通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
空白を満たしなさい がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

空白を満たしなさい 単行本(ソフトカバー) – 2012/11/27

5つ星のうち 3.9 54件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 139
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 空白を満たしなさい
  • +
  • 私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)
  • +
  • ドーン (講談社文庫)
総額: ¥3,473
ポイントの合計: 105pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

ある日、勤務先の会社の会議室で目覚めた土屋徹生は、自分が3年前に死亡したことを知らされる。死因は「自殺」。しかし、愛する妻と幼い息子に恵まれ、新商品の開発に情熱を注いでいた当時の自分に自殺する理由など考えられない。じつは自分は殺されたのではないか。とすれば犯人は誰なのか、そして目的は? 記憶から失われた自らの死の謎を追求していく徹生が、やがてたどりついた真相とは・・・? ミステリー仕立てのストーリーを通し、自殺者3万人を超える現代の生と死、そして幸福の意味を問う傑作長編小説!講談社現代新書『私とは何か 「個人」から「分人」へ』と併せて現代のテーマに向き合う注目作。モーニング連載の話題作。

内容(「BOOK」データベースより)

世界各地で、死んだ人間がよみがえる「復生者」のニュースが報じられていた。生き返った彼らを、家族は、職場は、受け入れるのか。土屋徹生は36歳。3年前に自殺したサラリーマン、復生者の一人だ。自分は、なぜ死んだのか?自らの死の理由を追い求める中で、彼は人が生きる意味、死んでいく意味を知る―。私たちは、ひとりでは決してない。新たな死生観を描いて感動を呼ぶ傑作長編小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 498ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062180324
  • ISBN-13: 978-4062180320
  • 発売日: 2012/11/27
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 54件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 88,768位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
死人が生き返る小説の設定です。
物語は「分人」という考え方、自殺の問題、自分が生きて存在する意味や幸せってなんだろう、
というようなテーマです。

ただ冷静にかんがえると、死人が生き返ってこの程度済むはずは無く、宗教もちろん社会や経済、
科学、人間の営み全ての大前提と科学法則を完全に覆す事態になるはずが、
物語はあくまで個人としての問題の域をでません。
分人や自殺の問題も確かに大きな問題ですが、生き返りの方が100倍ヤバい問題です。
生き返り部分の説明不足に違和感を感じました。これではSFというかファンタジーのようです。

それでも本作は素晴らしい小説だと思います。
家族との関係を修復していく過程の描写はすばらしく胸を打ちます。
支え合ってやり直そうとする家族の姿、助け合う仲間こそ本当に大事なことだと感じまし、
大変説得力があるものでした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
平野啓一郎を初読了。
デビュー作から難解なワーディングでならした作者の著作だが、これは読み切れた。
普段近づかないようにしがちな「死」というテーマとじっくり向き合えただけでも収穫。
主人公と同姓・同世代の男性30代なら、より深く物語を堪能できそうです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 triton 投稿日 2017/2/20
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「分人」の概念をyoutubeで拝見して、さらに知りたくてこの本を手に取りました。

読みやすい文体で書かれており、はらはらしながら読みきりましたが、それにしても長い!余計なエピソードも多すぎぃ!

「ドーン」でも感じましたが、詰め込みすぎではありませんでしょうか?あれも入れたいこれも入れたいってそういう書き方?

「分人についての議論をしたいならエッセイか他でやればいい」、という意見がありますが、私はその部分を特に読んでみたかったので気になりませんでしたが。

(以下ネタばれあり)

それより、佐伯の自殺はどんな必要があるのでしょうか?また、佐伯の思わせぶりな台詞も!

佐伯がふっかける悪魔的な議論は、非常によく書けていたので佐伯をもっと丁寧に回収してほしかったです

また千佳の両親との不和、木下のビジネス、もうお腹いっぱいT0T。

自殺の真相を解明して終われば十分すばらしい作品でしたのに・・・。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 根無し草 投稿日 2013/3/1
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
読み応えと読了感はありました。
ただ、作者の観念が前面に出過ぎで居心地が悪かった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
平野啓一郎作品に共通することかもしれないがストーリー展開が遅くて途中でだれる。
最後まで我慢して読まないといけないという作品はエンターテイメントとしていかがでしょうか。どうでもいい描写が多い。それともこれは純文学ということで高尚なのでOKとか?
作品のテーマはとても興味深いだけに読み通せないことが残念でしかたない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
中盤、やけにダレた。

出だしと終わりはすごい。涙が流れたシーンもあった。
自殺の理由を自殺者が考えるという思考実験は面白い。
分人というコンセプトも理解できる。

ただ、それが自殺理由にはなり得ないと、私は思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
新作を発表するたびに、この人、いろいろ趣向を凝らして、主題との距離感というか、主題を提示するアングルの持たせ方を変えてきたんだけど、今回の小説におけるそうしたプロポーションはこれまでの作品の変遷に較べてかなりラジカルな変貌を遂げている。
なんというか最初からストーリーを推進するアクセルが全開なんだよ。
ここ数年、著者が取り組んできた「分人主義」、そして存在論的な問いかけを、かなりエンタメ性の高いリーダビリティでぐんぐんぴっぱっていく。
死んだはずの人間が生き返る。それが世界中でおき、社会現象として世を席巻する。世間は彼らのことを「複生者」と呼び、社会復帰や生活支援の方策を巡って議論が交わされる。その議論はときに複生者に勇気を与え、ときに複生者を傷つける。
物語の設定自体は現実離れしているけど、妙にリアリティがあるのは「複生者」を、いまこの国で社会的に阻害されている人、例えば「犯罪者」だとかに置き換えてみると、実はそうした「異物」の排除に精力的胎動をあらわにする(それはおうおうに無意識レベルで起こるのだけど)現実社会の在り方となんら変わらなかったりする。
そういう意味でとても今日的で社会派的な小説ともいえる。奥が深いよ、この著者は。
そうした堅牢なストーリーの軸に寄り添うようにして、わたしは、われわれは何者か、そして本当の自
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー