空の飛び方 がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

空の飛び方 Original recording remastered

5つ星のうち 4.8 37件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 2,548 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 23 (1%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで5%OFF対象 1 件

残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の スピッツ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • J-POPのCDとまとめ買いで、スマホへ直接CD音楽が取込める「CDレコ」「DVDミレル」が5%OFF。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 空の飛び方
  • +
  • ハチミツ
  • +
  • インディゴ地平線
総額: ¥6,700
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2002/10/16)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered
  • レーベル: ユニバーサルJ
  • 収録時間: 46 分
  • ASIN: B00006HBF2
  • EAN: 4988005312990
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 2,950位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:25
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
3:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
4:28
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
4:28
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
4:58
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
3:22
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
4:39
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
3:03
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
4:11
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
4:39
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
5:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

Amazonレビュー

   1994年発表の5th作品。前作に引き続き笹路正徳をプロデューサーに迎え、広く世に打って出ようとする意気込みのもと、改めてこのバンドの方向性を明確にしたようでもあり、多くが知る「スピッツ印」の懐かしくもポップなサウンドが確立されている。この翌年に発表される、シングル『ロビンソン』の爆発的なセールスにより、彼らの音楽に目覚めたユーザーがその音をフィード・バック、また<3>が2年後の1996年にテレビドラマ「白線流し」の主題歌になったこともありロング・セラーの逸品となった。(春野丸緒)

メディア掲載レビューほか

`SPITZ 2002 リマスターシリーズ`(全9タイトル)。1994年発表の通算5枚目のアルバムをリマスタリング&低価格にて再発売。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/9/1
形式: CD
迷わずに飲みほしたい珠玉の名曲集。
君の車でまたもや海に行きたくなるでしょう。
昨日よりも美しく染める終わりなき夢の世界へ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 北村 投稿日 2007/5/8
形式: CD
このアルバムは出だしの「たまご」 からユニークで、名曲が沢山入っています。
SPITZの代表曲「空も飛べるはず」、「スパイダー」、「青い車」等のシングルは申し分なく
「恋は夕暮れ」、「不死身のビーナス」、「ラズベリー」等のシングルでも通じそうなアルバム曲も。
全体像ではやはり空も飛べるはずが1番目立つ結果となります(多分)

でも何故か「青い車」が抜きん出ていいんです。
草野氏いわく「青い車がなかったら今のSPITZは無かった」と言う程。
イントロの不思議なメロディは「ロビンソン」を越えると思います。
聞いていて気持ちいいんですよね。爽快というか海岸沿いを車走らせながら聞いたら最高だとおもいます。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 「空も飛べるはず」が聴きたくて買った(いや、その頃既にスピッツファンだったので多分そうでなくても買った)のだが、実際には「空も飛べるはず」の影が霞んでしまうくらいの名曲揃いだった。捨て曲が無いのはいつもの事だが、取り分け今回はどの曲もシングルカット出来る位の出来栄えで流石に天晴れ。
 自分が特に好きなのは、「サンシャイン」「ラズベリー」で、綺麗な曲世界に引き込まれて行く。これらを筆頭に夏の始まりの季節に一人しみじみ聴いてみたい一枚で、季節を選んで是非スピッツの世界観に浸って欲しいと思う。
 P.S.この一枚で自分も空が飛べるようになりました(笑)。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ゆり 投稿日 2008/1/2
形式: CD
スピッツといえば、Mr.Childrenやサザンオールスターズなどと同じくらい知名度が高い。私も『チェリー』や『ロビンソン』などは聞いた事があったが、アルバムを購入したりという事は無かったのでこれを聞いたときは吃驚した。

『空も飛べるはず』など、メジャーな曲はもちろんの事、『サンシャイン』『たまご』『ラズベリー』など一つ一つの完成度が高いのが印象的だ。それぞれシングルでも売れるだろう。だいたいはA面の曲に手を込める場合が多いので、B面は中途半端だったり素人臭かったりすることが多いが、逆に世間一般受けを狙わないためにアーティストの個性がそのまま出るからだと思う。
そして特筆すべき所は、古びないところである。ジャケットは古く感じるが、収録曲は今でもオリコンに入れそうなくらい新しい。ビートルズやクイーンもそうなので、やはり良い曲は古びないんだなと思った。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gkdird 投稿日 2012/1/13
形式: CD
M1「たまご」からアルバムの世界に引き込まれます。

最初は代表曲の「空も飛べるはず」「ロビンソン」「チェリー」「スターゲイザー」
しか知らなかったんですが、アルバムとして聴くとまた違う魅力がたくさんありました。

M6「不死身のビーナス」は名曲です!

シングルの「スパイダー」「青い車」は素晴らしいです。
決してシングル曲でも浮くことなく、アルバムに溶け込んでいるのがすごいです。

音質はちょっと古めな感じですが、曲自体は17年以上前の曲とは思えません。

全ての曲に言えるのは、聴くとその曲の中の風景が頭の中に浮かんでくることです。
スピッツの魅力のひとつだと思います。

元気な曲も切ない曲も、柔らかくてとても聴きやすいです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
「不死身のビーナス」にあるフレーズ「最低の君を忘れない」…この詞が生まれたとき、草野氏は「やばい、いい歌詞作っちゃった」と思ったそうだ。この『空の飛び方』に収録されている作品はみんな「やばい」。何がと言えばやっぱり“歌詞のユニークさ・奥深さ”であろう。もちろん、今から見ればまだ稚拙な面は多々あるけれど、良いメロディー、良い演奏、安定したヴォーカルが大前提ではある。田村明浩氏、三輪徹也氏、崎山龍男氏の確かでゆるぎない実力がバックにあってこそ、ヴォーカル・草野マサムネ氏の声、アーティスト・草野正宗氏の感性が光るのだと思う。
しっかり聴きこもうという意気込みで聴いても、あるいはBGMとしてゆるゆる聴こうと思って聴いても、『空の飛び方』はそのときのリスナーの気持ちに合わせて鳴ってくれる。軽やかでふわふわしていながら奥深くて美しい、まるで“天使が落とした一枚の羽根”のようなこの作品は、きっとあなたを青空へといざなってくれるに違いない。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック