中古品
¥680
& 配送料無料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 SheepSHOP
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 送料無料。全体的に良い状態です。簡易クリーニング済み。中古品に伴う多少の傷、よれ、色焼けがあります。【発送について】ご注文確定後、丁寧に梱包の上1~2日以内に発送致します。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


突然ですが、宮古島に行ってきます!―トライアスロン200キロへの挑戦 (日本語) 単行本 – 2001/4/1

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥680
¥263
お届け日: 8月10日 - 14日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

戦中の銀座に生まれ、日本橋で育った著者は、子どものころから力道山みたいな強い人間に憧れた。だから…。「そうだ、トライアスロンに出よう!」50代半ばに突然思いついた新たな挑戦は、自分探しの旅でもあった。俳優峰岸徹が語るもう一つの青春。

内容(「MARC」データベースより)

俳優・峰岸徹が、50代半ばにしてトライアスロンに挑戦。全日本トライアスロン宮古島大会で、200.195kmを完走するまでの記録。そして、泳ぎ、走りながら思い出し、考えたこと。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2009年6月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入