通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

空の中 (角川文庫) 文庫 – 2008/6/25

5つ星のうち 4.3 120件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 761
¥ 761 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 空の中 (角川文庫)
  • +
  • 海の底 (角川文庫)
  • +
  • 塩の街 (角川文庫)
総額: ¥2,242
ポイントの合計: 68pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残ったパイロットは調査のため高空へ飛ぶ。そこで彼らが出逢ったのは…? 全ての本読みが心躍らせる超弩級エンタテインメント。特別書き下ろしも収録。

内容(「BOOK」データベースより)

200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生物を拾う。大人と子供が見つけた2つの秘密が出会うとき、日本に、人類に降りかかる前代未聞の奇妙な危機とは―すべての本読みが胸躍らせる、未曾有のスペクタクルエンタテインメント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 537ページ
  • 出版社: 角川グループパブリッシング (2008/6/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043898010
  • ISBN-13: 978-4043898015
  • 発売日: 2008/6/25
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 120件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,670位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
自衛隊三部作の2作目(なぜか角川文庫では第1弾だが)だ。
人類が生まれるずっと前から、高知県沖の上空2万メートルに高度な知的生命体(白鯨)がいた。これまではこの高度まで飛ぶ航空機はいなかったが、連続して2度も航空機が衝突するという事故が起こった。当初人間は知的生命体の存在を知らず、謎の爆破事故と思っていたが、この白鯨が各務原航空自衛隊の上空に現れたためパニックに陥った。
事故を起こした民間試験機(スワローテイル)のメーカー社員春名高巳と航空自衛隊の硬派女性パイロット武田光稀が、人類で初めて白鯨を確認し、結局最後まで交渉役を務めて解決させるという話だ。もともと攻撃的な生命体ではなかったのだが、人類からの不意打ちによるミサイル攻撃で無数の白鯨に分裂してしまい、中には人間を攻撃する個体も現れた。白鯨は≪全き一つ≫という概念を持っており、無数の自分が存在するという状態が理解できずにいたが、高巳と光稀らは「解離性同一性障害」と同じ治療法が使えると考えて解決に導いた。
一方、自衛隊機との衝突事故によって白鯨本体から剥離したかけら(フェイク)が、事故でなくなった自衛隊パイロット斉木三佐の息子瞬とその幼なじみ天野佳江に海岸で拾われる。フェイクは記憶喪失になっていたが、瞬に懐き事件の解決において大きな貢献をする。
航空機事故によって高度な知的生命体(白鯨)の存
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
日本初の超音速ジェット機が試験飛行中に謎の爆発事故を起こす。さらに自衛隊の戦闘機も急上昇中に爆発炎上。民間機の事故調査委員会の男と上官
をこの事故で亡くした女性パイロットが事故調査に乗り出し、発見したものは?一方、この自衛隊機事故で亡くなったパイロットの息子が、高知の海岸で見
つけた謎の生命体。大空を舞台にした壮大なファンタジーではあるが、実際この作品を読ませるのは、スパクタクル的な要素ではなく、地上で繰り広げられ
る人間劇、特に女性パイロット光稀と、事故調査委員である高巳との不器用な愛であり、パイロットの息子瞬と幼馴染の佳江との、これも歯がゆいほど切な
い恋愛劇だと思う。
さらに、本編が終わった後に付録のように付いている「仁淀の神様」は、瞬と佳江、そして宮じいのその後が描かれる。これが本編をさらにぐっと締める役割
をしてくれている。最初筋の流れは映画「ET」と同じようなものかと思ったが、泣かせるのは高巳が光稀にプロポーズする、歯がゆくも微笑ましい場面であ
り、男勝りの光稀の高巳からのプロポーズに対する対応の描写は、さすが有川と思わせる。壮大なファンタジーの形を取りながら、人間劇を描き切った作品
だと思っている。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
SFというよりは、人間の弱さを改めて認識する作品。
有川さんの男前の女性は相変わらずの魅力ですが、ゆるい雰囲気の男性は年をとると懐が深い、若いと軽薄と映るのは、女性からの
視点からでしょうか?
前半は話しがスローだったので、海の底よりつまらないかと思いましたが、中盤以降はテンポよく、いっきに読め、明け方4時まで読む事になりました。
後味は海の底より良く、ただ宮じいの亡くなる話しは、寂しくなるだけでしたので、星4つとしました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
札に読まないファンタジーを読もうと購入。
しかしぜんぜん入り込めなくて知り合いに譲りました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 海猫 投稿日 2013/8/6
形式: 単行本 Amazonで購入
期待外れでした。もう少し現実的だと思っていましたが裏切られました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最初は、航空自衛隊小説?と思ったが、そうでもなく(戦闘機乗りの男前キャラなどは面白いですが)、UMA(未確認なんたら)を中心にしたSF小説?と思ったら、そうでもない(どこかトボケた感じのそのUMAも愛嬌がありますが)。最後まで読むと、心に残ったのは、高知の「川ガキ」たちの話でした。川漁師の宮じいが、いい味出してます。掌編『仁淀の神様』が最後をきっちり締めてます。作者の出身地近辺なのでしょうか、こんな川のあるところに住める人々がうらやましい。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
若いころ新井素子にドはまりしていた。ライトノベルズと呼ばれるものではまったのは後にも先にも新井素子だけでしたが、「図書館戦争」や「空飛ぶ広報室」を映像で見て、その臭いを嗅ぎつけ、筆者の作品に興味を覚え、このたび初めて著作を読んでみた。
文句なく面白かった。まさに大人のためのライトノベルズといったところ。長編だが軽いノリで読めてしまう。忙しい仕事の合間に読むのにちょうどよい。ただただ楽しむためだけに熱中することができる。眉間にしわが寄らない読み物として気に入った。「海の底」と「塩の街」もベッドサイドに待機させてある。
最高にほめたつもりだが、こういう書き方では中身が薄そうに感じられてしまうかもしれない。そこは「大人のための」ライトノベルズと先に述べた通り、仁淀の神様の深い教えがいくつも心に残る一冊だったので、特筆しておく。
また、あとがきに新井素子。ああ、懐かしい。久々に読み返してみよう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー