通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
竜の柩(1) (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯無し】天部分に汚れがややありますが、その他に使用感は少なく概ね良好な状態です。●Amazon専用在庫 ●全品簡易クリーニング済 ●防水ビニール包装発送 ●通常ポスト投函、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり) ●付属品はある場合にのみその旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ●シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ●Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ●コンディション記載と著しく違う際は返金・交換対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

竜の柩(1) (講談社文庫) 文庫 – 2006/7/15

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 823
¥ 823 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 竜の柩(1) (講談社文庫)
  • +
  • 竜の柩(3) (講談社文庫)
  • +
  • 竜の柩(5) (講談社文庫)
総額: ¥2,447
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

高橋伝奇の最高傑作
伝説を解体し、神の真実に迫る
津軽・信濃・出雲…… 九鬼虹人の旅が始まる

龍神伝説を追うために津軽、信濃、出雲と列島縦断して調査を進める九鬼虹人(くきこうじん)たちアクト・ナインのメンバー。『古事記』『日本書紀』や風土記に残る寓話や神話を読み解く九鬼は、独自の論理的考察で、仮説を実証し真実に辿り着く。龍=ロケット、神=エイリアン。著者にしか辿り着けない圧倒的スケールの傑作。

内容(「BOOK」データベースより)

龍神伝説を追うために津軽、信濃、出雲と列島縦断して調査を進める九鬼虹人たちアクト・ナインのメンバー。『古事記』『日本書紀』や風土記に残る寓話や神話を読み解く九鬼は、独自の論理的考察で、仮説を実証し真実に辿り着く。龍=ロケット、神=エイリアン。著者にしか辿り着けない圧倒的スケールの傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 496ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/7/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062754649
  • ISBN-13: 978-4062754644
  • 発売日: 2006/7/15
  • 梱包サイズ: 14.6 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,588位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
簡単に説明すれば「ドラゴンボール」です!
神様(ナメック星人)とかトランクスの未来への帰還のくだり(多世界解釈)とかその辺のところが。

とにかく主人公(作者)が滅茶苦茶、神話、古文書、歴史書、などなどに色眼鏡をせず読み漁ってくれてあるので、虹人さん(主人公)の発言を、東さんたち(登場人物)と一緒になって、ほーほーと聞いてるかんじです。

しかも冒険活劇です。
殴り合い、銃乱射、あげくはUFOで重力バトルです。
しかも相手が人間だけじゃない!
しかもみんな強い!(虹人さん以外)

これを読んでると「まさか月がね〜」と夜空の月見てぼんやりしてしまいます。
そして富士山を見ると、「まさかあそこにね〜」とぼんやりしてしまいます。
ホームズ本の表紙を見ると、「まさかこの人にこんな趣味がね〜」とぼんやりします。
そしてお地蔵様を見ると「まさかこれがね〜」とにやにやしてしまいます。

私は5巻の帰還したところあたりがちょっと、他の巻に比べてもたもたした感じがしましたが、
続きが読みたい欲は全く減りませんでした。
中毒性があるくらい面白かった。

神話好き、歴史好き、超常現象好き、バトル系好き、文学好き、探偵モノ好き、
いずれかひとつに当てはまるならば、是非是非おすすめしまっす。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
古代史を謎解きしながら、龍の正体を暴いていくストーリにはびっくりしました。
そして、何よりも龍をロケットに結び付けていくというところでは小説ではありますが、
納得性がありました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この小説は”竜について”語っているのではなく”竜の正体について”語っているので、”竜という幻想生物について”のファンタジー的な興味で読むのはお奨めしません。

”竜の正体”という考え方はつまり、竜はファンタジーの中に出てくるような形では実在しない、という主張でもあるわけですから。

また上にある「出版社からの内容紹介」からもわかる通り、語られるその竜の正体というのは「龍=ロケット 神=エイリアン」という荒唐無稽なもの。残念ながら主人公でありこの説の提唱者である九鬼虹人の語る情況証拠は、オカルト好きでない読者を納得させられるようなものではありません。

ですからオカルト好きの方は普通に読んで楽しみ、そうではないがオカルトアレルギーでもないという方は、トンデモ本やMMRを読んでいるつもりで笑いながら読むのがいいと思います。もちろんオカルトアレルギーの人は絶対に読まない方がいいでしょう。

とは言えベストセラー作家さんだけあって、キャラクターは立っているしキャラ同士のやり取りも味があって面白いと思います。

そして何度も出てくるアクションシーンや知略謀略を駆使した対決も読みどころの一つ。プロとプロの裏のかきあいがかなり読ませます。

また、日本神話を含めた各国様々な神話
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
特に期待もせず、人に薦められるまま読み始めたのですが、あっという間にこの世界に引き込まれてしまいました。

現代科学や歴史からはありえないはずの日本古代史ですが、むしろそれが「本当はそうだったに違いない!」と信じられるほどに、現代に残された文献・史跡・逸話を筆者ならではの深い洞察力と独創的な視点で読み解き、仮説の裏付けにしています。歴史とUFO、宇宙人に少しでも興味を持った経験のある人はハマるのではないでしょうか?

2系統の神社、ピラミッド、ロケット、UFO、宇宙人が登場するこの歴史仮説は信憑性100%ではないにせよ、0%とは言い切れないもうひとつの日本古代史だと思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「フォースカインド」という映画を観て感動した方には超おすすめ。

これを読むとさらなる感染に見舞われます。

娯楽小説として一級品です。

作者の歴史物も好きですが、本書は異質の感動を与えてくれます。

内容の信憑性?
SF小説としてご覧なさればよろし。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
古事記に登場する神々をわかりやすく紐解いてかつ大胆に書き下ろしている作品です。
最初の方は難しい内容が続きますが気が付けば高橋ワールドに引き込まれています。
長編小説で、すばらしい完成度だと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー