秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-BO... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。BOX、フィルム、ブックレット付き。3枚組。(DVD+CD)BOX、ケースに多少の傷み、ディスクに多少のキズはありますが、概ね綺麗な状態で、ディスクの再生には何の問題もありません。(動作確認済み)当商品はAmazon配送センターより発送される商品ですので、お急ぎ便、代金引換等のサービスがご利用できます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 23,760
通常配送無料 詳細
発売元: キンダイストア
カートに入れる
¥ 23,760
通常配送無料 詳細
発売元: T&Tショップ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-BOX

5つ星のうち 4.0 474件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 23,760 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、株式会社D-comeが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で秒速5センチメートルを今すぐ観る ¥ 200 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-BOX
  • +
  • 劇場アニメーション『言の葉の庭』 DVD
  • +
  • 「雲のむこう、約束の場所」DVD サービスプライス版
総額: ¥27,664
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 水橋研二, 近藤好美, 尾上綾華, 花村怜美
  • 監督: 新海誠
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: コミックス・ウェーブ・フィルム
  • 発売日 2007/07/19
  • 時間: 63 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 474件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000MQCT1U
  • JAN: 4560107150252
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 24,184位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー


静謐で淡くささやきかけるような映像。大事な思い出をのぞき込むかのような、ささやかな世界。東京ローカルを舞台に、一組の少女と少年の初恋と、その顛末を3つの短編で描く。極めて少人数でアニメを制作する、新海誠監督の3作目となるフルデジタル作品だ。
過去にとらわれた少年は、少女と離れることで未来へ進むべき足を止めてしまう。記憶に根差す個人の時間(カイロス)と、絶対的に流れる世界の時間(クロノス)の差異の美しさと痛々しさが深い。主題歌の「One more time, One more chance」は山崎まさよしが1997年に発表した曲だが、名曲は時を超え、色あせないことを証明している。情熱的に何度も繰り返されるサビの果てにたどりつく結末を、ほろ苦いハッピーエンドと取るか、鬱なバッドエンドと取るか……。ちなみに、新海監督が制作したPV「One more time, One more chance『秒速5センチメートル』Special Edition」では、アニメ本編と対にあたる映像となっている。あわせて観るとさらに作品が深く楽しめるはず。(志田英邦)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『雲のむこう、約束の場所』の新海誠が手掛けた連作アニメ。小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里は…。「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」を収録。サントラCD、特典ディスクを封入した3枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 a 投稿日 2016/9/18
形式: Blu-ray
大体の批判をまとめると
a.主人公が嫌い、言動がリアルじゃない
b.起承転結がなくダラダラしてる
c.バッドエンドじゃん
こんなかんじかな

aは、確かに現実なら夜中学生が外出てたら親が探すだろうし、
社会人になっても初恋を引きずってる男はめったにいないだろう。
でも仮に親が探してきて子供を怒鳴りつけるシーンとかあったら雰囲気ぶち壊しでは。
必要ないシーンだし、後でこっぴどく叱られたんだろうなぐらいの想像で済ませればいい。
主人公は確かにナヨいが、島耕作みたいなのが女転がして出世する話じゃ「秒速5km」になっちゃうだろ。
過去を忘れられない、秒速5cmしか前に進めない主人公の葛藤がこの作品のテーマ。

bは、そもそも起承転結やストーリー構成で魅せようって作品じゃない。
淡々と歳をとっていく中で、内面は何も変われない、時間の流れと感情の流れの
ギャップを表現する作品だから、これ見よがしな大事件や主人公の活躍は必要ない。

cは、自分ではなく主人公の気持ちを考えてほしい。自分だったら、会社辞めて
彼女に振られて超バッドエンドだろう。だが主人公は会社や彼女を自ら捨てている。
それは変われない自分や孤独
...続きを読む ›
3 コメント 237人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
あちこちで「いまひとつ」といった評を見かけるこの作品。
反面、「深く心に染み入った」という人もまた多数です。

観る人を左右するポイントは、自分に主人公のような体験があるかどうか。

・遠距離恋愛をしたことがある
・お互い好きなのに、離れてしまったことがある
・忘れられない人、思い出がある

こういった経験がないと、第一話は普遍的で良いとしても、第二話での主人公の冷たい優しさは理解できず、まったく感情的な演出をとっている第三話では話から突き放されてしまいます。

逆に、自身の体験や感覚と重なる人は、一見すると何もないようなストーリーの中に、愚直なくらいの切ない恋心が表現されていることに感動します。
幼心に大切な人を見つけ、それでも、いつまでも一緒にはいられないと予感する【第一話】。
美しすぎる思い出を忘れてしまえない【第二話】。想いが届かない苦しさを知っているゆえ、自分を好いてくれる子に中途半端に優しくしてしまう。それが一番残酷なことだと気付く余裕もなく。
大人になってもうまく現実を生きられない【第三話】。ラスト五分はPVのように「one more time, one more chance」にあわせフラッシュシーンが流れるだけなのですが、一、
...続きを読む ›
コメント 486人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
この映画の主役はなんといっても映像でしょう。会話やストーリーは簡潔で、その分映像で全て語っています。全体的には悲しげな雰囲気ですが、小説などで景色の描写がそれを見る人の心境を表すように、この映画全編を通して描かれる美しい景色は、日常のささやかな、けれども確かな『希望』の象徴なのではないでしょうか。

以下ネタばれ。そこで是非とも気づいてほしいのが主人公が追い求めていたもの。踏み切りの向こう側にあったもの。具体的には明里ですが彼女は象徴的な存在です。この映画の一番最初と最後の踏み切りのシーン、わざわざ同じアングルにしてあるのだから当然意味があると思います。最初に小田急が画面いっぱいになったシーンは、ラストの貴樹が踏み切りで振り返ったシーンにつながっているのではないでしょうか。PVでもそうでしたしね。

小学生時代の初恋の人を忘れられず、中学、高校、大学と過去に縛られて生きてきた貴樹(ずっと小田急の向こうにいるはずの明里を見つめる貴樹〔小学生から大人へ〕)・・・年月が過ぎ(小田急が通り過ぎ)大人になった貴樹の目の前に明里の姿はなかった・・・

貴樹が追い求めていたのはもちろん明里です。しかし、文通が途切れ、時が経つうちにいつの間にかそれが具体性を失っていきます。(第一話、彼女を守れるだけの力がほしいと強く思った→第二話、最初の
...続きを読む ›
コメント 477人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ネタバレがあるのでご注意を。
まずは第一話、第二話の映像の美しさに圧倒される。これは文句なし。
中高生の恋愛ストーリーとしても素晴らしい。
第三話は、この作品のみでは説明不足の感がある。
新しい登場人物の説明もないし。

私もラストシーンに納得がいかず、観終わった後このエンディングが
一週間ほど頭の中をぐるぐる回っていた。
新海監督のインタビューやネットの書き込みなどを調べたが、
なかなかこれといった回答が出てこなかった。

そこで、漫画版と小説版を読んで、ストーリーを補足すると、貴樹の最後の微笑みを
私なりに理解することができた。
貴樹はやっと明里への想いを思い出にすることができたのだ。
(ただし漫画版では、さらなる発展を匂わすラストで終わっている。)

そして、謎解きのため、何度も繰り返してこの作品を観ていると、
多くの方がコメントしているように、自身の体験とはシチュエーションは
異なるのに、何十年も前の中学高校時代の、心の隅にしまい込んでいた
淡い思い出が、山崎まさよしの名曲とともにこの作品を通じて甦ってくる。
それは、結婚前の明里が、渡せなかった手紙をみて思い出したように、
...続きを読む ›
コメント 116人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す