通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
科学と神秘のあいだ(双書Zero) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 目立った傷みや汚れ,書き込み等ありません。除菌清掃済みです。アマゾン配送センターに保管してありますので在庫確実にあります。●送料無料にてアマゾン配送センターより発送です。代金引換・コンビニ払い・コンビニ受け取り・お急ぎ便などにも対応しています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

科学と神秘のあいだ(双書Zero) 単行本 – 2010/3/24

5つ星のうち 3.7 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 234

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 科学と神秘のあいだ(双書Zero)
  • +
  • おかしな科学―みんながはまる、いい話コワい話
  • +
  • もうダマされないための「科学」講義 (光文社新書)
総額: ¥4,061
ポイントの合計: 124pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

この星に生きているという、奇跡。
好き嫌いでは変わらない、科学的な事実。
思い込みが生む、奇妙な「ニセ科学」の数々----。
科学的な「考えかた」をめぐる、とびきりポップなエッセイ。

内容(「BOOK」データベースより)

この星に生きているという、奇跡。好き嫌いでは変わらない、科学的な事実。思い込みが生む、奇妙な「ニセ科学」の数々―。科学的な「考えかた」をめぐる、とびきりポップなエッセイ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 212ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2010/3/24)
  • ISBN-10: 448086072X
  • ISBN-13: 978-4480860729
  • 発売日: 2010/3/24
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.2 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 160,676位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
科学者が、科学では証明できないこと、たとえば神や幽霊を完全否定しているわけでもないし、1か0かのデジタル的な考え方をしているわけでもないんですよ。
「神秘の領分と科学の領分に折り合いをつける」と主張されているように、似非科学やトンデモ学説をただ単にたたくためではなく、「いろんな情報を読んで取捨選択していく力」が身に着く本ですね。
(似非科学等につきましては、推薦図書リストを付けておられます。)

似非科学といわれているものの中には
○まだ科学では証明されていないだけで、将来的に認められるかもしれないこと
○すでに科学で「できない」ということははっきりしていること
○科学者の人々が(私利私欲のために)確信犯で主張していること
もしくは都合のいい部分だけ取り上げて信じるように操作がくわえられているもの

があると思いますが、受け手側はこれらを判断する必要があります。
わかりやすく単純化した理論がテレビでも受け入れられやすいのですから、「○○大学教授推薦」なんて言葉がついたら余計信じられやすいですよね。
血液型別性格占いにせよ、雨女・晴れ男にせよ、楽しんでネタにするのはいいですが、実際に本気にする人が多いことは困りもの。
大の大人が実際のところ「○○食べたら痩
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
二つの間のグラデーション

大阪大学サイバーメディアセンターの教授さんが書いた
科学的なものの見方についての本。

別に科学万能主義を謳う本ではありません。
例えば、幽霊みたいなものに出会ったビックリ感の話だとか
永久機関(エネルギーを供給せずとも動き続ける機関)の話だとか
ニセ科学の話を通じて読み手の考えを促すような本です。

中でも面白かったのは
データとデータの解釈の違いについての話。

Aというデータがあり、そこからBという解釈を導きだしたとして
Bという説明がもっともらしくても、B以外のC・D・E・・・を
検証しないとダメだよという話でした。

個人的な話ですが、最近、テレビを見ていても、
『○○をすると、脳の一部が活性化したことが分かります。
つまり、頭が良くなるのです』みたいなものが増えてませんか?
一見科学的なように見えて、どこか腑に落ちない
そんなふうに思うことがあったんですが、
この違和感に対する一つの答えが分かりましたよ。

結論を出す前の一呼吸。
これで、ずいぶんと違ってくるものがあるはずです。

読んでからの一言
テルミンがたまらなく欲しくなる一冊!!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ニセ科学に関する議論で知られる物理学者、菊池誠のエッセイ。Webちくまに掲載された連載に大幅加筆をおこなったもの。ただし、(触れてはいるが)エッセイの主題はニセ科学ではなく、「科学」そのものとなっている。
科学は、そして科学的な考え方は現代の我々の生活に欠かせない。しかし、もちろんそれが、ひとが生きていくうえで持つべきものの見方のすべてではない。その「あいだ」に住む我々がそのことをどう捉えるべきか、と云うことについて、このエッセイは柔らかく、親しみやすい筆致で思索を重ねてゆく。
とりたててこどもに向けて書かれたものではないけれど、やさしく読みやすい語り口は、小学校高学年から中学生にもすんなりとなじむだろう。これらの年代のこどもたちに接する機会のあるひとたちは、できるならば本書を与えてみてほしい。そしてまず、その前にご一読を。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 takuma 投稿日 2014/1/5
形式: 単行本 Amazonで購入
まぁこのレベルの本でしたら大したことないです。もっと深い内容かと思った。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
著者自身の趣味や体験などを通じて、軽快に科学的な考え方とは何かを伝えています。若者にぜひ読んで頂きたい良書です。が、いえいえ、昔の若者たちにもおなじみのロックアーティスト名がちりばめらたりしていて、エッセイのそれは著者の経験則で語られているのですが、「科学」という言葉に思わず緊張してしまう私などの、膝を後ろからカックンとやられたような、プチいたずら的えへへ感にも通ずる、固定観念とか思い込みで固くなった体に、もう一度柔軟性を与える感じで。または、読んでいて患部が軽くなるような、ツボ感あり。科学範囲と神秘範囲を分けて考えよう、ほら楽しい感じで両立するでしょ?とポップにロックに語りかけてくれます。てなことでサックリ。クッキリ。
著書の「おかしな科学」も同時にお召し上がりになると美味しさ倍増かも。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告