通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
科学者の不正行為―捏造・偽造・盗用 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■〔単行本〕帯なし。小口研磨痕、カバーくすみ少。透明ブックカバーに入れて送付いたします。中古感ありますが読む分には差し支えありません。書き込みなし確認済みです(見落としの場合は返金もしくは返品で対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

科学者の不正行為―捏造・偽造・盗用 単行本 – 2002/3

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 1,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 科学者の不正行為―捏造・偽造・盗用
  • +
  • 科学者の発表倫理: 不正のない論文発表を考える
  • +
  • 科学論文のミスコンダクト
総額: ¥7,992
ポイントの合計: 241pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

科学者の引き起こした捏造・偽造・盗用などの事件によって、研究者の世界はいまや危機的状況にある。研究発表を中心とした科学者の不正行為という視点から、科学活動を目に見える実態として提示し、詳細に検討する。

著者からのコメント

研究世界のスキャンダルとしてでなく 科学研究活動は、最終的に科学論文を産み出す。「発表なくして科学は存在しない」だけに、科学論文は「Mirror of science」といえる。本書は「研究発表を中心とした科学者の不正行為」という視点から、科学活動の実態と課題を検討している。21世紀に入り、科学のグローバリゼーション、情報公開の流れ、情報技術環境の変化、研究評価への関心増など、科学研究を取り巻く状況は大きく変化しており、科学界は今、新しい研究発表倫理を確立する時期に至っている。
米国情報自由局からの日本人研究者の不正行為調査報告書の入手、研究公正局への訪問、ケネディ記念倫理研究所、ウェルカム財団での調査、関連する国際会議への参加、国内外の事例収集をもとに本書の内容が形成されている。日本の科学界における、不正行為と発表倫理をめぐる議論の発展に寄与できればと願っている。

著者:愛知淑徳大学教授、博士(図書館情報学)。1994年Nature誌に「Ranking of Japan's life science research」を発表。専門は、科学コミュニケーションと科学情報メディア論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 195ページ
  • 出版社: 丸善 (2002/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4621070215
  • ISBN-13: 978-4621070215
  • 発売日: 2002/03
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 410,036位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 zigeunerweisen VINE メンバー 投稿日 2015/9/29
形式: 単行本 Amazonで購入
大学で図書館情報学を講じる著者が、マスコミや各種ジャーナルで報じられたFFP事例をスクラップ帳風に陳列しただけの著作です。杉晴夫氏の『論文捏造はなぜ起きたか?』のように自らサイエンス研究の第一線に身を置いた方の著作に感じられる研究に対する熱い思いも、渦中の人々に直接接触を試みた須田桃子氏の著作のような臨場感もありません。有り体に言えば、サイエンス研究の部外者がデータベース上でFFP事例を検索し、素人的コメントを付加しただけの著作です。事例の分析力や著作の構想力にもプロフェッショナルな力量を感じません。指導教員によっては、学生の卒論としても受理しないでしょう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
データの捏造や論文の盗用は,誰から見ても不正行為である。では,助言や技術協力をしただけの人を著者に含めることはどうだろうか?本書によれば,これはギフト・オーサーシップと呼ばれ,倫理上問題のある行為である。そのような意識のない研究者は多いのではないだろうか。著者は捏造・偽造・盗用などの不正行為がオーサーシップの誤用と結びついていると述べ,特に一章を設けて,オーサーシップの誤用を糾している。科学スキャンダルの大げさな報道とは無縁と思っている研究者たちは,普段の研究活動の中に不正行為が含まれていないかと自己点検する必要があるのではないだろうか。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著書において、海外の研究不正行為の事例として、フィッシャー事件、ピアース事件、ヘルマン・ブラッハ事件が上げられており、それぞれの事件における各国の対応の記述など大変参考になった。我が日本においても、アニリール・セルカン事件([...])という、「業績として上げている論文がそもそも存在しない」、「著者名が書き換えられている」など、レフェリーシステム(査読・審査システム)を巧みに逃れる不正行為が起こっており、我が国の対応が注目される。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告