中古品
¥ 1,940
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品につき、主に表紙に細かなスレ、小傷、汚れ等ございますが、状態は概ね良好です。本の中身自体の使用感は比較的少ないものとなります。記載ない限り帯や特典等は付属致しません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

税務訴訟と要件事実論 単行本 – 2005/4

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,940

points

プライムデー期間中のお買い物で最大10%ポイント還元。

タイムセール商品も対象。エントリーは こちら

※Amazonカード通常還元率最大2.5%の場合

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



7/17[火] 23:59まで
年に一度のプライム会員限定ビッグセール。最大10%のポイントアップキャンペーンも同時開催中。
プライムデーセールを今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

 平成14年4月1日から施行された改正税理士法により新たに創設された税理士補佐人制度は、弁護士である訴訟代理人とともに裁判所において補佐人として出廷陳述する権限が与えられるようになりました。訴訟代理人と異なり、税理士が税務訴訟に参画する場面は限られたものでありますが、税理士が租税法の解釈を法廷で主張できることとなった点で画期的な改正であると評価できます。

著者からのコメント

 本書は、訴訟において必須の要件事実論を説明したものです。すなわち、租税法を始めとする実体法においては、裁判があったときの規範として条文が定められているわけではありませんので、税務訴訟があった場合において租税法の条文を検討する場合には、要素を分解して考える必要があるわけです。このように、税務訴訟の規範としての租税法を考えるのが、租税法における要件事実論になるわけです。
 本書では要件事実論を理論編とケーススタディ編に分けて説明しています。第一編の理論編において租税法における要件事実論をQ&A方式により簡潔かつ平易に説明し、今まで税務訴訟に携わったことの無い一般の税理士であっても容易に理解できるように執筆しました。次に第二編では、実際の税務訴訟における裁判例に沿って、租税法における要件事実とはどのようなものかを示すことによってアップツーデートに理解できるように執筆しました。更に、租税法における要件事実論の理解に立って「学ぶべき税務処理の要点」を簡潔に示すことによって税務訴訟に縁の無い一般の税理士にも税務訴訟において不測の損害を被ることの無い税務実務ができるように工夫がしてあります。本書が実務家を初めとする税務に携わる方に少しでもお役に立てば幸いです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 389ページ
  • 出版社: 清文社 (2005/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4433229458
  • ISBN-13: 978-4433229450
  • 発売日: 2005/04
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 716,772位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2007年7月16日
形式: 単行本
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告