Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

このタイトルは現在ご購入いただけません。初めてKindle本をご購入される場合は、「コンテンツと端末の管理」の設定から1-Click設定をおこなってください。
Kindle App Ad
[与沢 翼]の秒速で1億円稼ぐ条件

秒速で1億円稼ぐ条件 Kindle版

5つ星のうち 2.4 65件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品

Kindle書籍 2冊以上購入で『20%ポイント還元』
小説・ビジネス・ライトノベルの人気タイトルがお買い得。お好きな本を2冊以上購入で20%ポイント還元! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

内容紹介
●倒産後、半年で5億を稼ぐ!
著者は、かつてアパレル業界の経営者として活躍。
しかし、6年後に倒産。
銀行の口座には
たった10万円しかないところまで追い詰められます。

しかし、彼は“ある働き方"に出会います。
それが「フリーエージェント」という働き方でした。

2011年8月に倒産した4日後に、
フリーエージェントとしてトップを目指すことを決意。
1カ月後の9月には、アフィリエイターとして
500万円、翌月の10月には1500万円を稼いで復活。

彼はなぜアフィリエイトで、
これほどまでの成功をおさめたのか?
そこには「オプトイン・アフィリエイト」を使った
非常識な方法を実践したからなのです。

そしてついに、その非常識な方法で
インフォトップの「アフィリエイト報酬」
歴代最高額2938万円達成。
さらに独自の情報コンテンツを爆発的に売り、
一気に4億円以上を稼ぎ出したのです。

まさに“秒速"で稼ぐ非常識な方法……。
本の中で、すごい仕組みを明かします。

●あなたも“秒速"で稼げる時代がやってきた!
「著者だから稼げたのでは?」
そう思っているあなたも稼げる時代がきています。
かつて高速道路や新幹線という交通インフラができたように、
インターネットもインフラとして整備された今、
誰もが販促チャネルを持ったのです。

今回は、どうすれば“秒速"で稼げる人になれるのか、
そのノウハウを具体的に解説しています。

・秒速で稼ぐ人になるために必要な15の能力
・ネットを駆使した多角戦略
・稼ぎを生み出すブログの作り方
・稼げるアフィリエイターとは?
・稼げる文章の書き方
・あなたが社会にバイラルを起こす方法
・究極のマーケティング「プロダクト・ローンチ」

など、読んだその日から実践できる
内容が満載です。

これからますます、
金持ちと貧乏の二極化時代に突入します。
このまま「貧乏な社会構造に呑み込まれる」のか?
それとも「稼げるフリーエージェント」になるのか?

このことに早く気づいた人だけが、
二極化時代に勝ち残れるのです!
内容紹介
秒速で1億円稼ぐ条件/目次

あなたも必ず金持ちになれる時代がやってきた!
もっとも、金を儲けるには、そのための手段やスキルが必要なのは当然のことである。
しかし、この本が他と圧倒的に違うのは、ズバリ、月収で1000万円、年収で1億円!稼ぐための本なのである。
果たして、それが可能なのか? 一部の限られた人だけではないのか?
ネットビジネスを知り尽くした著者が、惜しげもなく誰でもできるその方法、ノウハウを公開したのが、この本である。

<目次>
はじめに
第1章 あなたの社会への不満は、金を稼ぐエネルギーに変えられる
 ●このままでは「貧乏な社会構造」に呑み込まれていく
 ●会社に捨てられるくらいなら「稼げる自分」になるしかない
 ●金持ちになるために会社を離れる覚悟を持て!
 ●あなたの置かれている状況をリアルに感じろ!
 ●今すぐフリーエージェントになるしかない
 ●金持ちになる選択肢は無数にある
 ●ネットが可能にした金儲けの仕組み
 ●今ある資源でスタートを切れ!
 ●金が欲しければ目立つしかない!
 ●たった1人でも秒速で稼げる
 ●秒速で稼ぐためには人脈を忘れてはいけない
 ●無限のチャンスが広がるフリーエージェント

第2章 秒速で稼ぐ人になるために必要な15の能力
 ●社会への不満だけでは金は稼げない

第3章 たった1人で5億円を稼いだ非常識な方法
 ●ITを使ったアパレル通信事業で起業を決意
 ●アパレル業界に初めてアフィリエイトを導入する
 ●メーカー公式サイトを抜く多角戦略
 ●上場も視野に入れたリアル店舗展開
 ●背任横領、資金ショート、そして倒産
 ●倒産4日後、新たなスタートを切る
 ●1人で稼ぐにはアフィリエイトしかなかった
 ●アフィリ工イターが金を稼いでくれる仕組み
 ●業界でトップを取るための「オプトイン・アフィリエイト」
 ●爆発的に売る「プロダクト・ローンチ」
 ●成約率を高め、1人で5000万円を稼ぎ出す

第4章 あなたが秒速で1億円を稼ぐ方法
 ●あなたは何で稼ぐ人になるのか?
 ●読者にどれだけ有益な情報を与えられるか?
 ●リスト収集の前にブログを育てる
 ●ブログのメッセージはあいまいにするな
 ●戦略的なコンセプトメイクに情報収集は欠かせない
 ●ブログは秒速で稼ぐための基礎体力作り
 ●ブログでバイラルを引き起こす方法
 ●集客に使えるアメブロの機能
 ●トップ・ブロガーになるための読者登録所
 ●ブログ読者に潜む3つの階層

第5章 億をたたき出す究極のセールス法
 ●なぜ「ドラゴンクエスト」は爆発的に売れたのか?
 ●読者を熱狂の渦に巻き込む「プロダクト・ローンチ」
 ●「プロダクト・ローンチ」による究極のセールスレター
 ●セールスに参考になる消費者心理「アイドマ理論」
 ●あらゆるツールから現金化する
 ●ブログからほかのソーシャルメディアに連動させる
 ●フェイスブックは「友だち申請」を5000人にする
 ●ユーチューブは最低週1回アップする
 ●ツイッターはフロー情報のツール
 ●エッジを利かせるブランディングの立体化

第6章 秒速で稼ぐ。リスト!リスト!リスト!
 ●「媒体力」と「商品力」が秒速で稼ぐための鍵
 ●秒速で稼ぐための手順
 ●ソーシャルメディアの多角的活用法
 ●コンバージョン率を高めるランディングページの重要性
 ●ランディングページにリストを登録させる

第7章 これからの時代は非常識に稼ぎまくる
 ●業界の非常識がバイラルを引き起こす
 ●リスト取りにあらゆるツールを利用する
 ●アフィリエイト業界に革命が起こる
 ●常識破りの方法で1カ月半で7万件のリストを獲得
 ●リストを駆使してジョイントで企画を量産する
 ●ビジネスの組織化で、断トツの地位を目指す
 ●与沢翼の「翼」を広げる

おわりに

フリーエージェントスタイルに関するQ&A

内容(「BOOK」データベースより)

成功する条件は、その常識を逸脱することである。常識な視点から、「狂っている」「危ない」「やばい」と指摘されるようなことでも、それに向かって突き進んでいくしかないのだ。これが21世紀の常識となる。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1584 KB
  • 紙の本の長さ: 173 ページ
  • 出版社: ゴマブックス株式会社 (2013/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00C97P4JY
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.4 65件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 217,332位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる



カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2017年9月11日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年12月6日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
2013年7月2日
形式: Kindle版|Amazonで購入
114人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年12月3日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年2月23日
形式: 単行本(ソフトカバー)
248人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年5月31日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2014年5月22日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2014年11月4日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク