Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,469

¥ 475の割引 (24%)

ポイント : 14pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ジョフ コルヴァン]の究極の鍛錬
Kindle App Ad

究極の鍛錬 Kindle版

5つ星のうち 4.3 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,469
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1,448

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

才能なんて、本当はいらない!?
天才と呼ばれる人たちに共通する、ある「訓練法」とは?


世界的な業績をあげている人々はどこが違うのか?
この問題を解くために気鋭のジャーナリストである著者は徹底的な調査を行います。
そして、モーツァルト、タイガー・ウッズ、ビル・ゲイツ、ジャック・ウェルチ、ウォーレン・バフェットなど、
天才と呼ばれる人たちは共通する原則に基づいて鍛錬を行っていたことがわかります。
さて、著者が「究極の鍛錬」と呼ぶその方法とは?


*目次より

第1章 世界的な業績を上げる人たちの謎
第2章 才能は過大評価されている
第3章 頭はよくなければならないのか
第4章 世界的な偉業を生み出す要因とは?
第5章 何が究極の鍛錬で何がそうではないのか
第6章 究極の鍛錬はどのように作用するのか
第7章 究極の鍛錬を日常に応用する
第8章 究極の鍛錬をビジネスに応用する
第9章 革命的なアイデアを生み出す
第10章 年齢と究極の鍛錬
第11章 情熱はどこからやってくるのか

内容(「BOOK」データベースより)

モーツァルト、タイガー・ウッズ、ビル・ゲイツ、ジャック・ウェルチ、ウォーレン・バフェットなど、天才と呼ばれる人たちに共通する、ある「訓練法」とは。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 925 KB
  • 紙の本の長さ: 103 ページ
  • 出版社: サンマーク出版 (2010/5/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00SUN0NQ0
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 41,043位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
内容
第1章 世界的な業績を上げる人たちの謎
第2章 才能は過大評価されている
第3章 頭はよくなければならないか
第4章 世界的な偉業を生み出す要因とは?
第5章 何が究極の鍛錬で何がそうではないのか
第6章 究極の鍛錬はどのように作用するのか
第7章 究極の鍛錬を日常に応用する
第8章 究極の鍛錬をビジネスに応用する
第9章 革命的なアイデアを生み出す
第10章 年齢と究極の鍛錬
第11章 情熱はどこからやってくるのか

 『究極の鍛錬――天才はこうしてつくられる』は多くの人が関心をもっている、なぜ天才は生まれるのか、どうしたら天才になれるのか、という謎を考察したものです。
 原題はTalent Is Overrated(「生まれつきの才能は過大視されている」)となっており、そのタイトルが示すように、著者は一般によく言われる「才能は生まれつきのものである」という考えに疑問を呈しています。コルヴァン氏は芸術、学問、スポーツ、ビジネスなどといった様々な分野で高い業績を上げた人たちに関する研究を紹介し、天才的な人物も生まれながらという意味では特に際立った能力の兆しは見いだせないことを提示していきます。
 代わりに天才の共通項として指摘さ
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 SHUTTLE 投稿日 2015/9/5
形式: 単行本 Amazonで購入
強くなるための精神論が記載されており全てのページで納得されられました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アレン トップ1000レビュアー 投稿日 2016/2/25
形式: 単行本
究極の鍛錬というタイトルですが、なにも精神主義的なことは書かれていないのでご安心を。
科学的な根拠や実際の例を踏まえながら説明していくのでとても納得。
個人的に一番グッと来たのは、
『どんどんうまくいくようになる人というのは、すでに自分が「できること」ではなく、まだ自分が「できないこと」に多くの時間を使って練習している』
といった趣旨の文でした。
「君ならやれる!とにかく数をこなしてこなしてこなしまくれ!そうすればいつか必ず日は昇る」
みたいなことを言う本が多い中で、そういう本に辟易している人にはおススメですね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 やまなか VINE メンバー 投稿日 2010/9/13
形式: 単行本 Amazonで購入
伝統芸能や伝統工芸の世界で世襲にも拘らず
なぜ人間国宝級の人たちが生まれてくるのか
その理由がわかります。

スポーツや一部の芸術の世界では
これから読者が究極の鍛錬を実施して
「偉大な業績」をあげるのは難しいですが、
ビジネスの世界などでは
年をとっていても
充分に巻き返すことが出来ることがわかって
勇気付けられます。

それと同時に
世間的な家族との幸せなどを
捨てる必要があることも分かり
考えさせられます。

事例として挙げられていた
ボルガー三姉妹
(教育心理学者がチェスの天才を意図的に作るために
 自分の娘3人に教育を施し、
 3人とも世界クラスの選手にした事例)
が自分の家庭を作ることを選び、
世界チャンピオンにはなれなかった
ことや

イチローや石川遼の親が自分の人生を
子供のためにささげたことなど
を考えあわせると
色々と考えさせられました。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 もやし 投稿日 2012/6/27
形式: 単行本 Amazonで購入
平たく言ってしまえば、達人を作る要素は質の高い練習をどれだけ長い時間やるかということになる。
それは楽器の練習であったり、ビジネス上のケース・スタディーであったりと様々ではあるが。
すると、特定の領域に特化した能力が形成されるというものだ。
この"質の高い"とは自分の出来ないこと(課題)を見つけ、それを出来るようにすること。
出来るものを繰り返すのは鍛錬とは呼ばない、時間の無駄だ。

これはウエイトトレーニングに似ていると思う。鍛えたい部位を設定し、現状に適切な負荷を見極めて徐々に重くしていく。
続ければ筋肉が増えてより重い負荷に耐えられるようになる。筋肉痛も起きないような負荷では筋力は向上しない。

この時に重要なのは俯瞰した目線で自分の動き、精神を観察すること。
自動化された行動では気付きも何も生まないので、能力を向上させることは出来ない。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover