¥ 2,800 + ¥ 350 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: ☆FUKUHARA☆

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

空想旅行(トラヴェリング・ファンシー)

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,880
価格: ¥ 2,800
OFF: ¥ 80 (3%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆FUKUHARA☆ が販売、発送します。
新品の出品:3¥ 2,800より 中古品の出品:9¥ 601より
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ドン・グルーシン ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2004/4/7)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: 日本クラウン
  • 収録時間: 62 分
  • ASIN: B0001DD14I
  • JAN: 4988007203494
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 552,773位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. オール・ブルース
  2. 枯葉
  3. トラベリング・ファンシー
  4. 星影のステラ
  5. いつか王子様が
  6. ロード・ハウス
  7. カリビアン・サン
  8. トランクィル・ウォーターズ ~ マイ・ロマンス
  9. ドス・ラドス
  10. バーモントの月
  11. 虹の彼方に
  12. いつか王子様が (リプライズ)

商品の説明

Amazonレビュー

   2003年に誕生した新レーベル、フローレリアから登場したドン・グルーシンのトリオ・アルバム。ドン・グルーシンというと、どうしてもジャズ・ピアニストというより、キーボード奏者/アレンジャー/プロデューサーとしての印象のほうが強い。ところが本作は、ベースとドラムスを伴ったオーソドックスなトリオ作品。1995年に『ソロ・ピアノ』を録音しているドンだが、アコースティックなジャズ・トリオ作品なんて、これがはじめてのことだ。しかも「星影のステラ」とか「マイ・ロマンス」とか、超有名スタンダードを演奏しているのである。といっても、その演奏はありきたりではなく。さすがアレンジャーだと思わせる斬新なスタイルでプレイしている。

   最初の「オール・ブルース」はマイルスの演奏で知られるモード・ジャズの代表曲だが、ドン・グルーシンの手にかかると、途端にハッピーな曲に変身するからビックリ。「枯葉」はメロディを崩して弾く軽快な演奏、「虹の彼方に」もスウィンギーな演奏。といった具合に、意外性が楽しい。(市川正二)

メディア掲載レビューほか

ピアニスト、ドン・グルーシン率いるトリオによる2003年録音盤。スタンダード曲を中心に収録。`空想旅行`をコンセプトに制作された作品。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ドン・グルーシンのピアノトリオによるアルバムという事で購入しましたが、なかなか素晴らしい内容です。

メンバーは以下の通り。
Don Grusin(p)
Stan Gilbert(b)
Bill Berg(ds)

憶測ですが、通常のレコーディングではなく、せーの!でトリオ演奏をそのままレコーディングしているかもしれません(かなりの臨場感です)

(Autumn Leaves)は有名なスタンダードですが、ドンらしいピアノが気持ち良く、お馴染みの枯葉が違った感じです。

スタンダードの(Stella by starlight)やディズニーで有名な(Some Day my Prince will come)などはドンらしい明るいアレンジですごく聴きやすいです。

ドンのオリジナル(Dos Lados)はアルバム1オシのナンバーで、独特なドラムにドンのピアノソロのテンションが上がり、素晴らしいです。

(Somewhere Over the Rainbow)はとにかくアレンジがファンタスティックで、繰り返し聴きたくなります。

★一つマイナスはドンのオクターヴによるユニゾンのフレーズやメロディが多すぎで、たまに入れるから
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告