通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
科学と宗教と死 (集英社新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

科学と宗教と死 (集英社新書) 新書 – 2012/1/17

5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 科学と宗教と死 (集英社新書)
  • +
  • 不幸な国の幸福論 (集英社新書 522C)
  • +
  • 悪魔のささやき (集英社新書)
総額: ¥2,268
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 新書: 176ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/1/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087206246
  • ISBN-13: 978-4087206241
  • 発売日: 2012/1/17
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 297,037位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
著者は、17年前の関西大震災の時、精神科医のボランティアとして駆け回った。4年前に妻が家の中で突然死。昨年は自身がパーティー会場で倒れて九死に一生を得た。若い時から心理学の観点から人と死の関係を見てきたが、老年になって、人の死は心理学だけではどうしても捉えきれないことに気付いたという。

本書は、著者の、陸軍幼年学校入学時から終戦・戦後、関西大震災を経た経験と、今回の311の大震災と原発事故を見てその思いを綴ったものである。その中には以下のような一節がある。悲しいことにこの記述に同意しないではいられない。

「原発の報道に大本営発表を思い出す:政府は国民に真実を教えない・・残念ながら日本は為政者が国民に対して平気で嘘を言う国だと感じます。・・今度は原爆ではなく原発の被曝によって、これから国民が一生苦しむような、非常に多くの被害を出すのでしょう。・・・」
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
戦争を経験し、医師として死刑囚の心理を研究し、その後作家となり、キリスト教を信仰するに至る。そんな経歴を持つ著者が「科学と宗教と死」についてどうとらえているのか、興味を持った。
そこには、ひとりの人間としてどう考えどう生きてきたか、著者の体験からなるエピソードがつづられていた。
「“死”というものと人間との関係をつかんだような気がしていた」著者が、ひとりの死刑囚と出会って大きく死生観を変えていったこと。遠藤周作氏に「本当の信仰を知らないのではないか」と批判され、どきりとしたこと。その率直さに真実を感じる。
また、著者の宗教へのアプローチが、面白い物語として仏典や聖書を読むことだったというくだりを読んで、今までになく宗教を身近に感じた。引用されていた『教行信証』の一文も素晴らしく、かまえず読んでみようと思える手引きとなった。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
とにかく、
先の戦争を経験した人たちには、
伝えておいてほしいことがある。

それは、
戦争でどんな経験をしてきたか、
そのことだが、この本のなかでも、
著者自身の経験が記されている。

そして、
現在の日本、3・11後の日本のありかたを、
過去を知っている人の目から、
感じたままのことを書いていてくれてるのが、
ありがたい。

どうも、
世代を超えて伝えられるべきことが、
伝えられないまま、
科学・論理・効率、
こういったことばかりに偏りすぎて、
人間自体が置き去りにされているような
そんな気がしていたので、
それらとはまったく反対の
「宗教」というものを、
人生の先達が語ってくれることに
ありがたさを覚えた。

傾斜しすぎてもいけないのですが。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
著者のこれまでの経験、研究、思索を踏まえ、3・11を正面に据えて率直に思いを述べている点で好感が持てました。3・11を経た日本の社会への問題提起にもなっています。若干冗長さを感じる部分もありましたが、それほど気にせずに読み通すことができました。ただ、「深さ」と言う点で物足りなさも感じます。それは読者にボールとして投げられている、ということかもしれません。その点も含め、生徒、学生の皆さんの考える材料としてお薦めしたい一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者は戦争の時代に生き、拘置所で多くの死刑囚と向き合った精神科医。密に接した一人の死刑囚の信仰心によって、
自らも洗礼を受け、キリスト者となっています。

あとがきに「豊かな世の中になるに従い、人々は金銭の蓄積と幸福とを同じ目線で見るようになり、
次第に死を思う心から離れていった」との記載があります。
とても鋭い一言ですが、これは、著者の原発に対する消極的な気持ちも含まれての意見なのでしょうか?

個人的には、原発は、そこで働くことで日々の糧を得る方も少なくないのだろうから、
「必要悪」の立ち位置で、今後も存在し続けるのは仕方ないだろう、と思ってきました。
が、今さらながら「原子爆弾と同じ原理を使って電気を作るということは、原子爆弾を初めて落とされて苦しんだ
日本人のやるべきことではない」との意見を読み、初めて「反対かな・・・」と思いました。

医師という科学者が声高に訴える「科学者はもっと道徳と宗教に注目してほしい」という意見には同感です。
たまたま手にした本でしたが、色々と考えさせられる内容でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック