通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
空気の底―The best 16 stories ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

空気の底―The best 16 stories by Osamu Tezuka (秋田文庫) 文庫 – 1995/7

5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 627
¥ 627 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 空気の底―The best 16 stories by Osamu Tezuka (秋田文庫)
  • +
  • 時計仕掛けのりんご―The best 5 stories by Osamu Tezuka (秋田文庫)
  • +
  • 鉄の旋律―The best 3 stories by Osamu Tezuka (秋田文庫)
総額: ¥1,573
ポイントの合計: 140pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

巨匠・手塚の戦慄の短編集! ヤングアダルトになったみんなへ。


登録情報

  • 文庫: 331ページ
  • 出版社: 秋田書店 (1995/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 425317132X
  • ISBN-13: 978-4253171328
  • 発売日: 1995/07
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 139,998位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
1968年から70年まで、「プレイコミック」誌に連載された、巨匠・手塚の戦慄の短編集。1話20ページ前後の短編で、読者に衝撃を与える意外なラストで、時にはSF風に、時にはオカルト風に、時にはトワイライトゾーン風に人生の皮肉や人間の赤裸々な姿を描き、16話ともに鳥肌が立つような読後感を与えるところがたまらない。手塚のSF、映画、小説などへの傾倒が伺われる各エピソードの舞台の広さにも目を見張る。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/3/6
形式: 文庫
数々の傑作を生み出しておられる手塚先生ですが、これも凄いです。
短編のオムニバスになっています。
O・ヘンリーのどんでん返しを彷彿させる巧妙なオチがついていますし、星新一の醒めたファンタジーに似た読後感があります。
16の物語がありますが、主人公は元ナチス捕虜収容所将校、ベトナム戦争に参戦したアメリカ軍中隊長、おかしな趣味を持つ資産30億の独身若社長、脱獄囚など様々です。
手塚先生自身が登場する物語も2話あります。
いずれも大人向けの余韻を味わうような作風です。
ストーリーテラー・手塚治虫が味わえる絶好の文庫本だと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/10/27
形式: 文庫
この作品は16話からなるオムニバスで、どことなく「世にも奇妙な物語」を思わせるような展開が魅力的です。最終話の「ふたりは空気の底で」は暗いながらも16話の中でもっとも美しい話だと思いました。何もかも崩壊した世界での二人の主人公達の純粋な愛は汚れのないものであり、ラストシーンのジョーのセリフには胸を打たれました。一度は読むべき作品だと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「空気の底」シリーズは、手塚ヤング・アダルト短編の最高傑作である。
特に好きなのは、「猫の血」。
手塚と動物というのは、とても相性が良いのだが、本作もまた、その一途な思いが胸を打つ。
ラストの猫の姿には、目頭が熱くなった。
これだけ一途に思われたら、鬱陶しいと思うかもしれない。
でも、幸せであろう。
この猫が、とても愛おしい。

その他のにも佳作が多い。
「ジョー〜」のラストも、悲劇であるのだが、感動的だ。
手塚ヒューマニズムの典型である。
「グランドメサ〜」もまたヒューマニズム、「そこに穴〜」の意外性、「ロバンナ」の恐怖、そして「二人は〜」の絶望感。

なんと言って良いのだろうか。
言葉が見つからないほど、綺羅星のような短編群である。
手塚は長編が良い、と思っているひと、短編は作者が片手間に書いたと思っているひとは、手に取って見てほしい。
特に「ブラック・ジャック」ファンには、そのヤング・アダルト版ともいえる作品である。

「野郎と断崖」もいい作品だ。
このヒューマニズムはやはり手塚独特のものだし、これが分かるひとにとっては、手塚はまさに神様である。
この主役は丸首ブーンであるが、悪人が次第に良心に目覚めるという、まるで「大洪水時代」のアセチレン・ランプのようだ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
読んだ後の煮え切らない感がたまりません。
3年以上前に購入しましたが、未だ消化不良です。

社会人になり、漫画は
ほとんど処分してしまいましたが、
これは残してあります。

個人的な感想ではございますが、
生命とは何か、生きるとは何かということを
問いただしてくれる作品です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kulkb VINE メンバー 投稿日 2014/8/30
形式: 文庫 Amazonで購入
暗くて怖くてうんざりするようなバッドエンドばかりです。
とても悲しい気持ちになります。
しかし、そうした暗くて救いの無い話の中にも一縷のロマンがあるようです。
恐ろしい死もあれば因果応報の死もあり、必然としてのあるべき死も描かれています。
生命を完全に失うことが死なのか、自分の人生が大きく変化することが死なのか。
様々なケースが1冊に詰まっているので豪華ですし、読んでからしばらくして何度か読み返してしまいます。

もし、こういった作品集について少しでも語り合えたり、共感できる友人がいるとしたら、その人は幸せだと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー