Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 56の割引 (9%)

(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[かわぐちかいじ, 惠谷治]の空母いぶき(6) (ビッグコミックス)
Kindle App Ad

空母いぶき(6) (ビッグコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.7 48件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 空母いぶき(ビッグコミックス)の6の第6巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 398

紙の本の長さ: 200ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

与那国・多良間島の
武力奪還作戦「はやぶさ」始動!!
しかし中国軍の想定外の対応により、
上陸した特殊作戦群が損耗してゆく・・・!!!
状況を打開すべく、
「いぶき」艦長・秋津が装備投下作戦を立案!!!
その作戦は、撃墜される確率が極めて高く・・・!!?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 56023 KB
  • 紙の本の長さ: 198 ページ
  • 出版社: 小学館 (2017/2/28)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06X9MSZR6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
日中間の問題が分かり易く表現されています。この様な紛争が起こらない事をのぞみます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
沈黙の艦隊などで知られる「かわぐちかいじ」氏の作品。某テレビ局でコメンテーターの学者先生が漫画で読むならこの作品と推薦していたので購入して、読むというより眺めてみました。私はこの作品を架空戦記と嗤ってばかりもいられないと思いました。この物語では先ず尖閣諸島に中国の武装魚民が遭難を装って上陸。尖閣諸島は中国領だから、遭難者は中国の海軍で助けると軍艦を出してきます。そこは自衛隊がヘリを出し、偽装漁民を救助。身柄をいったん日本側で拘束して中国側に返すことで、中国領との既成事実化をさせませんでした。ところが、しばらくして与那国島のレーダーサイトが攻撃され、中国人民解放軍が上陸。多良間島とともに3000人の島民が人質となり、現地自衛隊は投降する。同じ時期、尖閣諸島にもホバークラフトで人民解放軍が上陸。あっという間に占領されてしまう。日本国政府は就航したばかりの航空母艦・いぶきを、島民救出と領土奪回のために現地に派遣。いぶきの艦長は海上自衛隊からではなく虚空自衛隊のエースパイロットだった秋津一佐を抜擢する。航空母艦の館長は空軍のパイロットを選出するのは英米では常識であるとさらりとふれてあり、かわぐちかいじ氏は軍事情勢や国際公法や各国の憲法などを相当、勉強されていると改めて思いました。ただ、我が国の現実はこの作品でかわぐち氏が示されているシュミレーションよりかなり厳しいでしょう。空母いぶきは原子...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
かわぐちかいじ氏は若い頃に『アクター』や『沈黙の艦隊』、『獣のように』など、今でも記憶に鮮明な作品群を発表され、こちらも単行本を買い求めては読み込んだ。フィクションだから何処に嘘や虚構の部分はあるが、在りし日のかわぐちかいじ氏は現実界とあからさまな非現実をきちんと描き分けて、エンターテイメントであることをこちらも弁えた上で楽しむことが出来た。この作品については、その重要な肝の部分が曖昧というか、あまりに直近の時事問題と被るために、現実と非現実の境界をこちらがきちん読み取らなければ、政策決定レベルでの外交関係の実際というものを誤解しかねない危うさを孕んでいる。今の官邸における為政者の政策レベルでの意思決定がこのストーリーと同じ水準でなされているとしたら、という仮定のもとで読んでいると、尚更に。一部の軍事マニアや嫌中派には、実際の兵器運用を誤解した描写や、交戦下という非常事態時とは思えない自衛隊のあり方にストレスの溜まるストーリー展開が続くが、所詮はエンターテイメントとして割り切ることが肝要で、現実に朝鮮半島の現状を鑑みれば、北と国境線を接する中国の最優先課題は半島の親米統一国家化の可能性を排除することであり、そのためには傀儡政権を樹立することも厭わないだろう。その際に日米露の承認と経済的協力を習近平が要請することは明らかで、 この作品から日中間有事を喧喧諤諤するのは飛躍に過ぎる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tandt 投稿日 2017/3/27
形式: コミック Amazonで購入
日中の近未来を見るようで怖いですね(^^;)反面有能な自衛隊に期待します
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
かわぐちかいじワールド感満載の作品です。今現在の領土問題にマッチしているので、大変興味深い内容です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この物語は現在自衛隊に引き渡し予定の「かが」にスキージャンプ台など空母としての機能を備えた架空の空母「いぶき」が中華人民共和国に日本国の離島を占拠された場合の戦闘を書いたものです。
今回は地上戦が殆どです。所々に一応中国側の戦闘ヘリと自衛隊側のF35の空戦はありますが、それ以外は戦闘らしい戦闘は無いといっていいでしょう。最後に命がけの物資投下作戦があり、そこは個人的にかなり良かったです。
当たり前ですがついに自衛隊側に地上戦で複数人の被害が出て、これは開戦止む無しだろうと思っていました。ですが、開戦はせず、変わらず”国際法に違反している”の一点のみで島からの撤収を呼びかけ続けます。
国民の命とそれを守る自衛隊の命、どちらかを守る事に優先順位はあります。ですがどちらかの命が奪われたなら戦争をしてでも日本人の命を守るのは国として当然で無ければいけないと思います。そうでなければまだ生きている日本国民が危険にさらされてしまいます。この一点において、戦争をしないという”勇気”と”臆病さ”が垣間見えたのではないかと思います。
また、情報公開を北朝鮮の不審船の時のように映像を付けて行う場面でマスコミ側が「これは政府によって編集加工されたもの」と言い自分達で情報を集める場面がありますが、実際に流されたら日本国民はどちらを信用するのでしょうね?漫画の中の世界の
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover