通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
突破論。 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【通常24時間以内に発送】コンディションに不備があった場合は返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

突破論。 単行本 – 2010/4/16

5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 突破論。
  • +
  • 察知力 (幻冬舎新書)
  • +
  • 夢をかなえるサッカーノート
総額: ¥3,854
ポイントの合計: 60pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



フィギュアスケートLife Vol.9
羽生結弦 限界への挑戦ほか、「ユーリ!!! on ICE」特集も >> 今すぐチェック

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2010/4/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584132275
  • ISBN-13: 978-4584132272
  • 発売日: 2010/4/16
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 543,684位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
サッカー選手の自伝本はたくさん出ていますが、気になってはいるもののなかなか丸々読む気にならなくて避けていました。そういう意味で、私にとってこの本はうってつけでした。ひとり10ページ程度ですが、選手たちの半生が分かります。
今度は、1冊読んでみようかしら、と思いました。読みやすいので、オススメです。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 よーいち 投稿日 2010/5/1
形式: 単行本
今、第一線で活躍しているサッカー選手(その多くが現代表クラス)たちも多くの壁を乗り越えて現在の名声を得ているというのが、本人たちの言葉でうまく語られている。

これからサッカー選手を目指す学生や、悩みを抱える新社会人が読むといいのではないか。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2007年1月〜2009年8月の間に就職情報フリーペーパー"job aidem"に掲載された28名のサッカー選手のインタビュー記事をまとめたもの。
主に日本代表や候補として選出された選手を取り上げており、現在、海外で活躍している長友や内田、李も入れば、日本代表に選出されることもなく現在の所属がポンと出てこない選手もいる。
なにより、昨年急逝した松田直樹のインタビューが納められていて、「いつか指導者になりたい」と書かれているのに胸が詰まる。

仕事情報誌ということもあって、「サッカーという仕事」について各々が自身の経験を元に答えているのが興味深いが、全体的に端折りすぎでもったいなぁと思う。
おそらく掲載した記事をそのまま書籍にしたというものだろうけど、半分の数で良いからもう少し突っ込んだインタビューであれば良いものになったのに。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
28人の現役サッカー選手による自伝ですね。一人10ページぐらいの分量ですね。あんまり言葉に深さがなかったけれど、それなりに自分の言葉で書かれてあったと思う。誰がいちばんよかったというものはないが、みんなそれなりに考えた言葉であることには変わらない。要点をまとめると次の2点について書いてあるのかな。部活動でがんばっている学生に勧めたいね。

当たり前のことを当たり前に書かれたものが多かったが、実際にそのことを全てできるのかというとそういうわけではないような気がするね。当たり前のことをしっかりやることはすごく大切だ。基本を大切にするとか周りの人に感謝するといったことかな。

人は逆境や壁に直面したときに成長するチャンスがつかめる。苦しいことを切り抜けることこそチャンスが生まれる。楽なところに安住したらいけないね。目標設定の大切さであり、高いレベルを体験するということであろうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告