中古品
¥ 359
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯無し】小口に希薄な汚れあるものの、本紙使用感は少なく概ね良好な状態です。('◇')ゞ◆防汚・防止対応の為OPP封入しております。【以下必ずお読みください】◆全品簡易クリーニング済み。◆付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ◆1~3日にてクリスタルパック包装し封筒で『ゆうメール便』にて発送致します。◆Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。◆Amazon専用在庫につきキャンセルはございません。◆『万一、Amazonコンディションガイドに外れるような不具合』等がございましたら対応いたしますので『メール』にてご連絡をお願い致します。交換・返品等対応させて頂きます。※購入者様都合でのキャンセルや返品につきましては、発送・返品とも購入者様【送料】負担となりますので予めご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

稼ぐが勝ち (知恵の森文庫) 文庫 – 2005/9/12

5つ星のうち 4.0 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 260
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ベストセラー、早くも文庫化!
「会社とは人を使うための道具です」

ライブドア社長堀江貴文が、起業家を志す若者たちに贈る新時代のビジネス入門書。
「巡ってきたチャンスに気づけ」「好きなことをやろうと思ったら起業するしかない」「人間を動かすのはお金だ!」。過激な発言の裏にある、時代を動かす経営哲学。
旧態依然とした日本の社会に風穴を開け、新風を巻き起こし続ける男の仕事術とは――。

書き下ろしで「その後の『稼ぐが勝ち』」を新たに収録。

内容(「BOOK」データベースより)

ライブドア社長堀江貴文が、起業家を志す若者たちに贈る新時代のビジネス入門書。「巡ってきたチャンスに気づけ」「好きなことをやろうと思ったら起業するしかない」「人間を動かすのはお金だ!」。過激な発言の裏にある、時代を動かす経営哲学。旧態依然とした日本の社会に風穴を開け、新風を巻き起こし続ける男の仕事術とは―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 227ページ
  • 出版社: 光文社 (2005/9/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 433478383X
  • ISBN-13: 978-4334783839
  • 発売日: 2005/9/12
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 58,391位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
視点が一般的に普通と言われていることと全く異なる所ばかりで、凄く面白かった。自分も堀江さんのように、既成概念に囚われず生きていきたいと強く感じた。
特に最後の、預貯金=善いことというのは洗脳だとの話は、本当にそうだなあとおもった。これからも、堀江さんの他の書籍も読んでいきたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
一連の騒ぎがちょっと落ち着いたところで敢えて読んでみました。

第1章と第2章は面白く読めました。ので☆3つとします。

一言で言えば「サラリーマンするよりも起業して社長になった方が儲かるよ。」という本です。

印象に残ったのは「営業がすべて」という話です。

・良い商品を作りさえすれば,自然とお客さんが集まってくれるだろうという思考と,

女の子が寄ってこないので自分はもてないと思いこんでいる人は,同じ誤りを犯している。

つまり自分から女の子を口説かないとダメなんだ。

・自社の製品より他社の製品でより優れたものがあることを知りながら,お客さんに商品を売っても,

それは相手をだましていることにはならない。

お客さんがその情報をしらなければ,こちらが営業した商品を買ってくれる。

・営業は「気合いと根性」である。

そのほか,有名な「人の心は金で買える」といった表現も出てきますが,読んでみると,

「そういうこともあるでしょう」程度の話で,全体として驚くような本ではなかったです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ビジネスの悩みは複雑化してしまいがち。そんなときに改めて本書を読んだ。シンプルな基本を思い出させてくれた。営業の大切さと泥臭さを忘れてしまって、楽をしようと考えていたことに気付かされた。商売の基本をシンプルに実践したい人にお薦め。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 宮原 投稿日 2006/4/16
形式: 文庫
逮捕前に読んでました。

常に背伸びをする、人は利用したほうが良い、など

うまく使えば非常に有効な考えなのですが、一歩踏み外すと

怖いものです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
自分はサラリーマンなのですが、ちょっと視点を変えて、
使う側の人の心理に興味があって、たまたまこの本を手に取ってみました。

ITバブルの真っただ中、業務売上が倍々で増加している最中に書かれた文章だけあって
その時の勢いそのまま歯切れの良いテンポで持論が展開されています。
簡単に言うと堀江さんの場合、起業した理由はこういうところでしょうか。
◆なぜ起業するのか?
⇒お金を稼ぎたいから。本来もらえるべき能力に見合った報酬が、会社勤めだと
 ピンハネされてもらえないから。
◆なぜお金を稼ぎたいのか?
⇒(株式公開していれば)株主に還元するため。
⇒本当にやりたいこと(宇宙旅行事業?)をできるようにするため(?)。

“稼いだお金=その人の価値”という価値観のようなので、いくら稼ぎたいとか
いう目標は無さそうですね。あればあっただけ良いといったところでしょうか。

起業していない人を一様に下に見る傾向には、若干辟易する部分もありましたが、
現代において起業する人の本音の一例としては面白く読むことができました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
うちのばあちゃんが言ってたよ。
「金を持っていないと心が卑しくなる」って。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
政界・財界の老害およびマスコミがホリエモン批判をする際、

こぞって引用したのが、この著書タイトル。

「稼ぐが勝ち」=マネー至上主義=金で何でも買える。

そんな男はけしからんとこういうわけだが、

老害たちはきっとこの本のタイトルしか知らず、

中身をまったく読んでいないんだろう。

ここにはマネー至上主義よりもっと恐ろしいことがある。

老害一掃論である。

旧体制にしがみつく奴らをぶっとばす。

時代遅れの旧価値観に縛られる奴らは一掃される。

旧世代がつくりあげてきた既得権益やまがいものの歪められた社会は、

劇的に変革される。

彼は自分の親父をその代表格にあげ、

親父世代を容赦なく糾弾している。

マネー至上主義なんて、そんな甘っちょろい本じゃない。

小泉首相が掲げた自民党をぶっ飛ばすをもっと徹底した発想。

旧世代がつくったこの欺瞞の社会はぶっ飛ばされるという強烈な社会変革書なのだ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー