Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,469

¥ 475の割引 (24%)

ポイント : 14pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ジョフ コルヴァン]の究極の鍛錬
Kindle App Ad

究極の鍛錬 Kindle版

5つ星のうち 4.4 23件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,469
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1,299

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

才能なんて、本当はいらない!?
天才と呼ばれる人たちに共通する、ある「訓練法」とは?


世界的な業績をあげている人々はどこが違うのか?
この問題を解くために気鋭のジャーナリストである著者は徹底的な調査を行います。
そして、モーツァルト、タイガー・ウッズ、ビル・ゲイツ、ジャック・ウェルチ、ウォーレン・バフェットなど、
天才と呼ばれる人たちは共通する原則に基づいて鍛錬を行っていたことがわかります。
さて、著者が「究極の鍛錬」と呼ぶその方法とは?


*目次より

第1章 世界的な業績を上げる人たちの謎
第2章 才能は過大評価されている
第3章 頭はよくなければならないのか
第4章 世界的な偉業を生み出す要因とは?
第5章 何が究極の鍛錬で何がそうではないのか
第6章 究極の鍛錬はどのように作用するのか
第7章 究極の鍛錬を日常に応用する
第8章 究極の鍛錬をビジネスに応用する
第9章 革命的なアイデアを生み出す
第10章 年齢と究極の鍛錬
第11章 情熱はどこからやってくるのか

内容(「BOOK」データベースより)

モーツァルト、タイガー・ウッズ、ビル・ゲイツ、ジャック・ウェルチ、ウォーレン・バフェットなど、天才と呼ばれる人たちに共通する、ある「訓練法」とは。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 925 KB
  • 紙の本の長さ: 103 ページ
  • 出版社: サンマーク出版 (2010/5/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00SUN0NQ0
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 25,803位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 もやし 投稿日 2012/6/27
形式: 単行本 Amazonで購入
平たく言ってしまえば、達人を作る要素は質の高い練習をどれだけ長い時間やるかということになる。
それは楽器の練習であったり、ビジネス上のケース・スタディーであったりと様々ではあるが。
すると、特定の領域に特化した能力が形成されるというものだ。
この"質の高い"とは自分の出来ないこと(課題)を見つけ、それを出来るようにすること。
出来るものを繰り返すのは鍛錬とは呼ばない、時間の無駄だ。

これはウエイトトレーニングに似ていると思う。鍛えたい部位を設定し、現状に適切な負荷を見極めて徐々に重くしていく。
続ければ筋肉が増えてより重い負荷に耐えられるようになる。筋肉痛も起きないような負荷では筋力は向上しない。

この時に重要なのは俯瞰した目線で自分の動き、精神を観察すること。
自動化された行動では気付きも何も生まないので、能力を向上させることは出来ない。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現代社会は高いパフォーマンスを出す人を求めています。事実、色々な分野でのパフォーマンスは過去のものと比べて格段に高く成っています。それは人間の持っている能力の引き出し方が上手に成ってきていると言えます。その中でも天才と呼ばれている人は、天才と呼ばれるにふさわしい時間をかけて何度も何度も繰り返し練習しているのです。だから人より優れていて当然です。一般的に、これらの人たちは始めるのが早く、自分にはこれしかないと信じて続けられた結果として、その成果が早く現れたと言えます。この様な努力、鍛錬の究極を究極の鍛錬と呼び、その特徴的な要素には 1.実績向上のために特別に考案されたトレーニングをする師に恵まれる。 2.何度も繰り返すことができる。 3.その結果に関して継続的にフィードバックを受けることが出来る。 4.行う内容によらず精神的にとても辛い。 5.あまり面白くない。この様な鍛錬をすることで人より、多くを知り、多くを記憶する様になります。これをどの様に日常に応用し、ビジネスに応用するかについても言及しています。しかし、最終的には今やっていることは、あなたが本当に深く求めているもので有り、自分はやり遂げられると信じているかどうかがポイントだそうです。私は、翻訳した米田氏の講演を間近で聞いて、この様に感じ、自分も頑張ろうと決意しその場でこの本を買わせて頂きました。今迄続けていることに疑問を感じたり、諦めかけている方には、特にお勧めです。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
出会えて良かったと思える良書でした。著者は、米「フォーチュン」誌編集主幹のジャーナリスト、ジョフ・コルヴァン氏です。

世間一般には、学歴が成功への必要条件であるとみなされる傾向があることは否めません。しかし、個人的には、決して高学歴ではなくともビジネスで一流になっている人物に出会うことはよくあります。

なんらかの偉業を達成することと、いわゆる「地頭」にはどの程度の関連性があるのか、これまでずっと気になってきたわけですが、本書に出会った今は、その関連性は「世間で信じられているほどには高くない」という確信を得ています。

・スケート選手を対象とした研究で、一流選手ではに人たちは自分がすでに「できる」ジャンプに多くの時間をつぎ込んでいることがわかった。一方、トップレベルの選手は自分が「できない」ジャンプにより多くの時間を費やしていた。(中略)荒川静香は、金メダルをとるまでに少なくとも二万回も容赦なく冷たい氷面にお尻を打ち付けていたことになる。(p260)

荒川静香選手の二万回の尻もちが意味するところ・・・。僕たちは、そこに何を学ぶべきなのでしょうか。普通の人をして(荒川選手が普通の人だと言いたいわけではありません)、偉大なことを達成するに足るスキル獲得に必要な「究極の鍛錬」の特徴は、本書では以下の5つの
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一言で言うと「継続は力なり」ということを、様々な例をあげ、論理的かつ科学的に説明している。原題の"Talent is overrated"(才能ばかりが注目され過ぎている)が筆者のメッセージをうまく伝えている。その道で一流の域に達するためには、「良く検討された意図的な訓練を10年間で1万時間(1日3〜4時間)続けなければならない。これはとても辛いことであり、常人には継続できない。継続できる人は、本当にそれが好きで(内発的に動機付けられていて)、本人の価値観にもあっている。そして訓練をすることで、自己効用感を感じられる。累積訓練時間が重要なので、人より抜きん出るためには早く(幼少の頃から)始めるか、大人になってから始めるなら、他人が選ばないようなニッチな分野を選択すべき。人は快適なエリア(Comfort zone)から抜け出して、成長し続けられる学習エリア(learning zone)に自分を置くべき。」
昔から両親から「努力することが大事!」と言われてきた世代の自分にとって、このメッセージは受け取りやすく、安心する。どの分野でもその道のプロとして注目を集める人々は、陰では途方もない長く辛い訓練を続けてきた。その継続する力こそが才能なのだろう。
最近、マーカス・バッキンガムに傾倒していたので、仕事をする上で、いかに自分の(または部下の)才能を活かすか、今や
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover