中古品
¥94
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


稲川淳二の怖すぎる話―北側の扉が鳴る (竹書房文庫) (日本語) 文庫 – 2006/5/1

5つ星のうち4.6 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥94
¥1
お届け日 (配送料: ¥247 ): 10月31日 - 11月1日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「誰かが死ぬとき、北側の扉が鳴り、花の首が折れる。」稲川の祖母が口癖のように言っていた言葉…そして、明け方に電話が鳴ったとき、何かが起こる。表題作『北側の扉が鳴る』ほか、『恐怖の現場』で稲川自身が体験した話など珠玉の15編を収録!すべて書籍初登場!!極上の恐怖が、あなたを眠れなくする…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

稲川/淳二
本名・稲川良彦。1947年8月21日、東京都渋谷区恵比寿生まれ。桑沢デザイン事務所研究科を経て、工業デザイナーとして活動、その後芸能界に。数々の恐怖体験から心霊スペシャリストとして知られるその語りはもはや芸術とも言われ、熱狂的なファンも多い。毎年、全国で怪談ライブを行っているほか、著作業、ビデオや映画の監督、舞台演出など、多方面にて活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2006/5/1
  • 文庫 : 199ページ
  • ISBN-10 : 4812426960
  • ISBN-13 : 978-4812426968
  • 出版社 : 竹書房 (2006/5/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
2 件のグローバル評価
星5つ
63%
星4つ
37%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2006年8月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年7月18日に日本でレビュー済み