通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
空の境界 上 (講談社ノベルス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

空の境界 上 (講談社ノベルス) 新書 – 2004/6/8

5つ星のうち 3.8 208件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691 ¥ 1
新書, 2004/6/8
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 空の境界 上  (講談社ノベルス)
  • +
  • 空の境界 下 (講談社ノベルス)
  • +
  • 空の境界 未来福音 (星海社文庫)
総額: ¥3,080
ポイントの合計: 93pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



AKB48入山杏奈 ファースト写真集「美しい罪」
クールビューティなイメージが定着している彼女の新たな一面に注目! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

これぞ新伝綺ムーブメントの到来を告げる、傑作中の傑作!
解説:笠井 潔

2年間の昏睡から目覚めた少女・両儀式(りょうぎしき)が記憶喪失と引き換えに手に入れた、あらゆるモノの死を視ることのできる“直死の魔眼”。浮遊する幽霊の群れ。人の死を蒐集する螺旋建築……。この世の存在のすべてを“殺す”、式のナイフに映る数々の怪異。非日常の世界は、日常の世界と溶け合って存在している――。 ――あの伝説の同人小説の講談社ノベルス化が満を持して成就。“新伝綺”ムーブメントの到来を告げる傑作中の傑作がいま新生する!!

内容(「BOOK」データベースより)

二年間の昏睡から目覚めた少女・両儀式が記憶喪失と引き換えに手に入れた、あらゆるモノの死を視ることのできる“直死の魔眼”。浮遊する幽霊の群れ。人の死を蒐集する螺旋建築…。この世の存在のすべてを“殺す”、式のナイフに映る数々の怪異。非日常の世界は、日常の世界と溶け合って存在している―。―あの伝説の同人小説の講談社ノベルス化が満を持して成就。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 448ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/6/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061823612
  • ISBN-13: 978-4061823617
  • 発売日: 2004/6/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 208件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 188,194位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
読む人によっては最高の評価にもなり最低の評価にもなるでしょう
まず著者の作品には独特のクセがありますし、文章力もそれほど
上手いという訳でもありません、ただ著者の思考(狙い?)と見事に
マッチした方には最高の一品ではないでしょうか?
反面、日ごろから様々な本を読んでいる人や、文章力を気にする人、
基本的にこういったある種電波な思考についていけない人は
全く楽しめないと思います、ただこの本はあくまで過去の同人詩に
加筆修正を加えたものなので、現在の著者が一から練り直して作れば
それなりの作品が出来るのではないかと思います。
本職がゲームシナリオライターの著者も小説はゲームと違って
文章で全てを構成しなければならない、だから難しい、
というようなことを発言していました、だからこそ今後この著者が
どのような「小説」を書けるように成長するのか、
それが気になります
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「空の境界」、ボッコボコに叩かれている作品ですが、それほど酷い作品では無いと思います。
禅問答のような文章、各キャラクターの長ったらしい台詞等々。
那須さんの独特な文体は読みずらいかもしれません。
しかし、文章が物語として機能していないだとか、読んでも全く意味が無いとか…
こういった意見は、流石に極論だと思います。
月姫を信仰する美少女ゲーマニアの過度な期待と話題が
活字読書マニアに伝播したのがボッコボコに叩かれた要因でしょう。
彼らの信仰するもの自体が根本的に違うのですから。
(オタク的な物としてのプレミアか、高度な文体と良質な文章を望むかの違いです。)
まあ、百聞は一見にしかず…と言いますし、
興味があるならレビューを読み漁るよりも作品を一読することをお推めします。
学生さんなら、長い夏休みを利用して読むのも良いかと思います。
評価を下すのは他人の主観ではなく、貴方の主観です。
余談ですが、最後の笠井さんによる"素晴しい解説"。
あれは読まなくて結構です。
読みきる前に睡魔に襲われます。
コメント 172人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マリン 投稿日 2014/9/13
形式: 文庫 Amazonで購入
この小説はアクションではないです。戦闘シーンは格好いいですがあまりありません。設定が少々中二病っぽいですが、とても美しい作品だと思います。
少々文章が拙い所がありますが、世界観に引き込まれます。
主人公が可愛く、格好良く、美しい。こんなキャラクターはそうそう出会えません。万人受けはしないかもしれないけど、ハマる人はとことんハマる作品でしょう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Sepia 投稿日 2006/11/7
形式: 新書
小説としては読み辛い。

賛否両論の作品である事は間違いない。

多重構造型の書き方に圧倒される部分もあるが、読み難いと言う印象が強い。

魔術についての説明等も理解し辛い部分があり、理解力を要求される作品なので気力のある時に読む事をお勧めする。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/7/11
形式: 新書
確かによく言われるように、文章に癖はある。
だが読みづらいというわけではない。文章の巧拙など読み手によって百八十度評価が変わるので何とも言えないが、読みづらいと言っている人は極端な時系列の前後を指しているのではないか。
『何年前の作品だから』とか『同人誌だから』という理由で、安直に『文章は荒削りだが――』という評価を良く目にするが、これはこれで完成されているように思う。この作者の場合、しっかりとした文章が書ける上で、特徴を出すためにワザと(無理して)崩している感がある。少なくともこの作品がステレオタイプの文で書かれていたら、魅力の半分も伝わらなかったのではないだろうか。
台詞が長いという指摘もある。だが、あれだけ特徴的な世界観を説明するのに、一々短い台詞で区切っていたのではそちらの方が長くなってしまう。京極夏彦は言うに及ばず、普通のミステリだって長いものは本当に長い。
個人的に文章に関しては、全面的にとまではいかないまでも、充分合格点をあげられるものであると思う。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ストーリーや感想に関してはノベルスで相当書き込まれてますので割愛。
値段が文庫版という事で今までの奈須作品に比べて手頃なので未だに奈須作品知らないが、ちょっと読んでみるか的な人にはちょうど良い品。
表紙は当然武内氏の書き下ろしとなり、彩色にMORIYA氏が起用されています。原画はノベルスの上巻がポーズ、背景共にとても素晴らしいと思いますが、
これはこれで式が格好良い。それに僕はTYPE−MOONスタッフのグラフィッカーの中ではMORIYA氏の彩色が一番好みなので嬉しい限りですが。
そして今回文庫化にあたっての一番の見どころは何と言っても綾辻行人先生の解説でしょう。
奈須きのこ先生が綾辻先生に影響を受けたのは何かしらの関連雑誌などで知られてますが、その綾辻先生の奈須きのこ作品に対する解説、
これだけで買う価値ありです。しかも綾辻先生の解説はとにかく面白い。
まあこれは僕が綾辻先生の作品がとても面白いと思っているからかもしれませんが、ノベルスでの笠井潔先生の解説に比べて分かり易かったのは確かです。
笠井先生の解説は正直難しくて最後まで読めなかったです。
ノベルス持ってる人も気にいるかと思うのでこの解説は是非読んでみると良いでしょう。
しかしながら残りの(中)、(下)の解説には菊池先生、笠
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック