中古品
¥ 580
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によってはわずかな汚れやキズがある場合がございます。(管理ラベルは簡単に取れます)帯・応募券・はがき・シール・カード・ポスターなどの封入物は付属致しません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方 単行本 – 2004/8/7

5つ星のうち 3.8 114件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 220
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

稼ぐが勝ち
 近鉄買収騒動で話題を呼んだライブドア社長による著作最新刊。30歳で100億を稼いだ自身の起業術、経営術を語る。「資本金を1円しか集められないやつは会社を作っても絶対成功しない」「潰れる会社には法則がある。同じ轍を踏まなければいいだけ」など、不遜なようで、的を射たメッセージが並ぶ。


(日経ベンチャー 2004/10/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

大阪近鉄バッファローズ買収に名乗りをあげて話題を呼ぶ、「株式会社ライブドア」社長・堀江貴文が自身の最新の仕事術・経営哲学をすべて見せる。
●「中流民」は実質「下層民」●「成り上がり」の手本がなくなった●二〇代は搾取されている●最大の歪みは給与体系●「貯金をしなさい」は間違っている●アルバイトはすぐにやめよ●若いうちに悟ってはいけない●子どものゲーム離れの真実……
「僕はごく短期間で会社を立ち上げ、三〇歳で一〇〇億円を稼ぎだしましたが、こういう世界のビジネスチャンスは、旧態依然のオヤジ世代にはつかむことができません。これまでの社会システム・会社システムのなかに安住してきた人たちには、今後ますます苛酷な未来が待っていることでしょう。(中略)この本が、皆さんが一〇〇億円を稼ぎ出すヒントになればと思っております。
 稼ぐが勝ち、です。」(「はじめに」より)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 211ページ
  • 出版社: 光文社 (2004/8/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334974600
  • ISBN-13: 978-4334974602
  • 発売日: 2004/8/7
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 114件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 99,046位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
近鉄バッファローズ買収のニュースで、
一般の人からも一躍脚光を浴びることになった著者の「考え方」の本。
その「考え方」とは、これまたシンプルに「シンプルに考える」こと。
ビジネスの進め方、経済や社会の見方などは、
余計な物を取っ払ってシンプルに見たほうがずっとうまくいく、
と社長は全編を通じて繰り返し主張している。
だが、その「シンプル」さゆえに、
他の多くの人たちからは反感を得る内容だと思う。
実際にはどうしようもなく存在してしまうであろう理屈を、
社長はスッパリ落として考えているためだ。
それゆえのシンプルさでもある。
変にビジネス本として読むよりも、この本の場合、
批判的にならず「考え方」を知るつもりで
読んだほうがずっと面白いかもしれない。
そうすれば、それはそれで学ぶべきところも多い。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まず、最初に断っておく。私は堀江氏と同年代だが、彼からすると旧世代の思考をする側に属する人間である。
それだけに、彼のこの本で語る言葉はシンプルだが妖しいまでの輝きに満ち、わたしには眩しく感じる。この本から私は、彼の頭の異様なまでの回転の速さと直截的なだけに威力のある決断力を感じ、さすがにここまで急成長したのもむべなるかなと思う。
但し、それと同時に私は彼について若いが故の危うさも感じている。
つまりこういうことである。私はユニクロの柳井会長については信頼できる企業家だと思っている。彼はいまやビジネスに長年携わってきた歴戦の兵であり、何度も挫折を味わいながらもここまでファーストリテイリングを成長させた立志伝中の人である。それと同時に柳井氏の著書に感じるのは才能のきらめきより、何度も何度も単純な基本を繰り返す愚直な努力的な面である。
それに対し、堀江氏は自分の才に頼り、その天才的な読みと度胸だけでここまで勝ち進んできた。ただ、ここで思うのである。彼は自分の才だけに頼っているだけに他者に頼ることはない。己の事業について己自信だけで全て管理し全てを決定している。しかも彼が行っている事業は全てニッチであり、日本社会のメインストリームで安定的に利益を上げることが出来る部分には未だ食い込んでいない。
ここで思う。もし3年前にユニクロで起こったこ
...続きを読む ›
コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Hitoshi Morioka 投稿日 2004/11/18
形式: 単行本
最初にお断りしておきますが、私個人としては「ほりえもん」は好きな人物ではありません(むしろ嫌いかも)。しかし、商売人としては十分評価できる人物だと思ってます。
そんな前提でこの本を読んで(字数少ないので読むというより眺める感覚かも)、感じたことをいくつか。
・「人の心は金で買える」と言ってますが、勘違いです。継続して金をつぎ込まないと繋ぎ止められないものは買ったとは言いません(借りてるんです)。
・「金を集められない奴が起業しても誰が投資するのか」のくだりには賛成です。個人企業からでも事業はスタートできます。
・母親の料理とレストランの料理を比較するのはどうかと。わざと子供にまずいもの食わせる母親はいないはず。これを読んだら母親はどう思うのか(絶縁状態だったりして…)。
・利益に拘る経営姿勢は評価できます。ここは是非見習って欲しいですね。
とまあ、いいこと書いてるところは実は当たり前のことを書いてて、それ以外のところは「思い上がり」と批判されそうなことばかり。参考になる箇所は、多分全体の5%もないとは思いますが、現にここまで成功を収めた人物の言葉としてはそれなりに説得力があります。
間違ってもこの人のキャラは真似しない方がいいですが、ビジネス手法は意外と堅実。そこだけ吸収すれば一応読んだ価値あり、です。でも正直立ち読みで十分だけどね。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
実につぼをつくところが多く載っている本であると思う。物事を難しく考える人が多すぎる。特に地位名誉があるお偉い人達。話題になっているプロ野球の球団運営についてもいい例であると思う。
自分に責任を持つことが当然のあり方で誰かに頼ったり、何かに依存することは不均衡である。
この本を読んでそれがシンプルの原点であると思えるようになった。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私はライブドアという会社は実体が無く、単にマネーゲームで大きくなった会社だと思っていました。そしてこの本についても、どちらかというと嫌悪感を持っていました。
ところが、偶然、書店で平積みになっていたこの本を手に取り、序章を読んだところでハマってしまい、そのままレジに直行。買ったその日のうちに読破してしまいました。
この本を読むと、堀江社長は単なるマネーゲームの長者ではなく、起業家なのだ、ということがわかります。
堀江社長は勤務先の会社で真面目に働いていれば、誰もが部長に昇進して高給を得ることができる時代は終わった、と言います。
そして、読者(特に若い世代)にチャレンジすることを勧め、「チャレンジすれば必ず結果は生まれてくる」と言います。
更に堀江流の経営術にも言及しており、とても参考になります。
旧世代、老人には辛辣な記述がありますので、自分が「古い人間だ」と思われる方は読まないほうが良いと思いますが、「自分には未来がある」と思われる方には是非お勧めしたい本です。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー