空軍大戦略 [Blu-ray] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,500
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: WEB SHOP GOOD THING!
カートに入れる
¥ 1,793
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Prime Center
カートに入れる
¥ 1,980
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Express Ami 名古屋本店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

空軍大戦略 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.4 22件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 1,500 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,071 (42%)
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、バラエティショップ 東京セレクト【当日お急ぎ便・各種お支払い対応】【在庫確約】【安心返金保証】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 1,444より 中古品の出品:6¥ 1,299より

この商品には新しいモデルがあります:

空軍大戦略 [Blu-ray]
¥ 982
発売予定日は2017年8月2日です。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 空軍大戦略 [Blu-ray]
  • +
  • 遠すぎた橋 [Blu-ray]
  • +
  • 史上最大の作戦 [Blu-ray]
総額: ¥4,550
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: サー・ローレンス・オリビエ, マイケル・ケイン, クリストファー・プラマー, クルト・ユルゲンス
  • 監督: ガイ・ハミルトン
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2010/07/23
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 22件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003QUCXSS
  • JAN: 4988142801821
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 31,909位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ブルーレイディスクで新登場。
ヒトラーの英国本土侵略を阻止した、決死の空中戦!

<キャスト&スタッフ>
H・C・T・ダウディング…サー・ローレンス・オリビエ(中村 正)
キャンフィールド…マイケル・ケイン(若本紀昭)
ハーベイ…クリストファー・プラマー(日高吾郎)
リヒター男爵…クルト・ユルゲンス(上田敏也)

監督:ガイ・ハミルトン
製作:ハリー・サルツマン/S・ベンジャミン・フィズ
脚本:ジェームズ・ケナウェイ/ウィルフレッド・グレートレックス

●字幕翻訳:森本 務 ●吹替翻訳:木原たけし

<ストーリー>
1940年夏、ヒトラーとチャーチルの交渉は決裂。ドイツは英国に激しい爆撃を開始した。2500機のナチ・ドイツ空軍に対し、英国戦闘部隊はわずか600機。大敗必至かに見えた英国軍は決死の巻き返しを図るが……。

<ポイント>
★1080p HDの超高画質ハイビジョン映像
★ピュアなデジタルサウンドを体現するロスレス・オーディオ
★本編を観ながら操作ができるポップアップ・メニュー
●第二次世界大戦の運命を決した英独の空中攻防戦を「007/ゴールドフィンガー」他、007シリーズのガイ・ハミルトンが超豪華キャストを配し、空前のスケールで描いた超大作。
●英のスピッド・ファイヤー、ハリケーン、独のメッサーシュミットのドッグファイトが全編の3分の2を占める迫力!
●最新鋭機では味わえない、まさに肉弾戦といえる迫力!
●日本語吹替音声計約119分収録。
※現存するテレビ放送当時のものをそのまま収録しております。そのため一部吹替の音源がない部分はオリジナル音声(字幕スーパー付)となっております。

<特典>
●予告編集

内容(「Oricon」データベースより)

第二次世界大戦の運命を決した、ヒトラーの英国本土侵略を阻止するために行われたドイツとの決死の空中戦を舞台に、ガイ・ハミルトンが超豪華キャストとともに壮大なスケールで描いた大作。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
古典的な作品ですが、航空決戦を描いた映像作品ではナンバーワンですね。実機を用いた空撮は、現在の発達目覚しいCG映像を寄せ付けない迫力です。戦闘機が編隊離陸や編隊飛行から散開する場面、爆撃機と肉薄するシーンなどは「いまだかつてなく、これからもありえない」ホンモノのリアルがありました。撃墜シーンや急降下爆撃などに用いられたラジコンも空撮と見分けがつかないほどうまく撮れています。レシプロ時代の航空戦闘に興味がある方は必見です。

お値段控えめ!何かのお買い物のときに合わせて買っちゃえば気にならないランチプライス。お勧めします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 レビュータイトルにあるように、DVD盤を持っていました。そちらの特典ディスクには、ハインケルHe111は撮影当時にスペイン空軍が配備していたものを撮影用にドイツ空軍の塗装を施し、実際にフライトしたものという事で、操縦席の内部など、ミリタリーファンには、美味しい画面が出てきます。英国空軍はスピットファイアやハリケーン(実際に飛行できる機体はすくなかったようです)を、ドイツ空軍はメッサーシュミットを前面に出しています。エンジンを比較すれば、「ロールスロイス」対「ダイムラーベンツ」の戦いです。
 また急降下爆撃機スツーカはフライトできる機体が無く、大型のラジコン飛行機を使用したとの事。その割に、言われなければ判らないような良い撮影です。また、英国基地を爆撃され、爆破・炎上する機体はベニアで制作したもの、との事。それを承知しながらブルーレイ盤で見なおしてみても、上記のような点は全く気になりません。
 この映画は、飛行機(特に軍用機)ファンなら楽しめる作品です。逆に、ストーリーを追っても「感動」するような映画ではありません。私は飛行機ファンなので、充分堪能しました。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
第二次世界大戦における空戦を描いた作品としては文句なく最高の作品であるし、今後これに匹敵されるものが出てくるのはほぼ不可能であろう。イギリス人の凝り症が見事というほどに良い方向に生きかされており、実機の雰囲気や塗装に至るまで当時を忠実に再現している。もっともエンジンを換装されて、サメの様な顔付きのBf109がフグみたいになっているのはやや興ざめとしても、M4やM41がドイツ機甲師団主力戦車として堂々と走り回っていた(笑)当時の戦争映画にあって、よくもまあこれだけ飛行可能な当時の実機を集めてきたものだと感心する。イギリス人の誇りであるスピットファイアも機銃を8-10丁積んでいた多機銃タイプを再現する凝りようなど「そこまでやるか!」の世界である。そして空戦シーンも実によく考え練られた画作りがなされていて、長丁場を飽きさせない。一応主人公らしき人物はいるが、全体としてはRAFとルフトバッフェのぶつかり合いで一貫しており、この手の映画に必ず登場する絶対的エースという者はいない。第一次世界大戦の騎士道溢れる空戦と違って、この時代の空戦はもはや国力と国力のぶつかり合いなのだという事実もきちんと描かれている。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 caracol 投稿日 2017/2/1
もう本当に大好きな映画で、観返すほどに味が出ます。

オープニングのマーチを筆頭とした豪華絢爛な音楽とは裏腹に、
敵味方双方に訪れる過酷な現実…娯楽として見れば
こんな退屈な映画もないです。なにしろラスボスはいないし、
誰が勝ったのかもはっきりしない。感動的な大勝利もない。

けれどバトル・オブ・ブリテンに興味を持つ人間にしてみれば
こんな面白い映画はない。
英独の命運を賭けたまさに「死闘」が眼前に繰り広げられるんですから。

驚くべきは再現性で、空中を編隊機動する実物の戦闘機や
爆撃機の言葉にできない美しさもさることながら、当時のレーダー施設や
目視の監視所、戦略的な空戦を行う様が実に事細かに描かれていて、
何気ない一言にも必死で戦う英国の姿や、戦闘機パイロットの
実情など、興味は尽きません。
バトル・オブ・ブリテンに関する本を読んで、ローレンス・オリビエ演ずる
ダウディング将軍の苦悩がありありと分かりました。

極めつけはラストの待機所にたむろしているパイロットたち。
自分たちが勝ったのも知らないで待ち尽くす…まさに本物の「勝敗」を
描いた瞬間。
そしてテロップ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー