数量:1
空想ルンバ がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 Art disc union
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【商品状態】帯付き。ケース・ジャケット共に、目立った外傷もなく、綺麗な状態です。盤面良好。■当商品は防水、商品のコンディション保持のためプチプチで梱包して発送致します。■特に記載がない場合、帯、初回特典などは付属しません。■発送方法は「ゆうメール」になります。配送日、及び、時間指定は出来ません。また、郵便追跡も出来ませんのでご了承下さい。■平日夕方以降、土日祝はすべての対応をお休みさせて頂きます。■品質不備があった場合は、誠意を持って返金対応致します。ただし、お客様都合による返品に関しましては、送料を差し引いた金額のご返金となります。■AM9時までのご注文は、基本的には当日発送致しますが、土日祝、当店休業日(お盆、お正月など)はこの限りではありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

空想ルンバ Single, Maxi

5つ星のうち 5.0 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,234
価格: ¥ 1,110 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 124 (10%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

メールマガジン購読:アニメ関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、アニメ関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら


Amazon の おーつきけんじとエマニエル5 ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 空想ルンバ
  • +
  • 人として軸がぶれている
  • +
  • 林檎もぎれビーム!
総額: ¥3,283
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2008/1/23)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Single, Maxi
  • レーベル: KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M)
  • 収録時間: 18 分
  • ASIN: B000ZZFYXI
  • EAN: 4988003349592
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 114,647位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 空想ルンバ(大槻ケンヂと絶望少女達)
  2. 恋路ロマネスク(絶望少女達)
  3. 空想ルンバ(歌無し)
  4. 恋路ロマネスク(歌無し)

商品の説明

TVアニメ「俗・さよなら絶望先生」のオープニング主題歌〝空想ルンバ〟とサブ・エンディング主題歌〝恋路ロマネスク〟を収録。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
14
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(14)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
嗚呼、何と素晴らしい詩なのでしょうか「空想ルンバ」。

作詞をしたご本人は意識していないかも知れませんが、オーバーでも何でもなく、この詩には社会病理学と心理学のエッセンスが詰まっていて、さらにそこに大槻さんの悲しみを感じ取る繊細さと人間回復への想いがしみ込んでいるのです。

しかもそれは凡百の歌にあるような一元的で薄っぺらいものではなく、人間の心は「星や花が輝く」と同時に「獣がひそむ」混沌であることを受け入れた上で(どちらか片方しか扱っていない歌の何と多いことか!)、それでいて「食らいつけ」と叱咤する深奥なものなのです。

この曲を聴いて、わたくし、不覚にも少し泣いてしまいました。

「さまよいふらつきながら生きていて、端から見ればダンスに見える」と歌われた後、最後に「踊ろうよ、『本当の』ルンバ」。

目に涙がにじみました。「本当の」で、じわっときました。値札的評価重視の現代社会では「踊らされる」ことはあっても「微笑み軽やかに」「本当の」踊りを踊るということは実に難しいことです。一対一の恋愛にまで値札が付けられることが多い世の中です。

「人に値段があるなら、誰が決めるのか。僕も決めようか」ときて「君の価値さえも決めかねて、わからなくて…」。
...続きを読む ›
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
『俗・さよなら絶望先生』のオープニングテーマとサブエンディングテーマを収録した全4曲。
前回のオープニングは激しさで闇や人の心の叫びがまさに「絶望先生」を表したテーマソングだった。
今回の主題歌の「空想ルンバ」は逆にわきあがる主張を静かなロックテイストで歌い上げ、
その中でタイトルの「ルンバ」という単語を歌詞として連発して歌われているのが特徴的な曲。
また、「私と踊ってもらえませんか?」「いえいえアナタじゃ踊れませんわ」というように大槻ケンヂと女性ボーカルとの掛け合いが軽快なリズムに乗ってさりげなく歌われている所にもセンスを感じた。

この『空想ルンバ』は大槻ケンヂにしてはかなり繊細に歌われているのでとても耳に心地よく、だけどきっぱりとした主張を淡々と流し入れているので、そのセンスの良さにはさすがに聴いたあと震えるほど感動しました。
この曲は決して万人に向いていませんが、とてもしゃれているし今までに感じたことのない感覚と衝撃を受けるカッコ良さは十分あるのでぜひ聴いてもらいたい、オススメの逸品!
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
昨日、『俗・さよなら絶望先生』の第一話が放送され、
この『空想ルンバ』もめでたくお披露目となりました(OPムービーは一期の初期と同じ)。

聴いた感じでは、いきなり荒れ狂う重厚なヘビーロックサウンド。
大槻さんと絶望少女達によるクセになる『ルンバ』というキーワードにての合いの手。
絡みつくように脳内を駆け巡るピアノの旋律。
さまざまな音が耳から脳を駆け回り、まさに曲名どおり『空想』で『ルンバ』を踊っている感覚に陥ります。

カップリングの『恋路ロマネスク』はまさに歌謡ロック。
絶望少女達による甘美なる歌声が響く、昭和の香りがする切ない歌です。
それに合わせたか、ED画面は妙にカオスでしたw

なんとも濃い曲が揃ったこのシングル。購入に損はないと思います。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
「人として軸がぶれている」に続いて、ダメ人間達が心の底から共感し、後ろ向きな希望を抱く事ができる「うねり」を持った曲を、大槻ケンヂ氏は生み出してくれた。

「人として軸がぶれている」の続編と捉えることができる。
「軸ぶれ」が、ダメ男が一人居直りブレて波動を出してやると決意する、自己完結な思いであったのに対し、今回はよりアグレッシブに、軸のぶれた男が世間の奴等を見返してやる、と誓う、より屈折した内容。
元のタイトルは、「俺の値段を誰が決めた?」だったが、作曲担当のNARASAKI氏のアイディアで、現在のタイトルになったそうだ。
NARASAKI氏はそれ以外にも、歌詞に関しての提案を積極的に出しており、取り入れられていった。
一方、大槻氏もアニメを視聴し、世界観を知り、より作品の雰囲気を体現させることができたと語っている。

大槻ケンヂ氏の声は力強く、どこか情けなさがあり、可愛らしい絶望少女達の歌声と合わさり生まれる心地よさは「軸ぶれ」から変わらず受け継がれている。

さまよい、ふらつきながら、人生をどうにか生きている男の姿は、他人から見ればダンスを踊っているように、滑稽に見える。
一人で踊っているのは虚しいが、一緒に踊ってくれる人もいない。
世間の奴等は彼を見下し、
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック