稲川淳二の超こわい話 禁忌領域 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

稲川淳二の超こわい話 禁忌領域 [DVD]

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,456 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,186より 中古品の出品:2¥ 2,520より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 稲川淳二の超こわい話 禁忌領域 [DVD]
  • +
  • 稲川淳二の超こわい話 怨霊奇談 [DVD]
  • +
  • 稲川淳二の超こわい話 囁き [DVD]
総額: ¥7,357
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 稲川淳二
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2010/07/23
  • 時間: 75 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003EQ9QPM
  • JAN: 4934569638823
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 162,146位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

夏の定番!恐怖の怪談ストーリーテラー稲川淳二が語る“こわ~い話”2010年版!
日常に潜む数々の不思議な出来事…怪奇現象の数々が、いま鮮明に浮かび上がる!!
今年も背筋の凍る、怖いお話をお贈りします……

【6話収録】
■「ねんねこの赤ちゃん」…人気のない田舎道を歩いていると、向かいからねんねこを背負った女性が歩いてくる。赤子の泣き声が聞こえるので声をかけてみると、そのねんねこの中には……?!

「カンボジア」/「南房総の足跡」/「曰くつきの家」/「バックミラー」/「宮野森特別区域駐車場」

<スタッフ>
撮影:武山智則、深野雄一/照明:藤井友之、城所美和/美術:丹羽久司、谷脇慎吉、古川奈津美/VE:角本輝夫/編集:平野一樹/撮影助手:生野美智信、金 永昌/HD編集:佐藤利史/MA:河野弘貴/音楽:小川 輝/スチール:狩野裕昭/制作:立石倫子/協力:ビデオフォーカス、サンフット、日芸、浜町スタジオ/制作会社:ビデオプランニング 他

ストーリーテラー:稲川淳二

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

怪談界のトップランナー・稲川淳二が身も心も凍るような実話を語る「超こわい話」シリーズの「禁忌領域」編。「ねんねこの赤ちゃん」「カンボジア」「南房総の足跡」「曰くつきの家」「バックミラー」「宮野森特別区域駐車場」を収録する。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
これは仕方ないことなのだが、昔と比べて「言葉に詰まる沈黙の間」が増え、テンポが悪くいまひとつ歯切れの悪い語り口になっている。

言葉選びや擬音、言い回しの表現も近年の作品では、あっさりとしていて、やや単調に感じられる。

毎年楽しみにしている「稲川怪談」。昔のテンポを求めるのは酷ではあるが、年輪を重ねた味わいを再構築して頂きたい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
サイトを見ればわかりますが以下がリストです

ねんねこの赤ちゃん/カンボジア/南房総の足跡/曰くつきの家/バックミラー/宮野森特別区域駐車場 多少捕捉すると

『カンボジア』
稲川は毎年冬に心霊探訪をするが、友人で写真家の加納に誘われ、カンボジアにあるポルポトに行くことになった。着いた先は250万人を惨殺したという曰くの場所だという。現地は、4階建ての薄黄色い壁に覆われたホテルで、その周辺は冊に覆われた平地で、そこは惨殺された死体を埋める為に冊があり、その冊の中は不発弾がある為に囲われているという。嫌な所に来たと稲川は思った。そして、深夜寝ていると…。

『バックミラー』
木工業を営んでいる男が、会社帰りに同僚に打ち明けた話。仕事である家に修理を頼まれそこへ赴く事になった。修理が終わる頃には辺りは大分暗くなっており、不慣れな所なので、現地の人に帰り方を教えて貰い車を飛ばしたが、誤って山道に出てしまう。焦った男は携帯で自宅に連絡したが、長男の嫁が出て、「その先の道に旧道と繋がった所に潰れたミラーがあり、そこには、潰れた車の中に顔の半分がない女が絶叫している」という話をし始めた。変な事を言うなと思ったが、よく聞くと、相手の声は長男の嫁ではなかった。「あんた誰?」と尋ねたが、女は笑った後に電話を切った。そして
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
【1 ねんねこの赤ちゃん】

 稲川さんが、お祖母さんから聞いた、お話です。稲川さんが言うとおり、怖いけれども、どこか懐かしい。怪談というよりも、民話といってもおかしくないようなお話ですねぇ。

【2 カンボジア】

 稲川さんが「心霊探訪」と称して、友人と一緒にカンボジアとベトナムを旅行したときの、お話です。私は、カンボジアの話が怖かったですねぇ。1970年代の、あの大量虐殺の悲劇が大きく関わっている、怪談です。

【3 南房総の足跡】

 実は、怪談をしていると、怪談でなくとも幽霊の話をしていると、霊は「呼んだ?」と思って寄ってくるんですよ。怪談や幽霊の話をする時は、きっちり結界を張るのを忘れないでくださいね。

【4 曰くつきの家】

 偶然の出来事というものは至る所で起きますが、この話は、「偶然」とか「偶々」という言葉で片付けていいものではない。そういう気がします……。

【5 バックミラー】

 相性が良いと言いますか、悪いと言いますか、電化製品や電子機器の類というのは、霊にとっても利用し易いツールみたいですねぇ。電化製品や電子機器が原因不明の不調に陥った時は、経年不良の可能性と同時に、こちらの
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
『夏と言えば稲川淳二だよな。俺は季節問わずに稲川淳二のファンだけどさ。』

『ああ、あの季節労働者ね!』

とまあ私の話にこんな回答をした知人がいます。困ったもんです。

まあそれはさて置き、本作品は、かなり現実味のある怪談ばかりが収録されています。リアルタイムの怪談という感じです。進化し続ける稲川淳二の新境地が本作品から感じとれます。

話の内容はどれもはずれなく十分に楽しめます。

また、本作品にも秘蔵特典が収録されています。かつて、テレビで放送できなかった地縛霊の映像をあの作品の裏特典として収録したのと同様にです。

突然起きる怪奇現象にあなたは恐怖することでしょう。

お勧めです!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
割と辛口のレビューがありますが私は今の稲川さんを見ていて別に違和感はないですよ。
それよか評価してます。
確かに前から比べればちょっと落ちたかなあと思わせる場面はあってもストーリーの恐さは格別ですね。
もしここにひと味加えるなら少しずるいやり方ですが、恐いBGを入れたらと思うのですが。どうでしょう?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す