めないまま、再びヤクザの世界に戻ってしまうまでを描く。本作は自主製作映画だったが、異色のヤクザ映画として高く評価され、東映セントラル・フィルムの配給で10月29日から全国公開された。

本作は暴力シーンの無いヤクザ映画だ。街を肩で風切って歩きながら、欲得ずくの稼業に嫌気がさして、妻子と堅気の生活を始める竜二。だが平和な生活の中でも、彼の渇きは癒されない。結局彼は、妻子を放り出して再びヤクザの世界に舞い戻る。話としては実にシンプルなのだが、そこで描かれる小さなエピソードや心理描写の積み重ねが非常に丁寧で、半端なヤクザ者の気持ちに思わず感情移入してしまうのだ。

かつて苦楽をともにした友人が、シャブに溺れてどんどん堕落していく様子。シノギの無い不甲斐無さから、妻子と別れなければならなかった過去。どんなに良い女を抱いても、どれほど羽振りが良くなっても、失ったものを思うと彼の心は安まらない。組織の中で一目置かれる存在になっていても、彼はそこが自分の居場所ではないように感じ始めている。ヤクザから足を洗った先輩の店で、ついつい弱気な本音を吐きながら、竜二の中では堅気の生活への憧れが膨らんでいく。或る事件を
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
俺は50過ぎのオッサン。歳をとることで、俳優の演技を見るのではなく、シッカリ感情移入して、金子正次を竜二として観れる様になった。気が散らなくなったようだ。

へっ、情けねえなあ、映画なんか観て泣くんじゃねえよッ!!って、竜二にデカイ声で怒鳴られそうだ。

ララバイ

その無邪気な 澄んだ瞳
夢見ている 幼い子
元気でいるかい 友達いるかい
せめてお前に マイベイビーララバイ
離れてみりゃ 不思議なものよ
逢いたくて気が滅入る

オモチャあるかい 泣いたりするかい
せめてお前に マイベイビーララバイ
この世界の何処までも
駆けて行けるその足で
うらむもいいさ マイミステーク
怒るもいいさ マイベイビー 静かにお休み
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sachi823 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/10/2
金子正次さんが死期が迫ることを感じながら 渾身の演技を示していて、
それは演技力や作品としての完成度への評価を超え、
見る人間の心に迫るものがあります。
悲壮感はなく、場面場面を楽しんでいするようにも 感じられます。
素人っぽさがリアルな雰囲気をつくり共感を得た めずらしい作品かと思います。
劇中の極道にも堅気にもなりきれない 不良中年の悲哀は
同じような状況にある 人の心をとらえるでしょう。
見る人の置かれている状況や立場によって 名作にも
駄作にもなる特別な作品のように感じます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「こんな日本映画ってあったんだ!」というのが正直な感想。
上映後、間も無く亡くなった金子正次氏が主演・脚本。その金子氏の演技が、何かこう、ガラスのような繊細さで、その壊れそうな演技を心配してしまう、そんな不思議な錯覚をした。
制作費も全然かけられなかった自主映画に近いものだが、結局は映画は金だけじゃなくて脚本・演技・的確な絵作り・音楽という総合的なバランスで決まるのかなと。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す