この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

突入せよ!「あさま山荘」事件 [DVD]

5つ星のうち 3.4 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 3,455より 中古品の出品:3¥ 1,243より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 役所広司, 宇崎竜童, 篠原涼子
  • 監督: 原田眞人
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Limited Edition, Widescreen
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アスミック・エース
  • 発売日 2006/10/20
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000IU39WS
  • JAN: 4988126204181
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 105,533位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

72年に日本全土を震撼させた実話を元に『金融腐蝕列島呪縛』の原田眞人監督が役所広司を主演に描いた社会派アクションが低価格で登場。“[期間限定特価]日本映画 今だけ 30%OFF”。

内容(「Oricon」データベースより)

日本映画選りすぐりのベストセラー作品が廉価版で登場!1972年、日本中を揺るがした凶悪事件“あさま山荘事件”を「金融腐蝕列島 呪縛」の原田眞人監督が映画化。役所広司、宇崎竜童、篠原涼子ほか出演。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

トップカスタマーレビュー

佐々淳行(役所広司)は ヨーロッパのテロリスト対策について
帰ってきたばかりだった。
後藤田長官(藤田まこと)に呼ばれ 佐々淳行は その担当として
軽井沢に派遣されることに。
物語は 佐々淳行の原作をベースに描かれているので、
警察内部での 縄張り争い、そして、警察の中の面子
警視庁と長野県警の対立が浮き彫りになっている。
警察側の事情しか書かれていないので、見終わった後
あさま山荘事件とは何か という点では 一方的な物語であると感じた。
事件の全貌が明らかになっているので、もっと、描き方があったのだろう。
長野県警の立場、犯人たちの立場がスポイルされている
強行突入するまでの 指揮系統のみだれ。
そして、強行突入の際の混乱など、リアルに描かれている。
人質の確保、犯人の生け捕り、銃を使わないという制約のなかで
どう行動するかが問われた。
後藤田長官のすっきりした方針と 現場の混乱ということが明らかな中で
佐々淳行のおかれた環境で最善を尽くすリーダーシップを発揮する姿
を描こうとしている。
どうも 肉体系の発想のような気がする。
それに 高い目線でみた長野県警の間抜けさが描かれすぎている。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
本編の素晴らしさは言うまでもありませんが、当時現場でこの事件の指揮をとった
原作者の佐々淳行さんのコメンタリーがおまけで入ってます。

このコメンタリーを聞きながら本編を見ると、各場面の裏話や
当時の時代背景、赤軍の動向や、警察の赤軍対策の詳細、
警視庁と長野県警の内輪もめの原因、マスコミ対策
機動隊員の苦労等、現場の状況を詳しく解説してくれ、
本編の面白さが10倍増しになります!!

購入されて、まだコメンタリーを聞いてない方は、是非聞いてみてください!
っていうか、本作の特筆すべき価値はこのコメンタリーにあります。
お勧めです!!

特に感動したのが、長野県警の若い機動隊員が人質の主人に対して

「俺が奥さん助けてやるから」

と言った場面で、佐々さんがコメント。

「これ本当に言ったんです。で、彼が本当に奥さん助けたんですよ!」

いや感動しました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
 「あさま山荘」事件が起こったのは小学校に入る直前だったが、いつも、どのチャンネルをつけても山荘が中継されていたことははっきりと記憶している。連合赤軍の何たるかなど知るはずもなく、「悪い人」が人質を取って立てこもったくらいの認識しかなかったものの、事件の重大さは当時のテレビを見る家人の様子からもうかがえた。しかし、この作品を見て、事件の細部については全く知らなかったことに気づかされた。いまでこそ警察機構の内部の軋轢なども多くの人が理解するところだが、当時の人はどれだけこの事件の困難さを理解していたのだろう。過剰な演出は期待できるはずもなく、役所広司の演技のみによるところは大きいが、事件の記憶がある人には「なるほど」とうならせるところがある作品。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
〜内容〜
1972年に実際に起きた「あさま山荘事件」を元に、警察側の視点で描かれた、
一部フィクションを含むノンフィクション作品。

〜レビュー〜
意外と言うと失礼だが面白い!
元が事実の事件なので緊迫した
シーンの連続を想像していたが
、意外と笑えるシーンも多い。
人間ドラマもあり、緊迫感もあ
り、再現映像の要素もあり、娯
楽性もある不思議な作品。
邦画特有の「敵の心情描写」を
省いているのも好感がもてる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
役所にはずれなし (もう一度戦後を考えてみるきっかけになりました)

 「あさま山荘」という事件は、連合赤軍が一つの時代の終焉の象徴させた事件だと思っていましたが、最近でも北朝鮮関連のニュースでよど号乗っ取り犯人などが取り沙汰されますが、この事件はただ単なる昔の事件では無く、今でもあの時代を日本は引きずっているんじゃないかと思いました。

 警察・公安の装備、訓練、ノウハウの不足は今から見ると隔世の感ある意味奇異ですが、人命を徹底して大事にする空気があの時代にはまだあったと思います。戦争の記憶を残す人もまだまだ多数派だった時代に、あれだけ人命尊重を優先させたのは、ある意味まだ日本人が社会に甘い幻想を持っていたからだと思いました。

 さて、映画についてですが「面白い」です。本当に最近の日本映画は面白くなりましたし、役所広司ははずすことはありませんね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。softbanksony asony z5xperia performancexperia z5ドコモ スマホ

関連商品を探す