通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
空は、今日も、青いか? がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 り.えこ書店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【非常に良い】ご検討ありがとうございます。良好品 全体としてきれいな状態です。※通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

空は、今日も、青いか? 単行本 – 2006/3/16

5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

階層社会、少子化、テロ、転職——時代の風がどんなに冷たくても、ぼくらは一度きりの「今」を生きるんだ。道に迷ったあなたに贈る、やさしく、力強いメッセージ。「R25」と日経夕刊の好評連載がまとめて読める!

内容(「BOOK」データベースより)

石田衣良、待望の初エッセイ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 223ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2006/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532165539
  • ISBN-13: 978-4532165536
  • 発売日: 2006/3/16
  • 梱包サイズ: 18.9 x 13.5 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 967,320位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
業は小説書きですが、最近はテレビのコメンテーターとしても活躍中の石田衣良氏。
テレビではさわやかな語り口で物事の本質をズバッと斬る姿が印象的ですが、
本書でもその手腕はいかんなく発揮されています。

<り返される毎日を一生懸命生きている人への応援や、現代社会のあり方への問題提起、
はてはエッセイのネタに詰まったときの小話までが書かれていて、飽きることがありません。
読むたびに励まされたり、胸を打たれたり、クスリと笑わされたりして、
ページを繰るのがひたすら楽しかったです。

ちなみに、個人的に強く印象に残った一編は「夢を捨てる勇気」です。
自分の身に当てはめると、色々身につまされる思いでした。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書に収録されたエッセイのほとんどが、「R25」(若者向けのフリーペーパー)か「日本経済新聞」夕刊のために書かれたものだ。そのせいだろうか、自分でお金を稼いで生活していくことの楽しさやしんどさについて書かれているものが多い。ただ、自由業を謳歌している作家のエッセイにありがちな、世の中をすねたようなところは微塵もなく、今どき珍しいほどの(いくぶん皮肉もあるが)若者に薦められる本になった。正直言って、著者と同世代の者としては、甘い、キザ、あざとい、と思わない部分もないことはなかった。が、やはり石田衣良のエッセイの旨さ、ただものではない。これは認めざるを得ない。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
石田衣良といえばI.W.G.Pの作者として、また直木賞作家として現在大活躍中の作家である。その石田衣良の初エッセイ集が本作である。

小説のような切れ味バツグンの文章に、面白いネタ。そして作品の裏ネタなど興味は尽きない。そして次へ次へとつい読み進めたくなる、魅力のある本である。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
石田衣良氏の初エッセイ。とてもいいです。

彼の人間味、暖かみ、そして若い世代に向けたエール。

1つのエッセイにつき3ページか4ページの大変短い(エッセイだから仕方ない)文章で書かれています。

経済についてだったり、少子高齢化についたりだったり。恋愛について、クラッシック、子供、趣味、人生……etc

どれも切れ味良くカッコイイ。一気に読んでしまった。

ファンとして嬉しいのは、IWGPを初めにする小話がたまに出てくる。スローグッドバイや1ポンドの悲しみの秘話などなど……。

とても楽しいエッセイでした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 有花 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/8/6
形式: 文庫 Amazonで購入
 石田さんのエッセイは、読みやすい語り口でありながら、決して平面な文章ではなく、ああそうだよね、そうそう、と納得させられる部分がたくさんあり、重すぎない説得力に満ちているところが好き。決して押し付けがましくはないけど、そうだよね、私も気持ちを切り替えてがんばろう!と思わせてくれる。

 以前、新聞のコラムで、歴史を作るのは一人のヒーローなんかではなく、毎日を一所懸命生きている普通の人々だ、という趣旨のことを書いてらしたのを見て、小説以外の作品にも興味を持ったのですが、まずなにより否定的でないところが好き。なにごとも、「○○はだめだ!」というような説教臭いことを書かれても面白くない。どんなことに対しても、石田さんなりに、共感はできなくても理解はしよう、という姿勢が見られるんですよね。あたまから相手を否定したりはしない。ボクはそういうことはしないけど、そういう人もいるよね、といった感じ。他者を認める姿勢は読んでいて好感が持てます。

 それから、「○○すべき」「○○しなきゃ」といった押し売りがない。こうしてみようよ、ぐらいの柔らかい感じ。こうやって、たくさんの人が頭を柔軟にして、人と自分の違いも認めて、少し気持ちにゆとりを持てるようになったら、もう少し生きやすい社会になるんでしょうか。

 読んだあとは爽快感、元気がもらえると思いますよ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mai+ 投稿日 2006/8/16
形式: 単行本
「きみはきみらしく、ゆっくりとすすむ。

 ただし、ひとりぼっちだと嘆きながらではなく。自分の速度で。」(本書より抜粋)

石田衣良の初エッセイ。フリペR25と日経夕刊のコラムをまとめたもの。R25は地方では手に入らないのでさみしいけれどこうやって本になってくれると嬉しいですね。大変な時代だけどクヨクヨせずに楽しく生きましょうと、悩める若者の背中を押してくれます*
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー