通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
空気の検閲 大日本帝国の表現規制 (光文社新書) がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【初版、帯あり】漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、他社の値札シール、細かい傷や日焼け等がある場合がございます。特典や付属品はメールにて問い合わせ下さい。ゆうメールで配送できる商品はゆうメールです。ゆうメールで配送できない商品は宅急便にて配送させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


空気の検閲 大日本帝国の表現規制 (光文社新書) 新書 – 2018/3/15

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 950
¥ 950 ¥ 474

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 空気の検閲 大日本帝国の表現規制 (光文社新書)
  • +
  • 大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争 (幻冬舎新書)
  • +
  • ふしぎな君が代 (幻冬舎新書)
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 27pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

【繰り返される 忖度の歴史 その源を探る】

◎内容紹介

絶対悪の代名詞「検閲」。しかしその実態は?
ブラック労働的なその現場、エロ本評論家と化す検閲官、検閲官とマスコミの驚くべき一体ぶり、
植民地における検閲の実情、検閲の対象となるメディアの広がり、官僚的セクショナリズムによる検閲の暴走、
法外の手段を用いた非正規の検閲と、忖度による自主規制、世間との共振……。
1928年~1945年のエロ・グロ・ナンセンスから日中戦争・太平洋戦争時代まで、
大日本帝国期の資料を丹念に追いながら、一言では言い尽くすことのできない、摩訶不思議な検閲の世界に迫っていく。

◎目次

はじめに

第一部 検閲の動揺

第一章 エロ・グロ・ナンセンス対検閲官(一九二八〜一九三一年)
検閲官は淫本の評論家?/
検閲官は「閲覧地獄」で神経衰弱/
伏字をめぐる検閲官と編集者の駆け引き/
検閲体制を裏から支えた便宜処分/etc.

第二章 世間と共振する検閲(一九三二〜一九三六年)
ミリとテロの時代へ/
検閲体制を支えた記事差止の効果/
日米戦争の小説は「戦争誘発」扱い/
「世間が動かされるから動かざるを得ない」/etc.

第二部 広がる検閲網

第三章 植民地の独立運動を抑圧せよ(台湾、朝鮮)
内地より厳しかった植民地の検閲/
台湾の検閲官、熱心に淫本を筆写する/
ガンジーやネルーの反英運動は「民族自決を高調」/
痕跡を残さない植民地の検閲/etc.

第四章 聴く検閲、観る検閲(脚本、映画、放送、レコード)
谷崎潤一郎が描いた「検閲官」 /
逓信省の縄張りだった放送検閲/
レコード検閲係はたった二名/
素人評論家による「高度な検閲」 /etc.

第三部 戦争と検閲

第五章 日中戦争と忖度の活用(一九三七〜一九四一年)
記事指導・内面指導の拡大へ/
不利益を被った地方紙・業界紙/
セクショナリズムの横行/
情報局の発足と内務省検閲課の誕生/etc.

第六章 太平洋戦争と軍部の介入(一九四一〜一九四五年)
ポジとしての大本営発表/
帝国日本の検閲体制とは何だったのか/
正規の検閲と非正規の検閲/
来たるべき「システムの検閲」?/etc.

あとがき
主要参考文献

◎著者プロフィール
辻田真佐憲(つじたまさのり)
1984 年大阪府生まれ。作家、近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院文学研究科中退。
2012年より文筆専業となり、政治と文化芸術の関係を中心に、広く執筆活動を続けている。
単著に『文部省の研究』(文春新書)、『大本営発表』『ふしぎな君が代』『日本の軍歌』(以上、幻冬舎新書)、
『たのしいプロパガンダ』(イースト新書Q)、『愛国とレコード』(えにし書房)などがある。
また監修に『日本の軍歌アーカイブス』(ビクターエンタテインメント)、『出征兵士を送る歌 これが軍歌だ! 』(キングレコード)、
『満洲帝国ビジュアル大全』(洋泉社)などがある。

内容(「BOOK」データベースより)

ブラック労働的なその現場、エロ本評論家と化す検閲官、検閲官とマスコミの驚くべき一体ぶり、植民地における検閲の実情、検閲の対象となるメディアの広がり、官僚的セクショナリズムによる検閲の暴走、法外の手段を用いた非正規の検閲と、忖度による自主規制、世間との共振…。絶対悪の代名詞「検閲」。しかしその実態は?繰り返される忖度の歴史、その源を探る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 312ページ
  • 出版社: 光文社 (2018/3/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334043445
  • ISBN-13: 978-4334043445
  • 発売日: 2018/3/15
  • 梱包サイズ: 17.4 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 62,246位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

9件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.4

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

9件中1 - 8件目のレビューを表示

ベスト1000レビュアー
2018年3月31日
形式: 新書Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年5月6日
形式: 新書
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月12日
形式: 新書
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2018年8月23日
形式: 新書
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年7月28日
形式: 新書
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2018年3月19日
形式: 新書
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年1月12日
形式: 新書