Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 563

¥ 63の割引 (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[諸星 悠]の空戦魔導士候補生の教官1 (富士見ファンタジア文庫)
Kindle App Ad

空戦魔導士候補生の教官1 (富士見ファンタジア文庫) Kindle版

5つ星のうち 2.8 32件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 空戦魔導士候補生の教官(富士見ファンタジア文庫)の12の第1巻

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 563
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626 ¥ 1
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ



商品の説明

内容紹介

人類が大地から離れ、魔甲蟲という畏怖と戦う世界。「特務小隊の裏切り者」と蔑まれる学園の嫌われ者・カナタは、連戦連敗のE601小隊の教官に任命される。そこには一癖も二癖もありそうな3名の少女がいて……?

内容(「BOOK」データベースより)

“魔甲蟲”という脅威によって地上を奪われ、天空の浮遊都市に人類が住まう世界。人類は魔力をもって“魔甲蟲”に対抗するウィザード―空戦魔導士を生み出していた。空戦魔導士育成機関である学園浮遊都市“ミストガン”に通うカナタ・エイジは、“黒の剣聖”の称号を得たS128特務小隊のエリートエース。しかしいまでは「特務小隊の裏切り者」と蔑まれる嫌われ者で…。そんなカナタが、ある日連戦連敗のE601小隊の教官に任命される。小隊には一癖ありそうな3名の少女がいて―?裏切り者と落ちこぼれ少女たちの快進撃が、いま始まる!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 7652 KB
  • 紙の本の長さ: 191 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 富士見書房 (2013/7/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00FMI33L8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 52,190位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
酷いレベルの小説でした
アニメ化でタイトルを知ったので、久しぶりに富士見ファンタジア文庫を買いましが、正直ここまで酷いとは思いませんでした。

誤字脱字は当たり前、文章が非常に読みにくい
主人公がテンプレ過ぎる いわゆる「そろそろ本気を出すか」系です
世界観は悪くないです
ストーリーは中二病の妄想レベル(学校にテロリストが~)です

なんだか最強主人公と女の子のパンツを出しとけば良いという感じです
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
散々書かれていますが、とにかく誤字脱字が酷いです。 例えば、冒頭でロイド(主人公の同級生)が主人公を探しにくるのですが、その同級生が途中でユーリ(主人公の後輩)に入れ替わっています。 地の文章も作文みたいで、小説を読んでいるというよりも感想文を読んでる感じです。 内容以前の問題ですね。
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
編集と作家のプロ意識を疑うレベルで誤字脱字が酷い。
特に編集はもうちょっと仕事してやってください。
内容も面白く無い。
面白くないというか、主に描写の稚拙さが目立つ。
主人公に変な隠された力なんてものを付けずに、良くある教官物にすれば良かったんじゃないかと思う。
まぁやった所で描写の稚拙さが致命傷レベルですが。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
辛口です。
-

変な日本語とぎこちない会話のオンパレードでとにかく読みづらい。
ストーリーはテンプレ垂れ流しで退屈。
魅力のないキャラクター。
滑りまくりの厨二技名、厨二台詞。
主人公がボキャ貧すぎて苦痛。

大賞受賞作と聞いて期待していたが、他ラノベと比べてもレベルが低すぎる。

読後に受賞寸評見たが全く同意できない。
主人公の掘り下げがしっかりしてる? 高い筆力を感じる? 斬新?
私の手元にある作品は受賞時から改悪されたものなのだろうか。

あとがきの作者はやる気に満ち溢れていて好感が持てるが
もう買うことはないだろう。

※公式HPで試し読みできるようなので、興味ある人は
 そちらで確認してみてはいかがでしょうか(13/7/24現在)
コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
作者がGIANT KILLINGのファンなのかキャラ設定・セリフ等にGIANT KILLINGとの類似点が多い作品ですが、作者の力量不足のためか設定を活かせてないところやセリフを自分の言葉にできずGIANT KILLINGからそのまま引用している点などが多く残念な作品でした。
ありきたりな英雄物ではなく、次代の英雄を育てる教官視点の物語として部下の成長・強くなる絆・戦略戦術によるサポート等々を期待していたのですが、実際は困ったときは主人公頼み、主人公は監督兼エースで4番といったありがちな俺TUEEE・敵YOEEE作品になっていて残念だった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
まず、製品として無視しがたいレベルの日本語の間違いのスルーがあり品質として話にならない。ここまでの低レベルの書籍を出版物としてリリースしたKADOKAWAは恥を知れというレベルである。 描写そのものも弱く、単に既存の小説の剽窃にしか見えない。この辺は著者の力量の圧倒的な不足が原因だがそれをそのままリリースするのはKADOKAWAそのものの劣化を物語るように思う。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
舞台設定や人物設定などはニーズを捉えていて良いと思う。
けど作者さんがそれを存分にいかしきれてないと感じた。
女の子がたくさん登場するわりにラブコメ要素はほとんどなく、主人公が力を隠している割に所謂“無双”シーンでのエクスタシーはあまり感じない。
おまけに文章もちょっとちぐはぐ。
あと主人公がちょっと捉えどころのないというか、あまりにヘンテコすぎて感情移入できない感じ。
2巻ではもうちょっとできるんじゃないかなと応援しています。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 記緑 投稿日 2013/8/18
形式: 文庫
読み始めて一番最初にひっかかったのが

地の文(説明書き)に「〜長身痩躯のアホ毛の少年を〜」とか普通に書いちゃってる所。

ちなみに知らない人のために説明すると「アホ毛」とは、キャラクターの絵的デザインの特徴で
「リンゴのへた」みたいな一房はねた髪の事です。

一般的な名称でない言葉は、本来ならこういう説明を入れるか、あるいは何となく察する事ができるように
キャラクターの会話で工夫すべき所なのに、そういうのが全くない。

あとは、全く可愛いと思えない理不尽系瞬間沸騰ツンヒロイン。

小型ナイフで人間をひと呑みにできる巨大な敵をバラバラにするとか(刃物のリーチ的にありえん)、
高速飛行ですれ違いながら敵を刻んで倒すとか(風圧どうなってんだ?)
ほぼ何も考えて無いであろう戦闘描写。

9割の一般人は魔物に殺された人の記憶も存在も忘れ去るという無駄設定(普通なら政府陰謀説や捏造説が出て手に負えなくなる)

突っ込みどころは満載です
読んでて疲れた
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover