通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか? がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか? 単行本(ソフトカバー) – 2010/12/2

5つ星のうち 3.5 192件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1
単行本(ソフトカバー), 2010/12/2
¥ 1,404
¥ 1,365 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?
  • +
  • 稼ぐ人はなぜ、1円玉を大事にするのか?
  • +
  • 幸せな成功者が教えてくれた 長財布のヒミツ (ナガオカ文庫)
総額: ¥3,333
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

累計26万部突破のベストセラー!
読んで「財布を買い替える」人が急増中!

700人以上の“社長の財布"を見てきた税理士が教える、
お金に好かれる人の「共通ルール」。

あなたは今、どんな「財布」を使っていますか?
その使い方に、何かこだわりはありますか?

これまで数々の経営者の財布を目にしてきた経験から、著者が気づいた「稼ぐ社長」だけが共通して実践しているルール。
それは、「財布をきれいに使うこと」。

一見直接関係のなさそうに思えるこの習慣が、実はその人のお金回りに大きな影響を与えているのです。
自分の手元に入ってくるお金の動きというのは、自分の生き方そのもの。
その「出入り口」である財布を通じて、お金を大事にし、お金と上手につきあうことこそが、自由な未来を手に入れるもっともシンプルで強力な方法だったのです。

思わず明日から真似してみたくなる実践的な方法が満載! ぜひ、お試しください!
(目次より)
・財布を見れば収入がわかる! 「年収200倍の法則」
・「メタボ財布」はお金に嫌われる
・節約したければ高いものを買いなさい
・新しい財布を買ったら100万円の札束を入れる
・財布に五千円札をなるべくたくさん入れておく
・コンビニではお金をおろすな
・「給料日」は月に2回やってくる
・「汗水流して働けばお金は儲かる」は嘘?

出版社からのコメント

「長財布って面倒くさそう……」
これまで長財布を使ったことのない人なら、必ず一度は口にしたことのある感想だと思います。
というのも、僕もそのひとりだったからです。
けれども担当編集者として、思い切ってこれまでの二つ折りの財布から買い替えてみたところ、その効果に驚いてしまいました!
……なんて言うとあやしいセールスみたいですが(笑)、ともかくお金を出し入れするすべてのシーンにおいて、自分の心のコンディションががらりと変わるのです。
お金を丁寧に扱おうとすると、自然と渡す相手にも丁寧に接するようになります。商品も、なるべく「いいもの」――自分が心から欲しいと思えるもの――を買おうとします。
すると、無駄遣いも減ります。
著者の言う「お金づきあいは人づきあいと同じ」という言葉があらためてストン、と胸の内に落ちました。
「あまりにも簡単なルールで信じられない」と思うかもしれませんが、簡単だからこそ、だまされたつもりで実践してみてください。
仰るとおり「信じられない」ことが起こるかもしれません。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 156ページ
  • 出版社: サンマーク出版 (2010/12/2)
  • ISBN-10: 4763130870
  • ISBN-13: 978-4763130877
  • 発売日: 2010/12/2
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 192件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 80,748位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
この本の趣旨は、長財布を使いましょうということではなく、お金への接し方に美学を持ちましょうということ。
自分なりの美学に則ってお金に接することによって、本書で言うところの「お金に振り回される」ということなく、主体的にお金に接することができるという。

だから、長財布を買ったからといって、自覚の無いお金の使い方をするならお金持ちになれるとは限らないし、逆に美学があれば長財布にこだわる必要もないのかもしれない。
そして財布に限らず、何か意識を変えるためには道具を良いものに変えることが最も近道であると著者は言う。
言ってみれば精神論だが、確かに思い当たる節はある。

伊丹十三監督の「たんぽぽ」というの映画の冒頭で、名人によるラーメンの食べ方講座があります。
伊丹監督は、たかがラーメンの食べ方一つにも美学があるのだということが言いたかったのであって、あの食べ方が正しいかどうかというのはたいした問題ではないのです。
この本も同様に、お金への接し方にも美学があるということが言いたいのであって、長財布が是か非かというのは実は大した問題ではないのでしょう。

内容的には飛行機の中で読みきれるくらいの量。
効果の検証などしようも無いのだが、かといって目くじらたてて反論するようなもの
...続きを読む ›
コメント 144人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 税理士である著者が仕事で関わった優秀な経営者やビジネスパーソンを観察する中で気付いた稼ぐ人の共通点を書いた本。

 タイトルからすると長財布の良さにについて色々書かれてそうな感じがしますが、「お金に対する考え方」というのがこの本のメインテーマだと言ってよいでしょう。財布のことからお金の使い方に至るまでの著者のお金哲学が記されています。「お金には人格があり、人を大切に扱うように、お金を大切にしなさいとい。そうすれば自然とお金はあなたの所に帰ってくるはずです。」というのが著者のお金に対する考え方。
 その中でも「財布の値段×200=年収」という理論は少し興味深かったですが、その本質は持ち主が持ち物に見合った行動をとるようになるので持ち主の質も向上するというものです。

 この手の本によくありがちなのですが、タイトルと内容の一貫性が最後まではなく、後半部分は著者の人生経験やどん底から成功を目指す心の持ち方を説いている傾向が強い気がします。分量も150ページ程でサッと読める本ですが、お金に対する考え方や視野が広がり、「本当の意味でお金を大切にする」ということを学べた点では読んで良かった一冊と言えると思います。
コメント 166人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
少年時代から青年時代に掛けて、父親の破産から借金地獄に陥った経験を持つ著者が、税理士となった後に出会った多くの社長やお金持ちが「長財布」を使っていることを発見。

「お金に不自由していない人間はお金に対する意識が違う」と気付いて、安物ではなく高い財布を使うことが収入を増やすことに繋がると説く。

年収200倍の法則に照らし合わせて、財布の価値×200=自分の未来の年収と位置付ける。

つまり安いものを多く買うと「安いから」という理由で扱いが粗略になり、何度も同じものを購入したりして
「安物買いの銭失い」になるということである。

大抵の人はそうなっているから、結局のところ無駄な「浪費」ばかりになってしまうのだという。
その連鎖を断ち切るためにも「敢えて高いものを購入しなさい」ということだ。

高級品を使うことで物を大切にする心や、お金に対する執着心が変わる。
勘違いしてはいけないのは「長財布はあくまでもそのための事例のひとつ」に過ぎないのだということ。

他に例えば「傘」がある。多くの人が使用する雨傘は1本が500〜1,000円の安いもの。
だから平気で電車に置き忘れたりして、何度も買い換えなければならなくなったりする。
...続きを読む ›
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
どのような財布を使うかで、お金に対する意識が違ってくる…。財布はただお金を入れる道具というだけではなく、生き方の姿勢をも表している…ということを、「稼ぐ人は長財布を使う」と説いた本。

一応、筋道は通っているようにも思えますが、明確な検証はなく、作者の思い込みによって書かれた内容が多いので内容は当てにはなりません。
一番、引っかかったのは「使っている財布の値段×20=使用者の年収」として、5万円の財布を使っている人の年収は1,000万円くらいが標準であり、財布の値段をみれば、使用者の年収はだいたい分かる…と説いていることです。
私の持っている財布の値段を20倍にしても、私の年収とは全く異なりますし、私の知り合いもほとんどがそうです。因みに年収1,000万円越えの人で数千円の汚い財布しか使っていない人も何人か知っています。
また、超高級な長財布を使っていて、貧乏な人たちもたくさん知っています。
高級財布を丁寧に使っていて、カードも入れ過ぎず、レシートも毎日管理して…それでも低所得である方もいます。

稼いでいる人たちには長財布を使う人は割合としては多いのでしょうが、長財布を使ったからといって稼ぐ人にはならないでしょう?
面白いテーマですが説得力の乏しさが残念でした。
1 コメント 168人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック