通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫) 文庫 – 2009/9/15

5つ星のうち 4.7 240件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 745
¥ 745 ¥ 56

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)
  • +
  • 空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)
  • +
  • 鉄の骨 (講談社文庫)
総額: ¥2,430
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



雑誌100円OFFキャンペーン
期間限定でファッション誌など対象の雑誌が100円OFF!9/30(金)23:59まで 対象一覧 へ

商品の説明

内容紹介

その事故は事件だった!直木賞候補の話題作
トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。原因は「整備不良」なのか、それとも……。圧倒的エンターテインメント巨編!

内容(「BOOK」データベースより)

走行中のトレーラーのタイヤが外れて歩行者の母子を直撃した。ホープ自動車が出した「運送会社の整備不良」の結論に納得できない運送会社社長の赤松徳郎。真相を追及する赤松の前を塞ぐ大企業の論理。家族も周囲から孤立し、会社の経営も危機的状況下、絶望しかけた赤松に記者・榎本が驚愕の事実をもたらす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 480ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/9/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062764520
  • ISBN-13: 978-4062764520
  • 発売日: 2009/9/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 240件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,233位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
星を10個つけたいくらいの最高評価の本です。単行本が発刊された時にタイトルからして面白いに違いないと思っていましたが、待望の文庫版が発刊されてすぐに買いました。内容は期待を全く裏切らないものでした。ご存じのとおり三菱自動車のリコール隠し事件を題材にしたものですが、三菱グループという超大財閥企業と中小企業の運送会社との闘争という構図になっています。本書は直木賞と吉川英治賞の候補にあがった本ですが、もしかしたら三菱グループから圧力があったことで受賞できなかったのではないかとさえ疑わさせるほどリアリティがあります。筆者は人の命よりも社内的な保身のほうが重要な大企業の体質を痛烈に批判しており、大企業内で常識が世間の非常識となっていることにも言及しています。一例として出版社にも対しても広告費の削減を盾に報道をコントロールする実態なども明かされています。実際に本書もテレビドラマ化されていますが自動車業界からCMが取れなくなる可能性があるため地上波放送ではなくWOWOWでの放送でしか放映でえきなかった事実があります。それくらいショッキングな内容であることは確かです。ここ数年間に読んだ本の中で間違いなくベスト3に入る本です。
コメント 289人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
下町ロケットを読んでその興奮さめやらぬうちに購入した本書。期待以上の内容で下町ロケットより面白かったです。
というのも本書のほうが大企業の内幕がより鮮明に描かれており、下っ端ではありますがそれなりに大きな企業に勤めてる身としては「いるいる、こういう人」と納得するところが多かったからです。
読んでいて思ったのが、事故の原因をつくった当事者意識が薄く、プライドばかり高くて責任感や危機感がなく保身に夢中な会社は、モデルとなったグループだけでなく某電力会社も同じなんだろうなということ。
ホープ自動車が最初のリコールのあと品質管理の責任者を狩野としているように、臭いものには蓋をしろ的な考えの会社は、本来摘発・是正を進めるべき管理責任者に隠ぺいを得意とする真逆の人間を起用することが多い気がします。(大した経験ないんですが・・)
今現実に起きている事故において、このようなことがないよう祈ります。
他にも本書は、サラリーマンなら絶対に遭遇したくない「自社のコンプラ違反にきづいたらどうするか?」という問題を読者に突きつけてきます。
セルフコンプラ研修だと思って真剣に考てみるのもよいかと思います。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
とりあえず、1時間だけ読んで、明日も・・・読もう。と思って、読み始めたら、大間違い。止まらない。特に、最初の章にやられた。最初の2ページ目で泣いて、読めなかったが、大泣きして、いいやとおもい、2冊を7時間の一気よんだ。みんなの評価以上の本だと思う。今、自分は社内でつらい立場だからなのかもしれないが、いろいろと共感して、元気になりました。
池井戸先生に感謝します。おそらく、人生の書になるかも。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
圧倒的な筆力で書かれたフィクション(ノンフィクション?)企業小説。もしくは中小企業社長ハードボイルド小説と言うのがふさわしいのでしょうか。
財閥系大企業に整備不良という無実の罪を着せられる中小運送会社社長ですが、同時に学校においてもPTA会長として、子供のいじめと今風に言うモンスターペア
ントと闘う事になります。まさに四面楚歌、会社存亡の危機を、信念に基づいて切り開いていくその精神力、それを信じて支える家族、社員達、支援の手を差し伸べる
運送会社社長と新規取引銀行。これほど主人公を応援しながら手に汗握って読める小説はなかなかありません。
そして感動のラストでは、人として絶対に守らなくてはいけない物を気づかせてくれます。仕事をしてる人全員に読んで欲しい本です。
今回も池井戸潤は直木賞を受賞できなかったが、これを読んだら「なぜ?」とどうしても疑問に思えてしまいます。
スポンサーの関係でTV関係者は黙殺する作品でしょうが(小説中でも出版社が記事を潰されますが)、そういう社会を変だと気づかせてくれ人間の生き方を問う作品
としてもっと売れてもいいと思います。こういう本にこそ賞を与えないで何が文学賞なのだろうか。
コメント 167人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ノンフィクションではない、とはいうものの、実際にあった事件が頭に浮かんで、リアルな面白さにドキドキしました。がんばってもがんばっても苦境に陥る主人公は、小さな運送会社の社長。その家族や取引先、銀行、他社の経営者たち、社員たちのありようの多様さが、1冊の本の中で、複雑で重厚な面白さを構築しています。その複雑さの中で一本ぴーんと通る筋が、主人公の生真面目さ。汗と涙まみれで、どんくさいような生真面目さの、これが何と美しいこと! 主人公たちの戦いは、そのまま「生真面目さ」対「不真面目さ」、「正直」対「嘘」、「信頼」対「不信」。主人公たちを心から応援し、ドキドキハラハラして、最後に快哉を叫ぶ心地よさ。文句なしにお勧め。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック